大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

十月に入って街頭に出る

平成20年10月5日(日)

 十月を期して一日の午前六時三十分より、堺市泉北ニュータウンにある泉ヶ丘駅前で、通勤に向かう有権者の皆さんに朝の挨拶を開始した。
 以後、二日朝が同ニュータウンの栂美木多駅、三日が同光明池駅で朝立ち。そして、各々の日、朝立ちしてから上京して国会に臨み深夜帰宅した。
 四日の土曜日と五日日曜日は、だんじり曳行の秋祭りの挨拶回り。本日五日は午前七時の菱木神社の秋祭りの神事を皮切りに、三つの神社を巡り、合計十数台のだんじりの曳行を激励した。
 朝七時の菱木神社では神事の後で、六台のだんじりを前に次の通り挨拶をさせていただいた。
「今、厳かに神事が終わりました。わが国の秋の祭りは、日本人に生まれてよかったと実感できる大切な祭りです。本日一日、菱木神社の神々のご加護のもとに大いに元気にご活躍ください」
 
 昨日、同地区の一つのだんじり曳行中に、一人が頭を強打して意識不明になっているので、皆真剣に神事に臨んでいた。意識が戻り速やかに回復されることを切に祈る。
 この事故により、だんじりを曳行出来なくなった地区の青年団の大勢の若者は、他の地区のだんじりが通った後の路面を箒で掃除していた。この光景に感銘を受けた。

 午後二時から、久世地区の本部で多くのだんじりが「やりまわし」を披露するのを見物していた。
 本部前でスタートの合図を待つ綱を引く若者の表情をみていると、いつもながら若者のひたむきな満を持した圧縮熱を感じる。そして本年は、亡き息子と同年代の彼らの姿に、涙が出た。
 このようにして、祭りに参加する多くの人々と挨拶ができて、多くの人々に励ましていただいた鳳、津久野、毛穴、深井、久世、菱木、等々多くの地区の秋祭りが本日で終わる。
 来週は陶器地区の秋祭りだ。
 そして、明日月曜日は、また朝の六時半から中百舌鳥駅で朝の挨拶を開始する。

 以上の通り、十月一日を以て、私は二年数ヶ月ぶりに、自らに課した謹慎を解き、街頭に出た次第です。
 そして、実に多くの人々に逆に励ましていただいている日々を毎朝迎えています。
 私の郷里である堺から、誇りある国家再興・祖国日本再興のため、真の保守の政治集団を形成するための歩みは、多くの同志とともに前進あるのみです。

新着記事

  • 平成30年7月12日(木)
    六月十二日の、シンガポールにおけるトランプ氏が上機嫌に成功したと謳った米朝首脳会談の後、現実味を帯びていた「斬首作戦」は忘れられ、米韓合同軍事演習も中止され、急速に、一体、何を騒いでいたのか、分からな…
  • 平成30年7月5日(木)
    先の時事通信と重複するが、「月刊日本」誌に送稿した一文を次に掲載する。これを書いていた時、平成十四年の小泉純一郎総理と金正日委員長との日朝首脳会談の下準備交渉をしてシナリオを書いていた、外務省アジア大…
  • 平成30年7月4日(水)
    七月二日、愛媛県松山市で開かれた愛媛県下の拉致議連総会後の講演会に出席し、配布された政府資料を見た。その政府の作った拉致被害者リストは、こと、ここに至っても、昭和五十二年(一九七七年)九月の久米裕拉致…
  • 平成30年6月27日(水)
    昨日の時事通信で、明治維新の思想も資金も、全て日本の自腹であり、欧米からの資金で維新が成されたのではない、と指摘した。その「思想」とは、万世一系の歴史のなかで生まれ自覚されてきた「日本人の魂」であり……
  • 平成30年6月26日(火)
    明治維新百五十年を語る中で、その資金源の観点から語ってみる。もちろん、研究者の視点から見れば、私の論は、雑な論である。しかし、かなり以前から、明治維新は、イギリスやフランスからの資金で成功した、という…

アーカイブ