大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

十月十一日、平沼赳夫先生,あっぱれなり!

平成17年10月11日(火)

 本日、十月十一日、衆議院本会議で、郵政民営化法案が採決された。
 この上程に至る経緯は,先刻ご承知のとおりである。
 即ち、先の八月の衆議院本会議で同法案は五票差で可決、しかし、参議院本会議で否決。
 よって、衆議院解散で残暑の中の訳の分らん大騒動となった総選挙の末に、
「自民・公明こと創価学会圧勝」の末の小泉チルドレン八十数名の新議員を加えたうえでの本日,衆議院で二百票差を以っての同法案可決というわけである。
 その五票差から二百票差に変容した圧倒的な賛成票の洪水の中に、先の八月の国会において反対した議員も多くいた。

 その中で、平沼赳夫先生は、本日も反対票を投じたのだ。
 まさに、平沼赳夫先生、あっぱれなり!
 と,申し上げる。

 何故なら、本日、真の保守の機軸が明らかになったからである。

 さて、同志諸兄姉、小泉さんとマスコミに引きずり回された,
「民営化,民営化,また,民営化・・・ええじゃないか・・・」
の騒動は、もう終わるのだ。
 ということは、本日の衆議院通過をもって、
「郵政民営化,賛成か,反対か」の小泉流総選挙の耐用年数は,既に尽きたということではないか。自民党公認の古議員と新議員は,それ以外の主張をして当選したのではないからである。

 即ち、この選挙によって生み出された現国会の大勢をもって、以前からあり,現在から未来にかけて増大しつつある東アジアの脅威に対して,何が為せるのか。
 何もできない。これが答えである。
結局,総理以下,アメリカさんからせっつかれて、郵政民営化にしがみ付いていただけではないか。
これを,「モラトリアム政治」という。
 そうだ,小泉内閣とは、一種の,モラトリアムなのだ。
我が国家の,真の危機から国民の目を逸らせる為のモラトリアム現象が,小泉内閣の「民営化」というマネーゲームに歓迎される現象なのだ。

 そこで,このモラトリアムの呪縛から脱して,目を見開いて,現にある我が国に覆い被さる危機と脅威を見つめようではないか。
 そうすれば、この脅威に対処し得る政治勢力は、小泉流モラトリアムの中にはなく、そこから脱して本日反対票を投じた中にあることがわかる。

 よって,所信を貫いて郵政民営化反対を貫いた
 拉致議員連盟会長平沼赳夫先生,あっぱれなり、
 と西村は宣言できるのだ。
 何故なら、ここに,我が国家再生の基点が現われたからである。

 郵政民営化法案が衆議院を通過した本日、私が、あえて、この書き込みをした真情をご賢察頂きたい。
 我が国を取り巻く内外の危機は極めて深刻で、これに対処するための体制は,従来の「党派単位の尋常な発想」では構築できない!
 これを構築する指導者は、真の剛毅なる保守の精神の保有者である。
 それがあまねく国民に見えたのが本日である。
 
 モラトリアムが許されなくなる現在、まさに、「真の改革者」が何処にいるか明らかになるであろう。
 
 人は空ばかり見ているが,星は地上にあるのだ!
 即ち,本日,郵政民営化法案に反対した同志の中に地上の星がある!

新着記事

  • 平成30年1月18日(木)
    無念、痛恨の思いで、以下の報告をする。今、私の手元に、平成29年12月吉日付けの第三七普通科連隊長より「徒歩行進訓練のご案内」と題する文書がある。この文書は、次の通り記している。・・・    ・・・……
  • 平成30年1月17日(水)
    現在、我が国の内外で、まことにバカバカしい交渉が繰り返されている。朝鮮半島では、北と南が、次のような内容の議論をしている。平昌オリンピックに、北が参加するかしないか。北が、競技とは関係の無い美女軍団を…
  • 平成30年1月11日(木)
    現在直面している我が国を取り巻く国際情勢は、実は、明治維新前後から我が国が直面した情勢と相似形であると思われる。しかも、それを克服する為の我が国国内の条件も、明治と同じにならなければ克服できないという…
  • 平成30年1月10日(水)
    昨日、一月九日、朝鮮半島の南北は同時に動いていた。南の韓国は、平成二十七年十二月末の従軍慰安婦に関する日韓合意に対する「検証結果」を発表し、同時刻、南と北は、三十八度線の南北軍事境界線の韓国内の施設に…
  • 平成30年1月6日(土)
    年頭にあたって、台湾の戦略的重要性については既に述べたが、さらに、台湾について書く。その上で、台湾と文明が全く異なる「朝鮮の南と北」が、昨年末から新年に入って、また同じことを繰り返し始めたので最後に触…

アーカイブ