大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

総理訪朝の概観・・・何故,評価が分裂するのか・・・実は朝貢であった

平成16年5月24日(月)

 非常時か平時か

 このたびの,総理大臣の訪朝に関して、その評価は二極に分かれる。
その理由は、北朝鮮による日本人拉致問題を
 非常時か有事か戦時つまり戦争、と捉えるか、平時と捉えるかという両端の立場の違いがあるからである。

 娘のめぐみさんを拉致された横田さんら、つまり、被害者家族会は、言うまでもなく,一日一日、「針のむしろに座っているような」思いで娘や息子を「救出」しようと念じている。この人達にとって、拉致という被害は明らかに「有事」であり、従って救出運動も「有事」であり「戦争」である。犯人が娘を人質にして立てこもっている現場に臨んでいるのと同じである。
 他方、訪朝した小泉総理と外務省担当官にとっては、拉致問題は「平時」のなかの、日朝国交正常化という「成果」を作るために取り除かねばならない「障害」である。

 よって、このたびの総理訪朝を、「有事」の観点から見れば・・・
 百名を超えると思われる被害者を,未だ抑留している金正日に対して、たった五名の子供達を渡された見返りに、最大の武器(経済制裁)を放棄し,その上、25万トンの米と千万ドルの医薬品を提供するとは何事か、拉致被害者は,一人も帰らないではないか、・・・という評価となり、
 「平時」の観点から見れば・・・
 相手にも都合のある中で、五名を連れて帰ってきたのはめでたい成果だ、そもそも総理が訪朝しなければ,五名は帰らなかったではないか、五名を戻したのは相手の誠意と総理の努力の結果である、この誠意を示した相手が困っているのだから,コメや医薬品を支援するのは当たり前ではないか、このようにお互いに誠意を示しあったので拉致という国交正常化の「障害」は取り除かれつつある・・・という評価となる。そして、国論が二分されている。

 では、この二分された評価のうち、どちらが妥当なのか?
 この判断をするには、今一度、「我が国の最終目的は何か」を再度確認する必要がある。その我が国の最終目的は、

「横田めぐみさんら十名さらに百名を超している失踪者の完全救出」

 この最終目的から観て、このたびの総理訪朝を,誠にめでたい国家の首脳訪問に見合う大きな前進と受け取ることができるのか。
 言っておくが、最終目的は,断じて「国交正常化」ではない。拉致被害者完全救出だ。
 今までも,これからも、総理や外務省幹部の発言のなかに、最終目的を「国交正常化」と設定しているものが散見されるから、注意されたい。
 拉致未解決で国交正常化など有り得ないのに、政府や国会議員やマスコミのなかには、拉致という「障害」が低くなれば、または、国民の関心が拉致から離れれば、国交が正常化できると浅はかにも考えている北朝鮮シンパがうようよいる。

1、まず、五名の子供達の帰国は、最終目標から見てどの程度の前進なのか、・・・それは、千里の道の一里であるといえる。そうであるならば、一里進んであと九九九里を残しながら救出の最大の武器である「制裁」を放棄した総理の行動は、めぐみさんら残された被害者を切り捨てることに等しいではないか。
考えてもみられよ!
今回の五名の子供が帰ってくるのも、国会内で整備が進行している
「制裁」の圧力があったからではないか。だから,一里進めたのだ。
そうであるのに、あと九九九里も、「制裁」の手段なくどうして進むことができるのか!
めぐみさんの両親から見れば、
「娘を見捨てるのか、どうしてくれるんだ!」と叫びたくなる。

2、次に、25万トンの米と千万ドルの医薬品支援をどう見るか。
 これは、いかに説明しようが、五名返還の「対価」である。
子供五名で、これだけ。
では、本命の横田めぐみさんら十名さらに百名を超す失踪者返還の対価は?・・・これこそ,雲を掴むような話となる。
 このように、犯人が被害者を小出しにして「援助」をせしめる、これに我が国は応じるのか、わが国は、これほど卑屈な国に成り下がったのか、国民はこの卑屈な連鎖に耐えられるのか。

3、また、そもそも、相手の金正日は、テロリストではないか(有事説では、まさに相手は憎むべき犯罪を主催するテロリストの頭目)。
 従って、このたびの訪朝は、テロリストと、交渉し,妥協し,取引して対価を提供した行為に他ならない。
 この総理の行為は、テロリストに対する国際的申し合わせを踏みにじり、テロリストを肥え太らせる背信となる。テロリストを肥え太らせること自体が日本と国際社会の脅威の増大である。
 小泉総理も、アメリカが北朝鮮を「テロ支援国家」と認定し、我が国も日本人拉致を理由に,アメリカに北朝鮮の「テロ支援国家」認定を続けるように要請をしていたことをまさか忘れてはいまい。また、北朝鮮は,核兵器とミサイルを開発しつつあり、実戦配備したミサイルの照準は日本に向けられていることを知らないはずがない。

 以上の三つの観点から判断しても、このたびの総理の訪朝を手放しで歓迎することなど到底できない。
 よって、拉致問題の最終目標実現の展望と方策を何ら持たず、自分の任期中に脚光を浴びることができればいそれでいいという軽佻浮薄な動機からでた行き当たりばったりの総理訪朝であったと断言する。

 ただ幸いなのは,五名の子供達の帰国である。
 これは,僥倖といえる。小泉総理は恵まれたのだ。
 仮に,これらの子供に,ジェンキンス氏に対するように「意思確認」をさせられておれば、一人も連れて帰ることはできず,小泉さんは国内で墜落し国際的には恥をかいていたであろう。
 この子供達の両親にしてからが、北朝鮮において「意思確認」していれば,決して日本へ帰るといわなかったはずだ。彼等もかつて曽我さんの娘さんのようにピョンヤンで「お母さんこそ,こちらに来て」とビデオの中で言っていた。

 個人の意思を最も抑圧している北朝鮮で「意思確認」とは笑わせる。
しかし、日本の総理大臣は,ピョンヤンでの貴重な時間のうちの実に1時間半以上、まさに、この笑わせる「意思確認」をさせられていたのだった。

 ともあれ、小泉さんがこの僥倖に恵まれたのは、繰返すが、我が国内における北朝鮮制裁の動きの「圧力」である。
 そして,小泉さんは、
 この自らが救われた「圧力」をピョンヤンで
 棄ててきたというわけだ。

 北朝鮮相手の拉致被害者救出は、本質を
「有事」もしくは「戦争」とみなして、相手が生き延びようとすれば,全ての拉致した日本人を解放するしかないという情況に追い込むことによって達成しなければならないのだ。
 これ以外に,目的達成の方策はない。
 その手段こそ、まさに、彼が放棄した「制裁」なのだ!

 総理は、行くことになった以上は、国家外交の厳しさを秘めて、
「礼服を着た戦士」としてピョンヤンに赴かねばならなかった。
 交渉会場に入るときも出るときも、整列して待たされて金正日に「謁見」されていてどうして外交ができるのだ。
 朝貢に見合った「お土産」(言い方が悪いが、国家外交の観点からこう表現する)を頂くことは、外交の成果ではなく、軽侮された証拠であり、相手に対する屈服のご褒美である。

「正道を踏み国を以って斃るるの精神なくんば、外国交際は全かる可からず。彼の強大に畏怖し,円滑を主として、曲げて彼の意に従順する時は、軽侮を招き,好親却て破れ、終に彼の制を受けるに至らん。」
西郷南洲遺訓

新着記事

  • 平成30年10月23日(火)
    十月二十一日の夜、私の地域の祭りの終了にあたり、ふとん太鼓を担ぐ、五十名の青年団の若者と、ふとん太鼓に乗り込んで太鼓をたたく、十人ほどの小学生とふとん太鼓を担う若者の側で、大きな団扇で扇いで励ます、十…
  • 平成30年10月19日(金)
    私、不肖西村は、現在の我が国において、国家存亡の危機に対しては如何なる決断と対処が必要か、について考え述べ続けてきた。我が国政治の現状は、この課題に関し、目をつぶれば世界(危機)がなくなる!と、堅く信…
  • 平成30年10月17日(水)
    このところ、一眼は世界の大勢を、他の一眼は我が国の現状を見ながら、時事通信を送信してきて、昨日は、現在におけるシナとロシアの伝統的な対日連携である、露清密約の現在版による脅威の実態を指摘した。しかも……
  • 平成30年10月16日(火)
    十月八日の時事通信NO1454「東亜五十年の禍根、露清密約を忘れるな」から続く三連続の時事通信で、ロシアとシナの「民族の行動パターン」を述べてきた。その上で、さらに、「現在の露清密約」、つまり、「プー…
  • 平成30年10月12日(金)
    コンピューターが治って、二通の時事通信を発信できた。一通は、我が国の北と南と西にある仮想敵国(現実敵国)X、Y、Zの「民族の行動パターン」について(10月8日NO1454)次の一通は、畏れ多くも「今上…

アーカイブ