大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

北工作船引き上げ延期・・・痛恨の利敵行為・・・敵前利敵

平成14年9月3日(火)

 昨日の引き上げ予定が変更された

 昨日の本欄で、工作船引き上げが9日前後かと書いた。
 海上保安庁が言明したからだ。
 小泉総理の北訪問に配慮して引き上げを延期するのではないかとの我が事務所佐々木秘書の問いかけに対し、保安庁は、引き上げは犯罪捜査として行っているのであり、日朝交渉に影響されることは無い、との回答をしたのだ。
 しかし、この回答は一夜にして変更された。これは変更というより、嘘をつかれたと言うべきか。
 即ち、工作船引き上げは、日朝交渉を配慮して十七日以降になるらしい。台風が来たらまた延びる。これ、国土交通省事務次官の説明。

 いったい、北朝鮮に行く小泉総理の足元は大丈夫なのか。

 もちろん喜んでいるのは北朝鮮だ。
 北朝鮮は、ブッシュアメリカ大統領の強硬姿勢に震え上がっていたところ、日本外務省の使い走りが小泉総理がお宅に行くことに意味があると言っていると伝えてきた。しかも、おみあげつきの匂いもする。
 金正日にとって、小泉総理は窮状を救ってくれる「飛んで火に入る夏の虫」に見えているであろう。
 北朝鮮の外交は、前言を翻すこと、つまり嘘をつくこと、を常套手段としている。南北会談での約束を、北朝鮮は何一つ実行していないことから明らか。
 おそらく、北は、拉致の一人か二人に関してリップサービスはする、しかし実行する気は全く無い、というのを「成果」として日本に持ち帰らせようと仕組むのではないか。

 その北の魂胆形成のために絶好の情報を提供しているのが、日本外務省であろう。これを言う根拠は、外務省と国土交通省の仕組んだ、工作船引き上げ延期の発表である。
 これを敵前利敵行為、敵前任務放棄といわずして、なんと言うのか。

 このような弱腰では北に勝てない。拉致被害者は帰らない。しかしこれは、今に始まったことではない。
 拉致被害者を帰らなくする日本側の動きを、この度の工作船引き上げ延期、コメ支援、超党派議員団のごますり訪朝、等々利敵行為の連鎖をさかのぼって辿っていくと、だんだん殺意が湧いてくる。

新着記事

  • 平成30年7月12日(木)
    六月十二日の、シンガポールにおけるトランプ氏が上機嫌に成功したと謳った米朝首脳会談の後、現実味を帯びていた「斬首作戦」は忘れられ、米韓合同軍事演習も中止され、急速に、一体、何を騒いでいたのか、分からな…
  • 平成30年7月5日(木)
    先の時事通信と重複するが、「月刊日本」誌に送稿した一文を次に掲載する。これを書いていた時、平成十四年の小泉純一郎総理と金正日委員長との日朝首脳会談の下準備交渉をしてシナリオを書いていた、外務省アジア大…
  • 平成30年7月4日(水)
    七月二日、愛媛県松山市で開かれた愛媛県下の拉致議連総会後の講演会に出席し、配布された政府資料を見た。その政府の作った拉致被害者リストは、こと、ここに至っても、昭和五十二年(一九七七年)九月の久米裕拉致…
  • 平成30年6月27日(水)
    昨日の時事通信で、明治維新の思想も資金も、全て日本の自腹であり、欧米からの資金で維新が成されたのではない、と指摘した。その「思想」とは、万世一系の歴史のなかで生まれ自覚されてきた「日本人の魂」であり……
  • 平成30年6月26日(火)
    明治維新百五十年を語る中で、その資金源の観点から語ってみる。もちろん、研究者の視点から見れば、私の論は、雑な論である。しかし、かなり以前から、明治維新は、イギリスやフランスからの資金で成功した、という…

アーカイブ