大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

禍根、菅根、宦官

平成22年8月10日(火)

 今朝、管内閣が、日韓併合の反省とおわびの首相談話を閣議決定した。
 これに関しては、日韓関係の歴史と真実に照らし「不可」である旨、既に言い続けてきた。
 思えば、平成7年、村山富市内閣時代の「戦後50年謝罪決議問題」以来、「不可」であると言い続けてきたことになる。

 偶々国家の内閣を握る地位にあることを奇貨として、正々堂々たる議論を避けて、あたかも夜陰に乗じるかのようにその場の歓心をかうために総理大臣として祖国を断罪し、「謝罪とおわび」をしてその場をやり過ごす。
 そして、決して以後生じてくる事態に対しては責任を取ろうとしないどころか、責任を感じもしない。
 これが国家に付け入って夜陰に乗じる者の本性であり、そのやり口は平成7年と22年、まさによく似ている。
 それにしても、戦後50年の時には村山富市、日韓併合100年の時には菅。何故かくも50年と100年という節目に限って、最悪の輩が総理になっているのであろうか。
 
 そして、もう一つの巡り合わせがある。阪神淡路大震災が村山富市の時、口蹄疫病の大規模蔓延が菅。これも最悪の組み合わせだ。
 この口蹄疫病はもっけの幸いと参議院選挙で塗りつぶして宮崎一県のこととして蓋をすることに成功したが、かえって天は他に思いもよらない激しい天変地異を用意しているかもしれない。
油断大敵である。

 要するに、天は、我が国政治に「戦後体制からの脱却」を促しているのだ。戦後体制を続け放置している限り、同じことを繰り返すどころか、ますます悪くなる。
 このことを、この度の事態は我々に見せつけている。
 天に感謝し、天に誇りある祖国の回復を誓おう。

 次に、全閣僚が8月15日に靖国神社に参拝しないと管内閣が決めたという。
 大歓迎である。
 このような談話を発する菅と閣僚が靖国神社に参拝すれば、  神前が汚れる。英霊に申し訳ない。
 以前、中曽根総理が、靖国神社に警護のSPを伴い昇殿をし、昇殿して参拝をしなかった。ということは、二礼二拍手一礼をしなかった。
 時の靖国神社の松平宮司は、激怒された。
「ここは、五体四裂して散華された英霊がおられるところだ。
 こともあろうにその社に、御身かわいさにSPに守られて昇殿するとは何事か」と。
 靖国神社とは、日本の誇りであり凛とした厳しさを湛えた社である。祖国のために、東亜のために、命を捧げた英霊のまつられる社である。英霊は、祖国の歴史を辱め断罪して謝罪せしめることを決して許されない。
 
 よって、菅総理と閣僚が靖国神社に参拝しない、
 いや参拝できないので安堵した。
 貴公ら貴様ら、靖国神社どころか、伊勢神宮にも明治神宮にも参拝してはならない。汚れる。

新着記事

  • 平成31年1月11日(金)
    旧臘、NHKの西郷南洲の生涯を描いた大河ドラマが終わった。私は、そのドラマの、西郷が奄美大島の龍郷に配流され、そこで龍愛子(愛加那)さんと出会うまでは観たが、以後は観なかった。その理由は、原作者とNH…
  • 平成30年12月20日(木)
    昨日、「歴史戦、攻勢に転換する時が来た」と題する一文を発信した。そこで、その「攻勢」の相手は、韓国や中共ではないのだと重ねて念を押しておきたい。我が国は、朝鮮や中共を相手にするのではない。彼らは、ウソ…
  • 平成30年12月19日(水)
    「文明の衝突」に勝利する条件が到来しつつある今、中共は中共国内にいたカナダ人外交官等の身柄を拘束している。それは、カナダが、中共が情報空間における世界覇権を握るための国策会社である華為(ファーウェイ)…
  • 平成30年12月18日(火)
    海上自衛隊は、十年以上も前から、「空母の形をした護衛艦」を運用してきた。舞鶴で、その「空母の形をした護衛艦」の最初の船である「おおすみ」を見たとき、これ、空母の形をしているから「空母」やないか、と思っ…
  • 平成30年12月17日(月)
    我が国を取り巻く国際情勢のなかで、平成三十年の後半から顕著になってきたのは、アメリカと中共の確執だ。この米中確執は、最初は貿易経済面の利害対立のように見えていたが、外交安全保障問題に特化したボルトン大…

アーカイブ