大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

本日のサンデープロジェクトは虚偽を報道しました

平成14年11月24日(日)

 本日のサンデープロジェクトに出演した吉田某という学者は、北朝鮮拉致問題に関して、今まで「拉致はでっち上げで存在しない」という立場でありました。
 しかし、北の金正日自身が拉致を認めた結果、バッシングを受けて窮地に立っているとして、「馬鹿死ね、売国奴死ね」などを記載した誹謗中傷のファックスが自分向けに送信されたと現物を示し、その発信人は「西村真悟」である旨明言しました。
 しかし、私、西村真悟は、このような人物を相手にしたこともなく、このようなファックスを発信した事もありません。

 まさに、マスコミを利用し、私物化した、暴力です。
司会者の従来からの姿勢も含めて見直されるべきです。

 私は、嘗て防衛政務次官のときの発言を、「問題発言」として、問答無用の誹謗中傷をマスコミから一方的に受けました。それは、まさに個人攻撃でした。テレビ朝日が一番執拗で、オウム真理教の麻原よりも私が悪質であると報道したのです。ここまで、人を誹謗中傷しておいて、私には、弁明の機会も与えられませんでした。
 しかし、北朝鮮に拉致された被害者がいるのに、北朝鮮の独裁者に迎合同調して拉致はなかったと日本の各マスコミで公言し続け、まるで拉致問題に取り組む者を被害者の家族も含めて無視して拉致救出運動を妨害してきた者が、政党が、なぜ、サンデープロジェクトにおいて、バッシングを受ける「被害者」として登場するのか理解に苦しみます。

新着記事

  • 平成30年7月12日(木)
    六月十二日の、シンガポールにおけるトランプ氏が上機嫌に成功したと謳った米朝首脳会談の後、現実味を帯びていた「斬首作戦」は忘れられ、米韓合同軍事演習も中止され、急速に、一体、何を騒いでいたのか、分からな…
  • 平成30年7月5日(木)
    先の時事通信と重複するが、「月刊日本」誌に送稿した一文を次に掲載する。これを書いていた時、平成十四年の小泉純一郎総理と金正日委員長との日朝首脳会談の下準備交渉をしてシナリオを書いていた、外務省アジア大…
  • 平成30年7月4日(水)
    七月二日、愛媛県松山市で開かれた愛媛県下の拉致議連総会後の講演会に出席し、配布された政府資料を見た。その政府の作った拉致被害者リストは、こと、ここに至っても、昭和五十二年(一九七七年)九月の久米裕拉致…
  • 平成30年6月27日(水)
    昨日の時事通信で、明治維新の思想も資金も、全て日本の自腹であり、欧米からの資金で維新が成されたのではない、と指摘した。その「思想」とは、万世一系の歴史のなかで生まれ自覚されてきた「日本人の魂」であり……
  • 平成30年6月26日(火)
    明治維新百五十年を語る中で、その資金源の観点から語ってみる。もちろん、研究者の視点から見れば、私の論は、雑な論である。しかし、かなり以前から、明治維新は、イギリスやフランスからの資金で成功した、という…

アーカイブ