大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

注目すべし、韓国大統領選挙

平成14年11月27日(水)

 金大中政権とは何だったのか

 この政権の本質について、日本では吟味もされず、認識不足は目に余るものがあった。
 ピョンヤンで、南北の金・金が抱き合って同じ車に乗り込んだ。
 日本政府に、いくら国会で質問しても、「太陽政策万歳、南北会談は、歴史的偉業」という認識以外は、示されなかった。

 しかし、私の認識はこうだった。
 北の独裁者と抱擁した南の金は、これで朝鮮民族を裏切ったことになった。なぜなら、金大中大統領は、
1.朝鮮戦争を仕掛けて、朝鮮民族に大惨害を与えた北の政権を無条件で許した。
2.北朝鮮に拉致された五百名を超える韓国人のことを南北融和の「障害」とみなして、自国民を見捨てた。
3.自国民(つまり朝鮮民族)を三百万人以上餓死させている独裁者と抱き合った。
4.そして、この凄惨残酷極まりない独裁者に、経済援助を開始した(現在まで既に10億ドルに達するか)。

  太陽政策の背景にあるもの

 これこそ、金大中とう人物の政治家としての育ちを探らねばならない。
 彼の政治活動はどこから開始され、彼の潤沢な政治資金はどこから来ていたのか。
 金大中は、共産主義者として政治活動を開始した。この共産主義者が、転向したと考えるのは早計である。何故なら、これこそ韓国における金大中の資金力・政治力の源泉だからである。
 従って、彼の政治資金は、北朝鮮の組織から流れてくる。その場所は、主に日本。十年前までの日本は、どういう情況だったか思い起こして欲しい。

 日本ではマスコミを筆頭にして、韓国は軍事政権で自由を抑圧する憎むべき体制下にある、この軍事政権を潰すのが正義である、それに反して、北朝鮮は未だ「地上の楽園」的イメージが残存して、南よりましだ、と考えられてきた。
 これが、日本の進歩的と称するマスコミの主流であったのではなかったか。
 この状況の中で、朝鮮総連は治外法権的な不可侵の特権を享受し、巨大な資金力を以って、韓国政界のみならず日本政界に対する買収を手段とする工作を完成させていた。


 金大中は、日本国内のこの韓国嫌悪の「進歩的」容共的風潮を温床として、韓国の反体制政治家として政治力を強化していったのだ。
 韓国の反体制政治家が力を増すことを何よりも喜ぶ者は誰か。言わずと知れた北の金日成である。

 よって、金日成は、金大中を弟とみなした。
 朴政権に拉致された金大中救出に躍起になったのは金日成である。彼は、親友である日本の自民党内反体制大物政治家をピョンヤンに招いて、日本政府から朴政権に対して、強烈な金大中助命圧力をかけることに成功した。
 その某政治家は、父親が陸軍大将で、朝鮮統治に関与したことがあるので、贖罪意識にかられて金日成の言い分をよく聞いたという。
 つまり、金大中は、カネを得て政治家として育てられたことも、命が助かったことも、全て北の独裁者の恩恵を受けた韓国大統領であった。

 金大中が、金銭に潔白な政治家でないことは、現在息子二人と妻の身内が金銭疑獄で逮捕されていることから明らかであろう。

  金大中は太陽政策の為に何をしたか

 金大中は、言論弾圧をした。金大中は、有力者を監禁した。そうして、批判を封じてから、太陽政策に踏みきった。
 北朝鮮を一番知り尽くして金正日による朝鮮民族への加害を許せないとして韓国に亡命した北の大物である人民会議議長(国会議長)の黄長華(ファン・ジョンヨプ)書記を監禁して韓国民が北朝鮮の本質を知る機会を奪った。自分に批判的なマスコミの社長達を逮捕して言論弾圧をした。

 よって、この様にして為された太陽政策は、日本政府の「歴史的偉業」と言う評価や世界の「ノーベル平和賞」という評価とは程遠いものである。
 つまり、金大中は北朝鮮の独裁者親子に助けられたから、その言うことをきかずにはおれない韓国大統領であり、太陽政策の本質は共産主義者の北朝鮮独裁体制を助けるための方便だったのだ。

 金泳三前大統領でなくとも、「犬も笑う」ことだった。日本も世界もだまされたのだ。
 金大中、天晴れなものである。
 今となっては、南の金がノーベル平和賞なのだから、北の金正日にもノーベル平和賞を与えるべきだと日本政府がコメントしたり、与党の「有力政治家」の発言がなかったことは幸いであったと言う他ない。

  言論弾圧からは何も生まれなかった
  金大中後の新生韓国に期待する

 金大中政権はもうすぐ終わるが、極めて危険な政権であった。
 現在、金大中路線を継承する候補者と、それを否定する候補者との対決になっているが、私は、金大中を否定して北朝鮮に迎合しない政権が生まれることを切に望む。
 政権の末期に、言論の弾圧が解かれてきた形跡もあるが、金大中政権下で強化された韓国内の北朝鮮コネクションがフル動員されて、北朝鮮の選挙妨害が始まるだろう。
 しかし、金大中によるマインドコントロールが解けたときに、日米韓共同対処による東アジアの安全確保が達成できる。

 韓国大統領選挙は、影で北朝鮮も強烈に政権の運命をかけて参加する予断の許さないものとなる。従って、朝鮮半島の運命に直結する。
 と言うことは、日本にも重大な影響をもたらすと言うことだ。

新着記事

  • 平成29年9月21日(木)
    日米首脳の連携は見事である。アメリカのトランプ大統領は、十九日、国連総会で演説を行い、核ミサイル開発を続け、威嚇的にミサイルを発射する北朝鮮に対して、「完全破壊」の警告を発するとともに、北朝鮮に十三歳…
  • 平成29年9月19日(火)
    数日前に、産経新聞朝刊が最初に一面大見出しで、「衆議院解散」を報じたとき、あれ、何を考えているのか、と、一瞬、解散権を持つ安倍総理の頭の中のことを思ったが、その後、得心した。何故なら、我が国を取り巻く…
  • 平成29年9月13日(水)
    昨日、「安保理決議は軍事力行使の手段である」と題する時事通信を発信してから、夕方に、大阪で元航空支援集団司令官で空将の織田邦男閣下の話を聞く機会があった。私は、昨日の時事通信で、アメリカのトランプ大統…
  • 平成29年9月12日(火)
    国連安保理決議は「目的」ではなく「手段」だ。では、何の「手段」か。「斬首作戦」開始の「手段」である。日本以外の諸国、特にアメリカにとって、「政治と軍事」は車の両輪であることを忘れてはならない。アメリカ…
  • 平成29年9月9日(土)
    九月九日の、現時点で、まさに今が、東アジアの、「戦争か平和かの分岐点」であると感じる。分岐点というより、我が国は、今、爆発の予兆がする噴火口の上に乗っているのだ。従って、ジタバタすることなく、覚悟を決…

アーカイブ