大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

9月11日を迎えて

平成17年9月13日(火)

 昨日九月十日、午後十一時四十五分をもって、戸外における選挙運動を完結した。
 私の選挙区であるこの大阪十七区においては、真の「国政選挙運動」を展開することができた。

 悔いはない。

 私の配布パンフレット記載の主要項目は、
・・・拉致被害者救出、国防体制の確立、教育の改革、増税の惰性からの脱却 国家のあり方に関して展開した主張は、
・・・日本は、マネーゲームではなく、「もの」を造ることを中心に据えた勤労者が支える国である、まじめに働く者が報われる社会を創らねばならない。
 日本の伝統と底力は、「ものつくり」にあり。
 天皇皇后両陛下も、田に入り、蚕を飼われているではないか。

 それにしても、選挙中の我が国に漂っていた、この得体の知れない風は何だったのだろうか。
・・・ポピュリズムの風、
 確かに、国家国民の為に与えられた衆議院の解散権を、自分の大衆的人気浮揚に使った総理大臣は、大衆とマスコミに賞賛された。
 そして、はて、その解散の動機は、
・・・郵政民営化だけ!
 これを逆から言えば、国家的課題は塗りつぶせ、大衆の目から遠ざけよ、だ。

 党内に、民営化以外の主張を許さんのだから、自民党の全候補者は、オームになり、小「小泉」になって、大衆を煽るしかない。
 その他、彼らに言えることは、ただ、「与党だから」という立場の誇示だ。つまり、与党だから支持すれば「得」になるということ、即ち、利益誘導である。

 私は、選挙運動最終日の深夜の終礼で、同志の前で、次のように挨拶した。
1,奇妙な向かい風が吹いていた。
  我々は、この奇怪な風の中にあっても、真の国政選挙を展開することができた。生涯忘れえない。同志の友情に深謝する。
2,風は、非常に強固で、最初は我々を圧倒した。
3,この選挙の風が終われば、自民党は消滅する。
 我々が相手にしていたのは、戦後与党政治の消える前の瞬きであったのだと思う。

 以上、本日は、投票日なので、ここまで。以下、後日に。

 郷里の堺と全国の同志、諸兄姉の友情が、私を支えてくれている。
 このことを何より実感したのが、この度の選挙戦だった。
 ありがとう、ありがとう、皆さん!

新着記事

  • 平成30年5月6日(日)
    「憲法記念日!」に、「アーロン収容所」を思い浮かべた。京都大学の教授だった会田雄次さんは、日本軍兵士としてビルマ戦線で戦い、敗れてイギリス軍の捕虜となって二年余の間、ビルマにあるイギリス軍の「アーロン…
  • 平成30年4月26日(木)
    昨日(25日)、大阪城の南側のホテルの会場で、工作部品等を製造する会社の経営者五十人ほどの会合で、「東アジア情勢の地殻変動と日本の再興」という題で話をさせていただいた。とはいえ、この講演のレジュメを作…
  • 平成30年4月19日(木)
    私が、直感し確信したことを記しておきたい。それは、横田めぐみさんのご両親、父の滋さんと、母の早紀江さんには、日本を動かす力、そして、世界を動かす力が天から与えられている、ということだ。平成十四年九月十…
  • 平成30年4月16日(月)
    四月十五日、若狭町および若狭町教育委員会主催の佐久間艇長遺徳顕彰式典に出席した。式典の場所は、福井県三方郡八村北前川の佐久間艇長顕彰碑前。ここは、森の中の緩やかな斜面で、今も、上の方に、艇長の父上が宮…
  • 平成30年4月11日(水)
    いよいよ、歴史が回り始めた。それが、分からないのは、「森友と加計と日報の入ったビン」のなかでそれを追いかけ回している、あまりにも惨めで低級な「日本の国会」だけだ。雨もなく、地震もない。何の予兆もなく……

アーカイブ