大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

東アジアにおけるバーチャルとリアル

平成30年2月5日(月)

朝鮮半島という厄介な空間について記しておきたい。
朝鮮半島において現在進行中の事態を見ていて、
またも、思い出して記しておきたくなったのは、
古田博司筑波大学大学院教授の平成28年(2016年)2月10日の産経新聞に掲載された「正論」である。

この「正論」は、
「南北の『政略劇』にだまされるな」
と題された朝鮮半島に関する論評で、
「ここ最近の韓国と北朝鮮のドタバタ劇を見ていて、日本の国民はうんざりしているのではないだろうか。その庶民の常識は正しい。」
という一文で始まり、
「庶民である日本国民は、あくまでも『助けず、教えず、関わらず』の非韓3原則で対応し、彼らの騒ぎに巻き込まれないように、対岸の火事を見るがごとくにし、・・・日本からの援助を求める韓国内の声に耳を貸してはならない。」
と述べたうえで、
「なにしろコリアは、豊臣秀吉軍の災禍いまだ覚めやらぬ頃、満州軍の侵攻を受けるや、『日本に助けてもらおう』という声が平然かつ澎湃として起こる国である。」、
「歴史に学ぶとは、このような民族の行動パターンに学ぶことを言うのであろうか。」
という一文で終えられている。
そして、この冒頭と末尾の間に、
北朝鮮のミサイル発射や砲撃や韓国哨戒艇撃沈という行動経過をたどった上で、
次の見事な朝鮮半島における南北間の説明がある。
  ここまでたどれば、北朝鮮のネライは明らかだろう。
  金大中・盧武鉉政権時代の国家支援と秘密支援の蜜食いが体質化し、
  その後もオドシとタカリを繰り返すようになったのである。

そして、現在、
この二年前に古田教授によって指摘されていた北朝鮮のタカリが、
北朝鮮の韓国で行われる平昌オリンピック参加で行われているという訳だ。
何しろ、今の韓国の文在寅大統領は、
北朝鮮を「蜜食い体質化」した韓国からの
「国家支援と秘密支援」の韓国側実務担当者だったのだ。
この度、北朝鮮はヨダレを垂らしてオドシ・タカリをしたのである。
そして、このオドシとタカリの果てに
北朝鮮は、中距離に続く大陸間の核弾頭ミサイル(ICBM)完成を掌中に入れた。
この結果は、北朝鮮と
今や韓国の大統領に上り詰めた親北派文在寅の共作である。
従って、文在寅大統領の韓国を今までの韓国と思っていてはならない。
即ち、北朝鮮という共産主義独裁体制と自由主義陣営を分ける「38度線」は、
現在、韓国の釜山と我が国の対馬を隔てる幅50㎞の対馬海峡に
既に南下していると観るべきである。
ちなみに、北朝鮮のタカリの相手は韓国であるが、韓国のタカリの相手は、何処か、
・・・それは日本だ。

とはいえ、
本年に入って一ヶ月と五日しか経っていない本日、
世界とりわけ東アジアの雰囲気は一変している。
雰囲気一変の切っ掛けは、
つい二週間ほど前の北朝鮮の平昌オリンピック参加情報だ。
それまでは、
アメリカによる北朝鮮攻撃が迫っているという緊迫感があった。
しかし、北朝鮮のオリンピック参加の情報が流れて後は、
「平和の祭典」オリンピックの報道ばかりになった。
ということは、北朝鮮が「平和の祭典」に参加するということと同時に、
北朝鮮の独裁者が、ICBMを手に入れるという危険性が忘れられたのだ。
つまり、
何がリアルで、何がバーチャルかが分からなくなっている。
特に、急に平昌オリンピック情報を大量に流しはじめて、
氷上を滑る女の子の素直な魅力的な笑顔を大写しにする我が国のマスコミは、
明らかに、バーチャルとリアルの区別がつかなくなってバランスが狂っている。
さらに、このマスコミ以上に狂っているのが国会にいる面々だ。
本日の国会でも、まだ、森友問題をやっているではないか。

これこそ、
ポリティカル・インフォメーション・ウォーフェア(情報戦争)!
に翻弄されている我が国の惨めな情景だと思わざるをえない。

今のところ、
この情報戦争の勝者は北朝鮮であろう。
平和の祭典への参加というバーチャルな仮装をリアルな姿だと思わせ、
核弾頭ミサイルというリアルな現実をバーチャルなものとして隠している。
さらに、この情報戦争に
こっそりと参戦して勝者のうま味を味わっているのが中共で、
もう一人の勝者は文在寅で大多数の韓国国民は被害者である。
そして、
負けているという意識がなく敗けているのは我が日本である。
その負けている証拠の
第一、38度線が既に対馬海峡に南下していることを意識していない。
第二、多くの日本人を拉致して抑留している北朝鮮がオリンピックに参加することの偽善   を国際社会に訴えるべきであるという発想すらない。
第三、尖閣への中共の侵攻が北朝鮮問題を遙かに超える国難であることの自覚がない。
第四、北朝鮮の核弾頭ミサイルが既に日本に着弾可能であることを忘れている。

以上、本年に入って、特に顕著に行われているのは新しい戦争だ。
バーチャルとリアルの混合戦争
ポリティカル・インフォメーション・ウォーフェア情報戦争
その結果、我が国のマスコミと政治は、
国際情勢における現実感覚を喪失し、バーチャルとリアルの区別がつかなくなっている。

新着記事

  • 平成30年4月19日(木)
    私が、直感し確信したことを記しておきたい。それは、横田めぐみさんのご両親、父の滋さんと、母の早紀江さんには、日本を動かす力、そして、世界を動かす力が天から与えられている、ということだ。平成十四年九月十…
  • 平成30年4月16日(月)
    四月十五日、若狭町および若狭町教育委員会主催の佐久間艇長遺徳顕彰式典に出席した。式典の場所は、福井県三方郡八村北前川の佐久間艇長顕彰碑前。ここは、森の中の緩やかな斜面で、今も、上の方に、艇長の父上が宮…
  • 平成30年4月11日(水)
    いよいよ、歴史が回り始めた。それが、分からないのは、「森友と加計と日報の入ったビン」のなかでそれを追いかけ回している、あまりにも惨めで低級な「日本の国会」だけだ。雨もなく、地震もない。何の予兆もなく……
  • 平成30年4月10日(火)
    大学紛争時代の京都で、それぞれ吉田山の麓と大文字山の麓という指呼の間で同時期に学生生活をしていて、お互いに五十歳を過ぎてから、初めて相まみえた友人が奥山篤信さんだ。その彼が、六十歳を過ぎてから上智大学…
  • 平成30年4月6日(金)
    先の時事通信を、現在の「平和のための戦略」は、「軍備の増強」である、という結論で締めた。続いて、フェースブックで、その「軍備増強」とは、自衛隊の増強に限るのではなく、国民一人に一人が国を守るために戦う…

アーカイブ