大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

敢えて会談途中で見解を書く

平成14年9月17日(火)

 現在、午後一時、日朝会談は、昼食休憩である。

 情報は錯綜して、有本さんらヨーロッパからの被害者三名ほどが一時帰国する模様とか、ロシア方面からは8件11名全員が解放されるとかの情報があり、定めがたい。
 しかし、全面解放ではなく一部の者の解放に関しては次の見解を貫く必要がある。

 現在家族はよく団結して冷静に対処されている。この苦しみの中にあってまことに見事な態度である。

 一部の者の一時帰国の北の提案は、拉致否認を固定化して、日本の拉致被害者救出運動を分断しようとする謀略である。
 このような謀略に嵌ることなく、これまで以上の国民の力を結集して全員解放まで戦う。
 我々は、この謀略に怒り、経済制裁を始めあらゆる力を行使するように政府に働きかけ、実現させる。

新着記事

  • 平成30年4月19日(木)
    私が、直感し確信したことを記しておきたい。それは、横田めぐみさんのご両親、父の滋さんと、母の早紀江さんには、日本を動かす力、そして、世界を動かす力が天から与えられている、ということだ。平成十四年九月十…
  • 平成30年4月16日(月)
    四月十五日、若狭町および若狭町教育委員会主催の佐久間艇長遺徳顕彰式典に出席した。式典の場所は、福井県三方郡八村北前川の佐久間艇長顕彰碑前。ここは、森の中の緩やかな斜面で、今も、上の方に、艇長の父上が宮…
  • 平成30年4月11日(水)
    いよいよ、歴史が回り始めた。それが、分からないのは、「森友と加計と日報の入ったビン」のなかでそれを追いかけ回している、あまりにも惨めで低級な「日本の国会」だけだ。雨もなく、地震もない。何の予兆もなく……
  • 平成30年4月10日(火)
    大学紛争時代の京都で、それぞれ吉田山の麓と大文字山の麓という指呼の間で同時期に学生生活をしていて、お互いに五十歳を過ぎてから、初めて相まみえた友人が奥山篤信さんだ。その彼が、六十歳を過ぎてから上智大学…
  • 平成30年4月6日(金)
    先の時事通信を、現在の「平和のための戦略」は、「軍備の増強」である、という結論で締めた。続いて、フェースブックで、その「軍備増強」とは、自衛隊の増強に限るのではなく、国民一人に一人が国を守るために戦う…

アーカイブ