大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

不審船は情報の宝の山

平成13年12月26日(水)

 東シナ海で沈没した工作船は、断固として引き上げねばなりません。

 この船の調査により、我が国の今までの漫然とした安全神話が崩れ、実質的な安全確保のための具体的方策を考えることができるようになります。

 政府は、沈没と同時に海上自衛隊に引き上げを命じ、今頃は、潜水艦救難母艦(3650トン)が沈没現場で待機していなければなりません。

 時期を失すれば中国につけ込まれます。
 残念ながら、政府は時期を失しつつあります。

 また、工作船と北朝鮮の通信を傍受したことを公表したことは妥当ではありません。以後、北朝鮮は周波数をかえるでしょう。
 かつて、ソ連による大韓航空機撃墜に際し、自衛隊が傍受したソ連戦闘機と基地との通信を公表したことがありました。ソ連は直ちに通信回路を変え、以後自衛隊は傍受できなくなったのです。

 田中外務大臣に、工作船の生の情報を上げなかったのは正解です。不審船を察知した日米の情報源までぺらぺらしゃべられるおそれがあったからです。この分野で失敗すれば、日米の信頼関係を一挙に失う事態になりかねません。
 情報源を何処まで公表するかは、極めて高度な戦略的判断に委ねられるべきです。

新着記事

  • 平成30年1月18日(木)
    無念、痛恨の思いで、以下の報告をする。今、私の手元に、平成29年12月吉日付けの第三七普通科連隊長より「徒歩行進訓練のご案内」と題する文書がある。この文書は、次の通り記している。・・・    ・・・……
  • 平成30年1月17日(水)
    現在、我が国の内外で、まことにバカバカしい交渉が繰り返されている。朝鮮半島では、北と南が、次のような内容の議論をしている。平昌オリンピックに、北が参加するかしないか。北が、競技とは関係の無い美女軍団を…
  • 平成30年1月11日(木)
    現在直面している我が国を取り巻く国際情勢は、実は、明治維新前後から我が国が直面した情勢と相似形であると思われる。しかも、それを克服する為の我が国国内の条件も、明治と同じにならなければ克服できないという…
  • 平成30年1月10日(水)
    昨日、一月九日、朝鮮半島の南北は同時に動いていた。南の韓国は、平成二十七年十二月末の従軍慰安婦に関する日韓合意に対する「検証結果」を発表し、同時刻、南と北は、三十八度線の南北軍事境界線の韓国内の施設に…
  • 平成30年1月6日(土)
    年頭にあたって、台湾の戦略的重要性については既に述べたが、さらに、台湾について書く。その上で、台湾と文明が全く異なる「朝鮮の南と北」が、昨年末から新年に入って、また同じことを繰り返し始めたので最後に触…

アーカイブ