大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

保守とは

平成21年11月6日(金)

 本日産経朝刊の「正論」に新保祐司氏が「『目頭が熱くなる』心情こそ保守」という一文を書かれていた。まことに、心にしみる一文である。
 新保氏は、かつて福田恒存氏が旅順の爾霊山の頂上に立った時、「目頭が熱くなるのを覚えました」と心情を吐露しているのを受けて、「私が福田恒存という人間を信じるのはここである」、「保守というものはこのような真摯な心に根ざしていなければならない」と書かれている。
 また氏は、「リベラルな考えに対して、保守の立場があるのではない。そういうものの一歩手前で、日本の近代の歴史の悲劇を思って「目頭が熱くなるのを覚え」る心情を源泉として立ち上がるのが保守の志なのであり、今日いわれる保守の再生には、その点が忘れられてはならないであろう」と付言されている。実に深い指摘である。

 ちょうど昨夜、若い人と「保守」とは何かと話ていた。奈良の葛城から大阪に帰る車内だった。
 私は、「海ゆかば」を歌って涙を流せるのが保守であると言った。その時、私の瞼にはある情景が甦っていた。
 十月十七日の砂防会館で、チャンネル桜主催の、国家再生のための集会が行われた。千五百名以上の方々が参加されていた。
 開会の冒頭、十月四日に亡くなった中川昭一さんの遺影を掲げ「海ゆかば」を合唱したのだ。なんと中川昭一さんにふさわしい追悼であったことか。
 その時、涙があふれてきた。平沼赳夫先生も流れた涙をハンカチでぬぐっておられた。
 このとき私は、真の保守の思いが中川昭一の魂と一体になったと感じた。中川さんと吾らは、存在の仕方は異なっても、思いはともに「日本」にあると感じたのだった。

 さて、福田恒存氏が、旅順の爾霊山で「目頭が熱く」なられたことを受けて申しておきたいことがある。
 それは、乃木希典軍司令官と第三軍の将兵、とりわけ明治三十七年十一月二十六日の晩、近代要塞に銃剣と日本刀を振って突撃して消滅した三千名の白襷抜刀隊のことを「無能」呼ばわりし「兵の堵殺」と平然と片づけるのは「保守」ではない。
 乃木希典閣下の偉大さが分かるものが保守だ。
 
 私は、二年ほど乃木希典閣下の自宅の近くに住んでいて、旅順で戦った乃木閣下と将兵のことを思い、また語る時、いつもこみあげてきて絶句してしまうもので・・・。

新着記事

  • 平成30年12月8日(土)
    本日十二月八日、第二次世界大戦の、偽善と大義を記しておきたい。偽善とは、我が国の中学校の教科書で教えられた一九四一年(昭和十六年)八月十二日、アメリカのF・ルーズベルト大統領とイギリスのウィンストン・…
  • 平成30年12月7日(金)
    大東亜戦争の開戦日を明日に控えた本日、特に二つのことを指摘しておきたい。この二つのことは、戦後体制、即ち、正当な言論を封殺することによって有利な地位を得ようとする者達の体制つまり、GHQの対日プレスコ…
  • 平成30年11月24日(土)
    先の「プーチンのレッテルの詐欺」に続いて、さらに日露関係について記した。重複もあるがご一読いただきたい。歴史を見つめ、腹の底に憤怒の思いを持つことも「礼服を着た戦闘」ともいわれる外交には必要だ。 平成…
  • 平成30年11月15日(木)
    十一月十二日、遙か朝鮮半島南端の山々を望める対馬の上見坂の高台から、眼下の小雨にけぶる浅茅湾と芋崎の方向を見つめ、遙か北方の樺太を思った。そして、同行の仲間に言った。十九世紀半ばに一貫したユーラシア東…
  • 平成30年11月7日(水)
    今まで、時々断片的に、明治百五十年に関して私の中に浮かぶ思いを書いてきた。その一環として、日本と西洋、どちらが文明でどちらが野蛮か、西郷隆盛とその同時代人の論議に触発された思いを記しておきたい。「月刊…

アーカイブ