大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

韓国と北朝鮮はオリンピックを汚し私物化した

平成30年2月7日(水)

韓国における冬季オリンピックに参加することになった北朝鮮が、
あつかましくも、あの工作母船万景峰号を
韓国の港に入れて芸術団と工作員を送り込んでいる。
あれは、かつて、新潟港に来ていた、にっくき撃沈すべき万景峰号である。
そして、新潟のその時の情景と同じ情景が韓国で再現されている。
多くの日本人同胞を拉致抑留している北朝鮮の日本における工作活動の母船が
かつて平然と、あつかましく、新潟港に入ってきたように、今韓国に入っている。
乗り込んでいる者も、またあつかましい。
あのおぞましい独裁者に忠誠を誓って、いい暮らしを獲得している男女達である。

そのなかの同じ服を着た若い女達は、顔の筋肉の筋トレにより
全員が一瞬にして同じ筋肉を動かして同じ笑顔をつくるサイボーグだ。
中共の外務省報道官は、
表情を動かさずに憎たらしいことをしゃべり続けるサイボーグであるが、
北朝鮮の芸術団や喜ばせ組は、一瞬にして微笑むサイボーグだ。
彼女らが、オリンピック会場や他の劇場で、
その芸を披露し韓国の聴衆が詰めかける。
韓国では、オリンピック会場の入場券よりも、
北朝鮮のサイボーグガールを観るための入場券の方がよく売れるだろう。
これで、せっかくの、
雪上や氷上のスピードと技を競うオリンピックがめちゃくちゃになった。
オリンピックを利用して、いや、オリンピックに背乗りして
最も危険でおぞましい北朝鮮が、自己宣伝の演劇をする。
これ、金正恩と文在寅の共同演出だ。
これ、北と南の朝鮮によるオリンピック私物化ではないか。
韓国の文在寅は、
オリンピックなんだから、参加するのは選手だけだ、
我は、国連の対北朝鮮制裁を守ると、
何故、けじめをはっきりとつけないのか。
そもそも、こともあろうに、なんで!
この文在寅の韓国で、
オリンピックをするのか。

ロシアのプーチンよ、怒れ。
ロシアがオリンピックに参加できないのに、
何故、ロシアよりずっと悪い北朝鮮が参加するのか!と。
安倍総理も、怒れ。
文在寅よ、
何故、多くの日本人を拉致して抑留している北朝鮮に
オリンピックを利用した自己宣伝の場を与えるのか!と。

以上、本日の朝、
何がバーチャルか、何がリアルか、の区別がつかなくなった
韓国の文在寅と北朝鮮の金正恩に
むちゃくちゃにされたオリンピック関連報道に接した思いである。
本日は、汚らわしいことを記してきたので、ここで筆を擱き、
明日は、我が国の雄渾な物語を記したい。

新着記事

  • 平成30年4月19日(木)
    私が、直感し確信したことを記しておきたい。それは、横田めぐみさんのご両親、父の滋さんと、母の早紀江さんには、日本を動かす力、そして、世界を動かす力が天から与えられている、ということだ。平成十四年九月十…
  • 平成30年4月16日(月)
    四月十五日、若狭町および若狭町教育委員会主催の佐久間艇長遺徳顕彰式典に出席した。式典の場所は、福井県三方郡八村北前川の佐久間艇長顕彰碑前。ここは、森の中の緩やかな斜面で、今も、上の方に、艇長の父上が宮…
  • 平成30年4月11日(水)
    いよいよ、歴史が回り始めた。それが、分からないのは、「森友と加計と日報の入ったビン」のなかでそれを追いかけ回している、あまりにも惨めで低級な「日本の国会」だけだ。雨もなく、地震もない。何の予兆もなく……
  • 平成30年4月10日(火)
    大学紛争時代の京都で、それぞれ吉田山の麓と大文字山の麓という指呼の間で同時期に学生生活をしていて、お互いに五十歳を過ぎてから、初めて相まみえた友人が奥山篤信さんだ。その彼が、六十歳を過ぎてから上智大学…
  • 平成30年4月6日(金)
    先の時事通信を、現在の「平和のための戦略」は、「軍備の増強」である、という結論で締めた。続いて、フェースブックで、その「軍備増強」とは、自衛隊の増強に限るのではなく、国民一人に一人が国を守るために戦う…

アーカイブ