大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

拉致被害者救出国民集会

平成14年9月17日(火)

 2千100名が集まった

 昨16日、日比谷公会堂に2千100名が集まり、「総理訪朝緊急国民集会」が行われ、横田めぐみさんはじめ拉致された日本人救出のための国民集会が行われた。
 司会者は櫻井よしこさん。拉致被害者の家族、そして拉致被害者救出のための議員連盟所属の国会議員が出席して演壇に上った。

   私のスピーチ要旨

 小泉総理は、北朝鮮の金正日主席と、「いろいろなことを話す」と言っている。しかし日帰りで様々な事は話し合えない。三つの議題が限度だろう。
 その三つの議題とは、

第一に拉致問題解決である。
第二は拉致問題解決である。
第三は拉致問題解決である。

これ以外にありえない。

 拉致とは被害者が解放されていない以上、現在も進行している「テロ」である。現在も国民がテロの惨害を被っているのである。
 従って、この事態は、我が国家の「自衛権発動」の領域にある問題である。
 よって、小泉総理は、単に内閣総理大臣としてではなく、我が国軍の最高指揮官であるという自覚をもってピョンヤンに赴いて欲しい。
 そして、仮に北朝鮮が従来どおり拉致というテロを認めないならば、決然として席を立って帰国し、北朝鮮を「悪の枢軸、テロ支援国家」と認定するアメリカと共にあらゆる圧力を北朝鮮に加えようではないか。

 さらに、小泉総理は独裁者と国交交渉をして、資金援助をするということは、独裁者のもとで苦しんでいる朝鮮民族の苦痛を、日本がさらに長引かせる結果になるということを深く考えるべきである。

 この拉致された日本人救出の運動は、六年前から始まったが、当初は外務省からもマスコミからも無視されてきた。
 しかし、現在はこの拉致問題解決が日朝間の最大の懸案になっている。
 ここまで漕ぎ着けたのは、ここにいるご家族の力であり、其れを支援してきた皆さん国民の力である。外務省の働きの結果ではありません。
 この問題解決は今やっと始まったばかりである。 団結してこれからもこの運動を推し進め、ともに全員救出まで闘おう。

新着記事

  • 平成30年4月19日(木)
    私が、直感し確信したことを記しておきたい。それは、横田めぐみさんのご両親、父の滋さんと、母の早紀江さんには、日本を動かす力、そして、世界を動かす力が天から与えられている、ということだ。平成十四年九月十…
  • 平成30年4月16日(月)
    四月十五日、若狭町および若狭町教育委員会主催の佐久間艇長遺徳顕彰式典に出席した。式典の場所は、福井県三方郡八村北前川の佐久間艇長顕彰碑前。ここは、森の中の緩やかな斜面で、今も、上の方に、艇長の父上が宮…
  • 平成30年4月11日(水)
    いよいよ、歴史が回り始めた。それが、分からないのは、「森友と加計と日報の入ったビン」のなかでそれを追いかけ回している、あまりにも惨めで低級な「日本の国会」だけだ。雨もなく、地震もない。何の予兆もなく……
  • 平成30年4月10日(火)
    大学紛争時代の京都で、それぞれ吉田山の麓と大文字山の麓という指呼の間で同時期に学生生活をしていて、お互いに五十歳を過ぎてから、初めて相まみえた友人が奥山篤信さんだ。その彼が、六十歳を過ぎてから上智大学…
  • 平成30年4月6日(金)
    先の時事通信を、現在の「平和のための戦略」は、「軍備の増強」である、という結論で締めた。続いて、フェースブックで、その「軍備増強」とは、自衛隊の増強に限るのではなく、国民一人に一人が国を守るために戦う…

アーカイブ