大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

本日の法務委員会質問

平成13年10月19日(金)

 本日は、昼食は都庁で石原知事と二人で食べた。知事は鍋焼きうどん私はとってもらった幕の内弁当。「この国はなんでこうもだめになってしまったんだ」というのが会話の基本的旋律だった。国防、テロ,拉致問題など日本政府と政治家の問題意識の希薄さにともに憂慮する昼食だった。
 そして、院内に帰って法務委員会で質問した。法務大臣は午前中の質疑で「夫婦別姓問題」に積極的答弁をして、世論調査における反対意見の層に関して「理解が足りない」旨の答弁をしていた。そこで、私は、以下の問題について法務大臣の「理解は足りているか」と質問したのだ。

1.ニューヨークテロでの日本人死者は果たして二十数名だけか。確認を求めている日本人家族の数は250を超えている。日本総領事は身元確認に対応していない。国民の人権を守る法務大臣はどういう認識をもっているか。

2.いま国民の最大関心事となってきたのは,「夫婦別姓」ではない。何だと思う。「治安」ではないか。その治安は何が原因で悪化してきたのか。「出入国管理」の破綻ではないか。法務省の役人だけで出入国管理ができるか。警察に管理を移管すべきだ。

3.拉致された日本人は7件10名はうそだ。よど号の妻達が帰ってきてヨーロッパルートの拉致をしゃべっているではないか。150名を超えているようだ。多くは女性が拉致されている。夫婦別姓が女性の人権だと呑気な答弁をするなら、深刻な拉致の被害者の人権は法務大臣としてどう守るのか。

4.新しい歴史教科書を作る会事務所が放火され、杉並区役所が人間の鎖というデモで囲まれ、全国の教育委員には脅迫の電話がかけられて教科書採択が終わった。この全体を見れば、暴力を背景にした思想学問の自由への侵犯ではないか。夫婦別姓が人権にかかるというなら、この不当な公然たる人権侵害に如何に対処したのか。などなど。そして,最後に治安を維持するためには、スパイ防止法の制定など抜本的な改革が必要として答弁を迫った。して、その答弁は。女性の人権として夫婦別姓を推進するという次元の人権意識である法務大臣に満足な答弁を期待するほうが馬鹿だった。

新着記事

  • 平成30年12月8日(土)
    本日十二月八日、第二次世界大戦の、偽善と大義を記しておきたい。偽善とは、我が国の中学校の教科書で教えられた一九四一年(昭和十六年)八月十二日、アメリカのF・ルーズベルト大統領とイギリスのウィンストン・…
  • 平成30年12月7日(金)
    大東亜戦争の開戦日を明日に控えた本日、特に二つのことを指摘しておきたい。この二つのことは、戦後体制、即ち、正当な言論を封殺することによって有利な地位を得ようとする者達の体制つまり、GHQの対日プレスコ…
  • 平成30年11月24日(土)
    先の「プーチンのレッテルの詐欺」に続いて、さらに日露関係について記した。重複もあるがご一読いただきたい。歴史を見つめ、腹の底に憤怒の思いを持つことも「礼服を着た戦闘」ともいわれる外交には必要だ。 平成…
  • 平成30年11月15日(木)
    十一月十二日、遙か朝鮮半島南端の山々を望める対馬の上見坂の高台から、眼下の小雨にけぶる浅茅湾と芋崎の方向を見つめ、遙か北方の樺太を思った。そして、同行の仲間に言った。十九世紀半ばに一貫したユーラシア東…
  • 平成30年11月7日(水)
    今まで、時々断片的に、明治百五十年に関して私の中に浮かぶ思いを書いてきた。その一環として、日本と西洋、どちらが文明でどちらが野蛮か、西郷隆盛とその同時代人の論議に触発された思いを記しておきたい。「月刊…

アーカイブ