大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

韓国と北朝鮮はオリンピックを汚し私物化した

平成30年2月7日(水)

韓国における冬季オリンピックに参加することになった北朝鮮が、
あつかましくも、あの工作母船万景峰号を
韓国の港に入れて芸術団と工作員を送り込んでいる。
あれは、かつて、新潟港に来ていた、にっくき撃沈すべき万景峰号である。
そして、新潟のその時の情景と同じ情景が韓国で再現されている。
多くの日本人同胞を拉致抑留している北朝鮮の日本における工作活動の母船が
かつて平然と、あつかましく、新潟港に入ってきたように、今韓国に入っている。
乗り込んでいる者も、またあつかましい。
あのおぞましい独裁者に忠誠を誓って、いい暮らしを獲得している男女達である。

そのなかの同じ服を着た若い女達は、顔の筋肉の筋トレにより
全員が一瞬にして同じ筋肉を動かして同じ笑顔をつくるサイボーグだ。
中共の外務省報道官は、
表情を動かさずに憎たらしいことをしゃべり続けるサイボーグであるが、
北朝鮮の芸術団や喜ばせ組は、一瞬にして微笑むサイボーグだ。
彼女らが、オリンピック会場や他の劇場で、
その芸を披露し韓国の聴衆が詰めかける。
韓国では、オリンピック会場の入場券よりも、
北朝鮮のサイボーグガールを観るための入場券の方がよく売れるだろう。
これで、せっかくの、
雪上や氷上のスピードと技を競うオリンピックがめちゃくちゃになった。
オリンピックを利用して、いや、オリンピックに背乗りして
最も危険でおぞましい北朝鮮が、自己宣伝の演劇をする。
これ、金正恩と文在寅の共同演出だ。
これ、北と南の朝鮮によるオリンピック私物化ではないか。
韓国の文在寅は、
オリンピックなんだから、参加するのは選手だけだ、
我は、国連の対北朝鮮制裁を守ると、
何故、けじめをはっきりとつけないのか。
そもそも、こともあろうに、なんで!
この文在寅の韓国で、
オリンピックをするのか。

ロシアのプーチンよ、怒れ。
ロシアがオリンピックに参加できないのに、
何故、ロシアよりずっと悪い北朝鮮が参加するのか!と。
安倍総理も、怒れ。
文在寅よ、
何故、多くの日本人を拉致して抑留している北朝鮮に
オリンピックを利用した自己宣伝の場を与えるのか!と。

以上、本日の朝、
何がバーチャルか、何がリアルか、の区別がつかなくなった
韓国の文在寅と北朝鮮の金正恩に
むちゃくちゃにされたオリンピック関連報道に接した思いである。
本日は、汚らわしいことを記してきたので、ここで筆を擱き、
明日は、我が国の雄渾な物語を記したい。

新着記事

  • 平成30年12月8日(土)
    本日十二月八日、第二次世界大戦の、偽善と大義を記しておきたい。偽善とは、我が国の中学校の教科書で教えられた一九四一年(昭和十六年)八月十二日、アメリカのF・ルーズベルト大統領とイギリスのウィンストン・…
  • 平成30年12月7日(金)
    大東亜戦争の開戦日を明日に控えた本日、特に二つのことを指摘しておきたい。この二つのことは、戦後体制、即ち、正当な言論を封殺することによって有利な地位を得ようとする者達の体制つまり、GHQの対日プレスコ…
  • 平成30年11月24日(土)
    先の「プーチンのレッテルの詐欺」に続いて、さらに日露関係について記した。重複もあるがご一読いただきたい。歴史を見つめ、腹の底に憤怒の思いを持つことも「礼服を着た戦闘」ともいわれる外交には必要だ。 平成…
  • 平成30年11月15日(木)
    十一月十二日、遙か朝鮮半島南端の山々を望める対馬の上見坂の高台から、眼下の小雨にけぶる浅茅湾と芋崎の方向を見つめ、遙か北方の樺太を思った。そして、同行の仲間に言った。十九世紀半ばに一貫したユーラシア東…
  • 平成30年11月7日(水)
    今まで、時々断片的に、明治百五十年に関して私の中に浮かぶ思いを書いてきた。その一環として、日本と西洋、どちらが文明でどちらが野蛮か、西郷隆盛とその同時代人の論議に触発された思いを記しておきたい。「月刊…

アーカイブ