大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

知行合一、雌伏の秋

平成13年10月30日(火)

 知れば、それを行うのが政治家の責務である。知って行わず、時流に迎合するのは匹夫である。
 現在、失業者は350万人を越え、自殺者年間3万人を越えている。この事態を知りながら、手を打たないのが常態となっている。経済は、「経世済民」であるという本質を知る政府ではない。
 金利はゼロである。百万の預金に利息は年間百六十円である。なぜ、金利ゼロなのか。通貨の流通を増大させるためである。では、その説明通りに通貨流通量は増大傾向であるか。現実は反対である。では、金利を上げればどうなる。銀行は預かった預金に利息を付けて返さねばならない。したがって、貸出量を増大させねばならない。自然に通貨供給量は増大する。
 銀行が貸し出しをしないのは、不況で適当な融資先がないからだと、政府と日銀は説明する。しかし、現在一番の成長産業にしてすでに巨大な利益を蓄えているのが「サラ金」業界、つまり庶民金融産業なのだ。つまり、銀行は仕事をするべきときに、仕事をせず、公的資金で救済される。なぜ、銀行は仕事をしないのか。金利がゼロであるからだ。融資というリスクを払う動機がないのだ。斯くして、国民はゼロ金利のもとで高利貸しに儲けさせざるを得ないシステムのなかでもがいている。
 官僚とは、組織の正当性を説明するための理屈は、本能的に百でも三百でも並べ立てることができる職業である。然り、官僚組織とはそうでなければならないのだ。そのうえに、政治家の使命がある。つまり、今までの流れを変える決断をするか否か。これが政治家の役割である。そして、その決断の正当性を基礎づける理屈を官僚にトラック一杯用意させて役割分担が完成する。
 しかし、現在の政治は、発想が枯渇して官僚と不可分一体のマーボ豆腐になっている。
 ここにおいて、私は、国民は自らの生存権に基づいて自主的にモラトリアム・支払い猶予を実行することを提唱する。つまり、合法的に借金を踏み倒すのだ。そのために中小企業ユニオンが必要となった。このユニオンで、銀行からの差し押さえ・競売に対抗するのだ。競売など怖くはない。時価の何分の一かで落札となる。ユニオンでそれを落札して、元の企業に賃借すれば、元の企業は無借金の優良企業に生まれ変わり、賃料はユニオンに入る。何れ落札価格のプラスアルファで買い戻せば、ユニオンが儲かり加入企業に配分できる。
 個人の借金対策は、どうか民事再生法を活用してほしい。合法的に踏み倒せる。
 ここまで、金融システムと、その支援を受けてきた政府(小泉総理の郵政民営化論は、銀行協会が郵便貯金に手を伸ばすための業界政策だった)が、公的資金を私物化して怠慢を続けるなら、以上の提唱をするのが政治家の仕事であると信ずる。丹羽春樹的決断ができる政治家は与党はもとより、現政界にいないからだ。
 二.二十六事件は、農村の疲弊から起こった。それ以後スローガンだけの政治が続いた。いま、文明史的なイスラムのオサマ・ビンラディンの反乱、そして気力を失った国内政治の連続、自殺者三万人超。ただじゃすまん。来るべき世界的争乱・乱世を受けてたって、日本とアジアの同胞の「万民保全の道」を、我が日本が切り開くための心胆を練る秋である。独醒の士、雌伏せよ。

新着記事

  • 平成30年12月8日(土)
    本日十二月八日、第二次世界大戦の、偽善と大義を記しておきたい。偽善とは、我が国の中学校の教科書で教えられた一九四一年(昭和十六年)八月十二日、アメリカのF・ルーズベルト大統領とイギリスのウィンストン・…
  • 平成30年12月7日(金)
    大東亜戦争の開戦日を明日に控えた本日、特に二つのことを指摘しておきたい。この二つのことは、戦後体制、即ち、正当な言論を封殺することによって有利な地位を得ようとする者達の体制つまり、GHQの対日プレスコ…
  • 平成30年11月24日(土)
    先の「プーチンのレッテルの詐欺」に続いて、さらに日露関係について記した。重複もあるがご一読いただきたい。歴史を見つめ、腹の底に憤怒の思いを持つことも「礼服を着た戦闘」ともいわれる外交には必要だ。 平成…
  • 平成30年11月15日(木)
    十一月十二日、遙か朝鮮半島南端の山々を望める対馬の上見坂の高台から、眼下の小雨にけぶる浅茅湾と芋崎の方向を見つめ、遙か北方の樺太を思った。そして、同行の仲間に言った。十九世紀半ばに一貫したユーラシア東…
  • 平成30年11月7日(水)
    今まで、時々断片的に、明治百五十年に関して私の中に浮かぶ思いを書いてきた。その一環として、日本と西洋、どちらが文明でどちらが野蛮か、西郷隆盛とその同時代人の論議に触発された思いを記しておきたい。「月刊…

アーカイブ