大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

敢えて会談途中で見解を書く

平成14年9月17日(火)

 現在、午後一時、日朝会談は、昼食休憩である。

 情報は錯綜して、有本さんらヨーロッパからの被害者三名ほどが一時帰国する模様とか、ロシア方面からは8件11名全員が解放されるとかの情報があり、定めがたい。
 しかし、全面解放ではなく一部の者の解放に関しては次の見解を貫く必要がある。

 現在家族はよく団結して冷静に対処されている。この苦しみの中にあってまことに見事な態度である。

 一部の者の一時帰国の北の提案は、拉致否認を固定化して、日本の拉致被害者救出運動を分断しようとする謀略である。
 このような謀略に嵌ることなく、これまで以上の国民の力を結集して全員解放まで戦う。
 我々は、この謀略に怒り、経済制裁を始めあらゆる力を行使するように政府に働きかけ、実現させる。

新着記事

  • 平成30年10月23日(火)
    十月二十一日の夜、私の地域の祭りの終了にあたり、ふとん太鼓を担ぐ、五十名の青年団の若者と、ふとん太鼓に乗り込んで太鼓をたたく、十人ほどの小学生とふとん太鼓を担う若者の側で、大きな団扇で扇いで励ます、十…
  • 平成30年10月19日(金)
    私、不肖西村は、現在の我が国において、国家存亡の危機に対しては如何なる決断と対処が必要か、について考え述べ続けてきた。我が国政治の現状は、この課題に関し、目をつぶれば世界(危機)がなくなる!と、堅く信…
  • 平成30年10月17日(水)
    このところ、一眼は世界の大勢を、他の一眼は我が国の現状を見ながら、時事通信を送信してきて、昨日は、現在におけるシナとロシアの伝統的な対日連携である、露清密約の現在版による脅威の実態を指摘した。しかも……
  • 平成30年10月16日(火)
    十月八日の時事通信NO1454「東亜五十年の禍根、露清密約を忘れるな」から続く三連続の時事通信で、ロシアとシナの「民族の行動パターン」を述べてきた。その上で、さらに、「現在の露清密約」、つまり、「プー…
  • 平成30年10月12日(金)
    コンピューターが治って、二通の時事通信を発信できた。一通は、我が国の北と南と西にある仮想敵国(現実敵国)X、Y、Zの「民族の行動パターン」について(10月8日NO1454)次の一通は、畏れ多くも「今上…

アーカイブ