大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

補欠選挙の結果について

平成14年10月28日(月)

与党「自民・公明・保守」 対 「野党」共闘

 国民はこの二者択一の選択枝を意識して選挙に臨んだとは思えない。

 「創価学会の組織票と不可分一体の公明党票に支えられた既成与党」に対する「真正保守の台頭」が各所にみられる。
 この度は、低投票率に助けられて、既成組織票が勝ったというところか。

 その意味で、主義主張を没却した既成組織票という構造物を作った野仲広務氏はたいした大工である。何しろ、公明党を自民党化し、自民党を公明党化したのだから。
 しかし、現世世界に両方良いことは無い。両者は何れ民意の審判をうける。

  何故、低投票率なのか

 国民は、この選挙が一挙に国政を転換させるものとは考えなかった。
 何故なら、野党共闘が勝っても、あの「民主と自由と社民」と場合によっては「共産」も含めた連立に、国民は何の展望も懐かなかったからである。

 つまり、既成与党に対して既成野党を対峙させても民意は動かないと言うことだ。

 これに対して、「真正保守」の具体的な塊を対峙させれば劇的に民意は動く。
 今回の選挙でも投票率が一割動けば、既成組織票が吹っ飛ぶことは明らかである。

  二割投票が増えれば激変する

 今までは、新党運動は左側で起こっていた。そして、日本新党にあっても、左よりになることによって、既成自民に取って代わろうとした。
 その結果の無益な累積が、国家観の欠如と歴史の歪曲と外交防衛の欠落を我が国国政にもたらしてきた。
 むしろ、国政は「退歩」してきたのだ。
 国民はこの繰り返しにもううんざりうしている。

 しかし、右側の「真正保守」のサイドに、西郷南洲のいう「金もいらず地位もいらず命もいらず」の新党運動が起こったならば、これは、政治運動の本来の姿であって、民意は劇的に動き、旧来の組織勢力、つまり野中氏流の構造物は吹っ飛ぶ。

 この予兆を確実に見せているのが、この度の選挙における民意である。

 この「真正保守」運動とは何か。

 これは、ここで提示して見えるようになるものではない。
 今は、まだ我々日本人の魂を吹き抜ける風の中にある。
 そして、時と場が出会い縁あるものが動けば形になる。

   国民の真の「公務」

 それは、この欄を見られた貴方の課題・「公務」なのだ。
 公務とは、いわゆる「公務員」の報酬を貰う仕事のことではない。
 国民の真の「公務」とは西郷翁のいう「公務」なのだ。

新着記事

  • 平成30年4月19日(木)
    私が、直感し確信したことを記しておきたい。それは、横田めぐみさんのご両親、父の滋さんと、母の早紀江さんには、日本を動かす力、そして、世界を動かす力が天から与えられている、ということだ。平成十四年九月十…
  • 平成30年4月16日(月)
    四月十五日、若狭町および若狭町教育委員会主催の佐久間艇長遺徳顕彰式典に出席した。式典の場所は、福井県三方郡八村北前川の佐久間艇長顕彰碑前。ここは、森の中の緩やかな斜面で、今も、上の方に、艇長の父上が宮…
  • 平成30年4月11日(水)
    いよいよ、歴史が回り始めた。それが、分からないのは、「森友と加計と日報の入ったビン」のなかでそれを追いかけ回している、あまりにも惨めで低級な「日本の国会」だけだ。雨もなく、地震もない。何の予兆もなく……
  • 平成30年4月10日(火)
    大学紛争時代の京都で、それぞれ吉田山の麓と大文字山の麓という指呼の間で同時期に学生生活をしていて、お互いに五十歳を過ぎてから、初めて相まみえた友人が奥山篤信さんだ。その彼が、六十歳を過ぎてから上智大学…
  • 平成30年4月6日(金)
    先の時事通信を、現在の「平和のための戦略」は、「軍備の増強」である、という結論で締めた。続いて、フェースブックで、その「軍備増強」とは、自衛隊の増強に限るのではなく、国民一人に一人が国を守るために戦う…

アーカイブ