大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

強い日本、明るい日本、誇りある日本

平成20年10月27日(月)

 麻生総理大臣の、所信表明演説で、「強い日本」と「明るい日本」という言葉が印象的であった。それは、その言葉が単純で明快で、その通り、と思うからである。と、同時に、いつも私自身が使ってきた言葉だからである。
 そして、私は付け加える。日本が強く明るくあるためには「誇りある日本」でなければならない、と。
 よって、私は、「誇りある日本」、「強い日本」そして「明るい日本」の三つを不可分の政治的スローガンとして使っている。
 さらに、麻生総理が所信表明でこの言葉を発したが故に、私との志の一致を感じた。従って、私は麻生総理を支持する。
 我が国を取り巻く内外の情勢がまことに厳しく、これを乗り切らねばならない我が国の政治は、まさに、
「強い日本」、「明るい日本」、「誇りある日本」
を目指さねばならない。

 では、「強く明るく誇りある日本」とは何か。
 これは、「健康な人の体とは何か」という問いに等しい。
従って、医学が、健康を目指してまず病気の把握と克服に努力するように、まず現在日本の病状を指摘して、その克服を目指すことが「強く明るく誇りある日本」への改革だと指摘したい。
 
 まず第一に、我が国は自国民と領土を自らの力で守ることができなければならない。しかし、現在我が国は、自国民が北朝鮮に拉致されたままなのに、見て見ぬふりをしてきた。日本海の固有の領土である竹島に韓国官憲が上がっているのを見て見ぬふりをしてきたのと同じである。
 つまり、現在の我が国は、自国民を救出できず、領土を守る意思が希薄である。
 次に、今までの改革論者と称する者は、国民活動への国家の関与を無くせば自由な競争の領域が増えて総てがうまくいくと考えるとともに、この自由な競争の領域を国家を無視して拡大していくことが富の増大と経済の発展をもたらすと考えた。
 そして、我が国の政治は、民営化・構造改革というアジテーションに踊り、この中で、ホリエモンとその弟・妹である多くの○○チルドレンが政界に生まれた。
 しかし、現在の我が国の情況とアメリカ発のマネーゲームの破綻と金融危機で明らかなように、「総てがうまくいく」というアジテーションとは正反対の社会病理が明らかになった。改革ではなく解体であった。
 さらに、いわゆる自虐史観によって、日本人は悪いことをした人種であると、子供達に平気で教える教職員集団が小中学校という最も重要な段階の教育界を牛耳っている。これによって、子供達の心に、日々「日本人は悪いことをした人種」という誤った観念がすり込まれ続けている。
 三つ子の魂百までである。この自虐教育こそ、日々国家滅亡の種を撒き続けている驚くべき民族に対する裏切りである。

 そこで、私は次のようなスローガンを街頭で発している(本日早朝は、堺市津久野駅南交差点で発してきた)。
1、「北朝鮮に拉致された日本人を救い出す強い日本を創ろう」
2、「マネーゲームではなく、まじめに働く者が報われる明るい日本を創ろう」
3、「青少年が、日本の歴史と伝統を受け継ぎ、日本人として生まれたことに自信と誇りをもつ誇りある日本を創ろう」
 
 この為には、かつての暗い敗戦の中で、アメリカの日本占領軍が創った憲法ではなく、日本の未来を開く「自主憲法制定」が必要であり、自衛隊を「国民の軍隊」(つまり国軍)として創設し直すことが必要である。
 また、農業を含む物造りを中心とした我が国の実体経済を総需要を喚起して強化しなければならない。
 さらに、教育を改革するとともに、教育界から自虐教育を推進してきた偏向した左翼勢力・共産主義勢力また単純自虐馬鹿勢力を駆逐しなければならない。
 以上こそ、「改革」の名にふさわしい真の改革ではないか。

新着記事

  • 平成30年4月19日(木)
    私が、直感し確信したことを記しておきたい。それは、横田めぐみさんのご両親、父の滋さんと、母の早紀江さんには、日本を動かす力、そして、世界を動かす力が天から与えられている、ということだ。平成十四年九月十…
  • 平成30年4月16日(月)
    四月十五日、若狭町および若狭町教育委員会主催の佐久間艇長遺徳顕彰式典に出席した。式典の場所は、福井県三方郡八村北前川の佐久間艇長顕彰碑前。ここは、森の中の緩やかな斜面で、今も、上の方に、艇長の父上が宮…
  • 平成30年4月11日(水)
    いよいよ、歴史が回り始めた。それが、分からないのは、「森友と加計と日報の入ったビン」のなかでそれを追いかけ回している、あまりにも惨めで低級な「日本の国会」だけだ。雨もなく、地震もない。何の予兆もなく……
  • 平成30年4月10日(火)
    大学紛争時代の京都で、それぞれ吉田山の麓と大文字山の麓という指呼の間で同時期に学生生活をしていて、お互いに五十歳を過ぎてから、初めて相まみえた友人が奥山篤信さんだ。その彼が、六十歳を過ぎてから上智大学…
  • 平成30年4月6日(金)
    先の時事通信を、現在の「平和のための戦略」は、「軍備の増強」である、という結論で締めた。続いて、フェースブックで、その「軍備増強」とは、自衛隊の増強に限るのではなく、国民一人に一人が国を守るために戦う…

アーカイブ