大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

青森の拉致被害者救出集会、そして、自衛隊での通夜

平成19年8月12日(日)

 十日は、四日間の臨時国会最終日。本会議終了後、チャンネル桜のスタジオで日下公人さんら六名と三時間に及ぶ討論番組の収録をしてから最終の新幹線で大阪に帰着した。
 翌十一日の午前中は福泉養護園を見舞い、午後から青森へ飛び「第二回、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための青森県民集会」に出席した。
 そして、青森での集会を終え、午後八時過ぎ、大阪伊丹空港に帰着して、陸上自衛隊信太山駐屯地内で執り行われていた隊員のお通夜に参列させていただいた。よって、この十一日のご報告をしたい。

 先ず、八月十一日の時点で、拉致被害者救出の県民集会を実施すると言うことは、あの参議院選挙中が準備期間だったということである。従って、朝から晩まで、年金だけの「国政選挙」の狂騒のなかで、真の国政の課題を掲げられていたのは、青森県のこの集会主宰者と出席者であるということになる。このことに先ず敬意を表したい。

 拉致問題の本質は、国民への侵害にとどまらず、国家主権の侵害である。そして、この侵害は未だ回復されていない。従って、拉致被害者救出運動とは、国民の解放運動であると共に国家回復の運動である。
 では、国家主権の侵害とは何か。それは「戦争」ということである。従って、「対話と圧力」によって、北朝鮮の金正日という独裁者が拉致被害者を解放するように仕向けるという説明が為されてきたが、これは間違いである。「戦争」という本質から言えば、金正日が解放する気になろうがなるまいが、我々日本は被害者を解放しなければならないのだ。
 拉致議連は、二年前に金正日体制打倒を決議しているが、この路線を貫くことが正しい。

 六カ国協議に関して、拉致問題のガスを抜くために、少々の融和策が提示されてくる可能性がある。日本から金を出させる為である。米朝の間を行き来するヒルなどはその細工をするだろう。かつて、五人の被害者が帰国したときのマスコミの熱狂が演出再現されれば、拉致問題幕引き、北朝鮮援助開始の圧力が高まる。米朝の意向に乗り遅れるなという感じで、我が国からも訪朝する「要人」が増えてくるだろう。
 しかし、この泥船に乗ってはならない。
 安倍内閣の「全被害者救出がなければ、制裁は解除しない」という方針を貫かねばならない。その為に、安倍総理は戦わねばならない。

 内外に謀略があり、その謀略に乗って利を得ようとする動きがある。朝鮮総連の強制執行を回避して土地建物を確保しようとした偽装工作が、何時の間にか詐欺の被害者という位置付けになった。なるほど、被害者であれば逮捕されることはない。
 北朝鮮の対日工作とそれに迎合し協力する日本の裏の構造を解明するにはスパイ防止法という独立国家なら当然の法体系が必要である。それがなければ、国益が如何に踏みにじられても察知できないではないか。つまり、現在やりたい放題だ。
 韓国で、安明進が逮捕されている。
 彼は今発言できない。しかし、彼のおかげで横田めぐみさんを始め拉致被害者のことを察知できたのである。十年前に彼が語ってくれたとき、彼は命の危険を覚悟で語ってくれたのである。
 その時、私は彼に言った。「君は国を捨てた亡命者と言われているが、君こそ朝鮮の真の愛国者だ、ありがとう」。彼は、涙をにじませて私の手を握った。
 彼の存在は、今も北朝鮮の目の上のコブである。そして、韓国の政権は親北政権である。真相は分からないが、果たして公表されたことが真実なのか。ともあれ、安明進を逮捕した韓国は、南北会談に進んでいる。

 さて、拉致被害者を救出に行き、抵抗を排除して連れ帰ってくる部隊が、日本にあるのかと尋ねられた。答は、「ある」と申し上げたい。訓練を公表しているのではない。しかし「ある」。これが答えだ。ついでに、その部隊の指揮官との問答も紹介しておきたい。
「北朝鮮のある地点に降下して拉致被害者を救出できるか」
「命令があれば、行きます」
 命令を決断する政治を構築するのは、国民である。年金だけの選挙を繰り返していてもそれはできない。
 国民を守れない国家を放置しておいて、年金のことだけを考えていて良いのであろうか。国家が無かったら、年金もへっちゃくれもないではないか。
 拉致被害者救出は、国家回復の国民運動だ、がんばろう!

 以上が、青森県民集会での私の発言概要。
 めぐみさんの弟の横田拓也さんは、私の前に発言された。
この三十代の弟さんの発言を聞いていて、金正日よ、日本人を甘く見るなよ、世代を超えて運動は引き継がれ、貴様を追いつめていくのだ、覚悟しておけよと思った。

 さて、県民集会の終わりに、黙々と訓練を続ける自衛隊のことを語った。拉致被害者救出のために、指揮官は「命令があれば行きます」とためらうことなく答える部隊がある。これは、訓練のたまものである。
 青森県民にこれを説明してから、八時過ぎに降りたった大阪伊丹空港で知らされたのは、信太山第三十七連隊の隊員の訓練中の殉職であった。
 聞くところによると、本年三月二十八日に入隊した新入隊員であり、十一日、走行中に熱中症でたおれ、亡くなったという。
 それを聞いたとき、本年六月二十七日に信太山で行われた新入隊員の初期訓練終了式を思い浮かべた。
 あの三ヶ月の初期訓練を終え、少したくましくなったいがぐり頭の九十名余の隊員の中に彼はいたのだ。
 式に際し、川原光雄連隊長は、訓示し、がんばった新入隊員の健闘をたたえ、思わず絶句された。
 その時、連隊が如何に新入隊員を弟のように受け入れ親身になって接しているか如実に伝わってきて感動し、こちらも思わず涙がでるほどだった。このような素晴らしい目的を持った規律のある社会が、他にあるのだろうかと。

 通夜は七時からであったが、九時を過ぎてはいたが通夜の場である信太山駐屯地の帝国陸軍以来の建物である修史館を訪れ、
合掌させて頂いた。棺の左右には、銃ををもった兵が歩哨の如く直立不動で起立していた。
 亡くなられた隊員のご家族と連隊長はじめ連隊幹部が、黙然と座っておられた。その姿に、痛恨の思いがにじんでいた。
亡くなった田邊二士は、宮崎県出身の剣道で鍛えた若者であった。  焼香台の前にある彼の若くきりっとした遺影を拝したとき、私は駐屯地内でこの元気な若者、田邊二士を見かけたことがあると思い至った。若く素晴らしい隊員を失ったのだという思いが込み上げてきた。まして、彼らに連日接しており、初期訓練終了式で、彼らのがんばりを讃え涙ぐんだ連隊長の痛恨の思いはいかばかりか。連隊長の顔を見るのがつらかった。

 自衛隊は、日々黙々と訓練を積んでいる。その中で亡くなった隊員のことを、国も我々も忘れてはならない。
 私の弔電を記し、追悼の言葉に代えます。
「第三十七普通科連隊新隊員教育隊田邊二等陸士のご訃報に接し、驚き、かつ、痛恨の思いを以て、深くご冥福を祈り申しあげ、ご家族の皆様の、お悲しみを思い、心よりお悔やみを申し上げます。
 そして、川原連隊長はじめ連隊の皆様に対して、田邊二等陸士というかけがえのない仲間を失った悲しみを噛み締め、同君の、国家防衛という崇高な志を引き継いで、さらに訓練に励まれんことを、切にお願い申し上げます」
 まことに、若者の死は惜しい、残念だ。彼を忘れない。
 田邊二士のご冥福を切に祈り申し上げます。

新着記事

  • 平成30年1月18日(木)
    無念、痛恨の思いで、以下の報告をする。今、私の手元に、平成29年12月吉日付けの第三七普通科連隊長より「徒歩行進訓練のご案内」と題する文書がある。この文書は、次の通り記している。・・・    ・・・……
  • 平成30年1月17日(水)
    現在、我が国の内外で、まことにバカバカしい交渉が繰り返されている。朝鮮半島では、北と南が、次のような内容の議論をしている。平昌オリンピックに、北が参加するかしないか。北が、競技とは関係の無い美女軍団を…
  • 平成30年1月11日(木)
    現在直面している我が国を取り巻く国際情勢は、実は、明治維新前後から我が国が直面した情勢と相似形であると思われる。しかも、それを克服する為の我が国国内の条件も、明治と同じにならなければ克服できないという…
  • 平成30年1月10日(水)
    昨日、一月九日、朝鮮半島の南北は同時に動いていた。南の韓国は、平成二十七年十二月末の従軍慰安婦に関する日韓合意に対する「検証結果」を発表し、同時刻、南と北は、三十八度線の南北軍事境界線の韓国内の施設に…
  • 平成30年1月6日(土)
    年頭にあたって、台湾の戦略的重要性については既に述べたが、さらに、台湾について書く。その上で、台湾と文明が全く異なる「朝鮮の南と北」が、昨年末から新年に入って、また同じことを繰り返し始めたので最後に触…

アーカイブ