大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

本日のサンデープロジェクトは虚偽を報道しました

平成14年11月24日(日)

 本日のサンデープロジェクトに出演した吉田某という学者は、北朝鮮拉致問題に関して、今まで「拉致はでっち上げで存在しない」という立場でありました。
 しかし、北の金正日自身が拉致を認めた結果、バッシングを受けて窮地に立っているとして、「馬鹿死ね、売国奴死ね」などを記載した誹謗中傷のファックスが自分向けに送信されたと現物を示し、その発信人は「西村真悟」である旨明言しました。
 しかし、私、西村真悟は、このような人物を相手にしたこともなく、このようなファックスを発信した事もありません。

 まさに、マスコミを利用し、私物化した、暴力です。
司会者の従来からの姿勢も含めて見直されるべきです。

 私は、嘗て防衛政務次官のときの発言を、「問題発言」として、問答無用の誹謗中傷をマスコミから一方的に受けました。それは、まさに個人攻撃でした。テレビ朝日が一番執拗で、オウム真理教の麻原よりも私が悪質であると報道したのです。ここまで、人を誹謗中傷しておいて、私には、弁明の機会も与えられませんでした。
 しかし、北朝鮮に拉致された被害者がいるのに、北朝鮮の独裁者に迎合同調して拉致はなかったと日本の各マスコミで公言し続け、まるで拉致問題に取り組む者を被害者の家族も含めて無視して拉致救出運動を妨害してきた者が、政党が、なぜ、サンデープロジェクトにおいて、バッシングを受ける「被害者」として登場するのか理解に苦しみます。

新着記事

  • 平成29年9月21日(木)
    日米首脳の連携は見事である。アメリカのトランプ大統領は、十九日、国連総会で演説を行い、核ミサイル開発を続け、威嚇的にミサイルを発射する北朝鮮に対して、「完全破壊」の警告を発するとともに、北朝鮮に十三歳…
  • 平成29年9月19日(火)
    数日前に、産経新聞朝刊が最初に一面大見出しで、「衆議院解散」を報じたとき、あれ、何を考えているのか、と、一瞬、解散権を持つ安倍総理の頭の中のことを思ったが、その後、得心した。何故なら、我が国を取り巻く…
  • 平成29年9月13日(水)
    昨日、「安保理決議は軍事力行使の手段である」と題する時事通信を発信してから、夕方に、大阪で元航空支援集団司令官で空将の織田邦男閣下の話を聞く機会があった。私は、昨日の時事通信で、アメリカのトランプ大統…
  • 平成29年9月12日(火)
    国連安保理決議は「目的」ではなく「手段」だ。では、何の「手段」か。「斬首作戦」開始の「手段」である。日本以外の諸国、特にアメリカにとって、「政治と軍事」は車の両輪であることを忘れてはならない。アメリカ…
  • 平成29年9月9日(土)
    九月九日の、現時点で、まさに今が、東アジアの、「戦争か平和かの分岐点」であると感じる。分岐点というより、我が国は、今、爆発の予兆がする噴火口の上に乗っているのだ。従って、ジタバタすることなく、覚悟を決…

アーカイブ