大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

尖閣と拉致が暴露したもの

平成24年10月18日(木)

 この度、東日本被災地復興予算の驚くべき流用が明らかになった。予算の執行は、政府与党の専権である。
 従って、その流用の責任は政府与党にある。
 しかるに、前原という者が、流用の責任転嫁の屁理屈を恥ずかしげもなく述べたという。
 そして、この同じ者が、この秋の尖閣周辺領海内への中共の公船による侵入と中国国内で盛り上がる反日デモや反日暴動という事態が発生した責任は、はじめに尖閣を買収すると公表した石原慎太郎東京都知事にあると述べた。

 錯乱し、脳乱したという他ない。
 予想されたとはいうものの、その無能と卑屈な対中屈服に愕然とする。

 尖閣防衛と拉致被害者救出は、東アジアはすでに動乱期に入っていることを示している。
 しかるに、その当事者であるにもかかわらず、日本だけが安全カプセルの中に入っているかのように錯覚して尖閣と拉致を直視しない者に限って風に乗る。
 直視しているものは過激とか右翼とか言われる。
 そして、この間違った風潮を利用し助長して、「生活第一」のスローガンで政権にありついたのが彼ら、民主党内の野田、前原そして某また某の松下政経塾グループだ。
 
 そして、このカプセル内のひ弱なのが政権に入ったのを攻勢を強めるチャンスと見たのが中共だ。
 従って、彼は尖閣に圧力をかけてきた。
 三月に、中共は、政府の船を尖閣領海内に侵入させて、「日本の実効支配を打破するために定期的に侵入する」と言った。
 つまり、「実力で尖閣を奪う」、すなわち戦争も辞さず、と言ったのだ。これ、既に匪賊である。
 しかしながら、この時、総理の野田は、「消費税に命を懸ける」だけ。

 ここにおいて石原東京都知事が、国が何もしないなら東京都で尖閣を購入すると思い余って決断した。それを国民が支持した。
 国民は、尖閣を断固として守ることを支持したのだ。

 しかし、日本国民に尖閣を守られては匪賊強盗の仕事がし難い。従って、匪賊は反日プロパガンダを煽り、いつまでも共産党の道具として使う為に無知蒙昧な儘に止め置いている群集を使嗾して反日デモを繰り返えさせた。
 この共産匪賊特有の戦法に、尻尾を股の間に入れた犬のように慄いて錯乱、脳乱したのが民主党の野田、前原の政経塾コンビだ。
 この責任が、百パーセントわが国固有の領土を強奪すると喚いた共産匪賊にあるという子供でも分かることがわからず、
 こともあろうに、領土を守ろうとした石原さんとそれを支持した日本国民に責任を転嫁するとは、開いた口が塞がらない。
 
 この政経塾コンビは、尖閣購入に関して石原知事と会談したとき、知事が「戦争も辞さず」と言ったので仰天して国有化をせざるを得なかった、と言う。
 ○○も休み休み言え。
 共産匪賊は、既に三月、尖閣を強奪すると公言しているではないか。これが、「戦争も辞さず」という意味であると理解できなかったのか。
 民主党は、「日本は日本人だけのものではない」とか、「東シナ海を友愛の海にする」とか、「東アジア共同体」とか言ったルーピーと世界で呼ばれた未熟児を恥ずかしげもなく総理に出した。
 しかし、中共が「戦争も辞さず」と言っている時には意味が分からず、石原知事が言ったときにびっくり仰天するこの政経塾コンビは、ルーピーを通り越して既に痴呆だ。

 かつて十年前、十三歳で北朝鮮に拉致された自分の娘が死亡したと小泉内閣に告げられた母、横田早紀江さんは、その三十分後の悲嘆のなかの記者会見で、
「(拉致は)日本の大変な問題であることを暴露しました」と言われた。

 この暴露という言葉は、予言のごとく今甦っている。
 尖閣と拉致、国土と国民救出は、戦後憲法体制の矛盾を暴露し、その中で抜け目なく泳いでいる者たちの、偽善、臆病、卑怯、無能、無責任、無益、そして有害性を暴露している。

 よって、ここまで暴露されたなかで行われる次の衆議院総選挙には、わが国の亡国か再生かの運命がかかっている。

 我が国の抱きしめたくなるほどいとおしい固有の領土である尖閣は、あらゆる犠牲を払ってでも守り、
 我らの同胞(はらから)は、
 あらゆる力を行使しても絶対に救出し、父母兄弟姉妹の家族は抱きしめねばならない。
 近いうちに、これを断行する祖国を再興しよう。

新着記事

  • 平成30年2月24日(土)
    本日は、昨夜来、心に浮かんだことを書きたい。時事通信、偶成である。幕末の討幕派、戊辰の役の勝利者となった薩摩・長州・土佐・肥前の下級武士が、維新後、俄に栄達して権勢を誇り、東京と改められた江戸で、大邸…
  • 平成30年2月20日(火)
    「伝統と革新」誌から次号のテーマである「神道と現代日本・・・宗教・闘争・平和」に関する原稿用紙二十枚の執筆依頼を受けたので、二月十六日と十七日の二日間で書いた。しかし、私には、宗教に関する学識は無く……
  • 平成30年2月19日(月)
    本年二月に入り、本日までのことを記しておきたい。、二日に、大阪のザ・シンフォニーホールで演奏された神武天皇の東征と即位を謳った、北原白秋作詞、信時潔作曲の交聲曲「海道東征」を聴き、その演奏後に、大伴家…
  • 平成30年2月14日(水)
    我が國體から観た明治維新、即ち、天皇の明治維新について、この度、「月刊日本」に送稿した一文を次に記しておきたい。・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・   再び、明治百五十年に…
  • 平成30年2月8日(木)
    日本人が日本人である限り、楠正成は忘れられることなく甦り続ける。特に、国家に危機が迫るとき、日本人は、幕末でも、日清日露戦役でも、大東亜戦争においても、楠正成を思い、正成のように天皇と国家の為に力を尽…

アーカイブ