大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

魚釣島と情の民族である日本人

平成24年10月3日(水)

 昨日、十月二日、神戸で衆議院議員の向山好一君と会った際、尖閣諸島の話題になった。彼は魚釣島に上陸はしていないが、その陸の手前十メートルの海域、つまり指呼の間まで数度渡航している。従って、彼は、足を島の岩に着けてはいないが、
 全身で島を抱擁できるところに行っているのだ。
 そこで彼は、島について何と言ったか。
「なつかしい、いとおしい、島」と言った。

 そして、今朝、魚釣島の十メートル手前の洋上で、昭和二十年の戦争末期、石垣島から船で疎開中に米軍機の銃撃を受けて魚釣島に漂着し亡くなった多くの人々の慰霊祭を八月十九日に行ってきた参議院議員山谷えり子さんの「尖閣で感じた先人の心」という記事を読んだ(「明日への選択」十月号)。
 そこで彼女が、慰霊船から飛び込んで島に上陸した十人の気持ちを次のように表現している。
「止むに止まれぬ気持ちで、飛び込まれたのだと思います。
やはりあれだけ美しい島ですから、政府が(上陸を)許可しなくても自然が許可したというか、招かれたのだろうなと。
 それで尖閣を抱きしめたいというような思いが溢れ、上陸なさったのでしょう。
 いずれにしましても、上陸を許可しなかった政府は間違っていると思います。・・・」
 
 私は、この海に飛び込んで上陸した人達と八月十五日の靖国神社参拝の際に会っているので、山谷さんの話しを読んで、彼等の気持ちが、まさしく分かった。
 私とともに靖国神社に昇殿参拝した取手市議の小島君は、海に飛び込んで上陸した一人だが、靖国の英霊に祈ることにより、圧縮熱が一挙に高まったのだと思う。これが、日本人だ。

 さて、昨日聞いた向山好一君の尖閣への感想といい、今朝読んだ山谷えり子さんの思いといい、それを知った私に、深い共感を与えたのだが、それは、「尖閣は、同じ思いを日本人に伝えてくる島だ」という感動だ。
 私も、平成九年五月、尖閣諸島の北小島と南小島を左舷にみて魚釣島の西方に回り込んで、ボートから島に上陸し、島の白砂に触ったとき、「ああ、日本人が来るのを待っていてくれた島に来たんだ」と思い、島に無限のいとおしさ、懐かしさを感じた。

 それから私は、島にある沖縄県八重山郡と刻まれた古びた石柱と慰霊碑に、靖国神社からいただいた御神酒を注いだが、向山君に聞くと、この度の洋上慰霊祭でも、靖国神社の御神酒を海域に注いだというのだ。

 情の民族である日本人は、
 尖閣で同じことを感じ、同じことをする。
 
 国家に危機が迫ったとき、
 日本人は同じことを感じ、同じことをするのだ。

 敷島の大和心は、ことあるとき、顕れる。

 先日、吉野山の南朝後醍醐天皇の御座所である吉水神社の秋季例大祭において、低く高く魂に響いた二つの笛の音と古事記やまとかたりの音のことを書いたが、
 願わくば必ずや近い将来、
 吉水神社の佐藤素心宮司とともに島に渡って大地にひれ伏し、今秋また南朝の御座所に響いた、あの笛の音が、
 篝火の焚かれた尖閣諸島魚釣島の夜の静寂に、波の音ととともに響きわたらんことを。

新着記事

  • 平成30年8月21日(火)
    アメリカのトランプ大統領が、アメリカ・ファースト、つまり、二十一世紀のモンロー主義を掲げ、戦後の「世界の警察官」の役割から退却しようとしており、中共の習近平主席が、大中華帝国の再興を目指して膨張しつつ…
  • 平成30年8月6日(月)
    兵隊さん、仇をとってください七十三年前の本日午前八時十五分、アメリカ軍のB29爆撃機は、広島の上空からウラニウム型原子爆弾(コードネーム、リトルボーイ)を投下した。これが、都市の住民に対する人類最初の…
  • 平成30年8月1日(水)
    中共の習近平主席は、昨年の党大会では、慣例を無視して後継候補を昇格させず、この三月の全国代表者会議(全人代)で、憲法を改正して国家主席の任期制を撤廃した。つまり、これ、習近平は、毛沢東と同様の「中共の…
  • 平成30年7月30日(月)
    今上陛下は、平成三十一年四月三十日に譲位され、翌五月一日、皇太子殿下が践祚されて第百二十六代天皇となられる。そして、平成三十年の「平成の御代」の最後の夏は、豪雨と猛暑と東京沖から西に向けて日本を横断し…
  • 平成30年7月24日(火)
    現在の野党の連中は、実に貧弱な劣化した者どもである。彼らは、断固とした信念に基づいてアホに止まろうとしている。日本人かどうかも分からん。第一、彼らの頭に「国家」、具体的に「日本」がないからである。よっ…

アーカイブ