大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

9月11日を迎えて

平成17年9月13日(火)

 昨日九月十日、午後十一時四十五分をもって、戸外における選挙運動を完結した。
 私の選挙区であるこの大阪十七区においては、真の「国政選挙運動」を展開することができた。

 悔いはない。

 私の配布パンフレット記載の主要項目は、
・・・拉致被害者救出、国防体制の確立、教育の改革、増税の惰性からの脱却 国家のあり方に関して展開した主張は、
・・・日本は、マネーゲームではなく、「もの」を造ることを中心に据えた勤労者が支える国である、まじめに働く者が報われる社会を創らねばならない。
 日本の伝統と底力は、「ものつくり」にあり。
 天皇皇后両陛下も、田に入り、蚕を飼われているではないか。

 それにしても、選挙中の我が国に漂っていた、この得体の知れない風は何だったのだろうか。
・・・ポピュリズムの風、
 確かに、国家国民の為に与えられた衆議院の解散権を、自分の大衆的人気浮揚に使った総理大臣は、大衆とマスコミに賞賛された。
 そして、はて、その解散の動機は、
・・・郵政民営化だけ!
 これを逆から言えば、国家的課題は塗りつぶせ、大衆の目から遠ざけよ、だ。

 党内に、民営化以外の主張を許さんのだから、自民党の全候補者は、オームになり、小「小泉」になって、大衆を煽るしかない。
 その他、彼らに言えることは、ただ、「与党だから」という立場の誇示だ。つまり、与党だから支持すれば「得」になるということ、即ち、利益誘導である。

 私は、選挙運動最終日の深夜の終礼で、同志の前で、次のように挨拶した。
1,奇妙な向かい風が吹いていた。
  我々は、この奇怪な風の中にあっても、真の国政選挙を展開することができた。生涯忘れえない。同志の友情に深謝する。
2,風は、非常に強固で、最初は我々を圧倒した。
3,この選挙の風が終われば、自民党は消滅する。
 我々が相手にしていたのは、戦後与党政治の消える前の瞬きであったのだと思う。

 以上、本日は、投票日なので、ここまで。以下、後日に。

 郷里の堺と全国の同志、諸兄姉の友情が、私を支えてくれている。
 このことを何より実感したのが、この度の選挙戦だった。
 ありがとう、ありがとう、皆さん!

新着記事

  • 平成29年11月16日(木)
    この度のアメリカのトランプ大統領の東アジア歴訪は、まず、日本を訪問して、次に韓国に行き、その次に中共に至ったが、これは、アメリカ大統領が、全く違う二つの文明圏、即ち、「日本」と「中華秩序の朝鮮と支那」…
  • 平成29年11月11日(土)
    トランプ大統領の、日本から韓国そして中共への歴訪で確認できたのは、この三ヶ国の中で、大陸間核弾道ミサイル保有寸前の北朝鮮へのアメリカの武力行使のオプションを容認しているのは我が国だけだということだ。そ…
  • 平成29年11月6日(月)
    来日しているアメリカのトランプ大統領の歴訪ルートは、日本から韓国、次に中共からベトナム、そしてフィリピンだ。つまり、東アジアの、北の海洋から、朝鮮半島に入り、大陸を北から南に打通して、再び南の海洋に抜…
  • 平成29年11月2日(木)
    十月二十二日、本通信No1372号「安倍総理は靖国神社に参拝して内なる国難を克服せよ」を送信した。この送信内容は、私が、総選挙最終日の二十一日の夕刻、東京数寄屋橋の雨の街頭で、総理大臣は、この選挙を……
  • 平成29年10月31日(火)
    この度の総選挙において、小池百合子さんが、憲法改正か護憲かで、主に民進党から「希望の党」へなだれ込もうとした議員達を「選別」し、護憲を「排除」したことが非難され、小池さん本人も不適切な言葉を使ったとし…

アーカイブ