大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

帰天されたるみ子さんの母増元信子さんに

平成29年12月15日(金)

十二月十二日午前六時、北朝鮮に拉致された増元るみ子さんの母
増元信子さんが死去された。
十五年前に、ご主人の増元正一さんが、
娘のるみ子さんに会えないまま、
「日本を信じろ」と子供達に言いのこして帰天され、
今また、母親の信子さんが、
娘に会えぬまま、逝かれた。
享年九十一歳だった。
信子さんの死去によって、
鹿児島県内の政府認定の拉致被害者の親御さんは、
全員帰天された。

告別式は、鹿児島県姶良市で、十四日午前十時から行われ、参列させていただいた。
北朝鮮に抑留されて参列できない娘のるみ子さんの明るい和服姿の写真を
姉のフミ子さんの娘さんが抱えて、るみ子さんに代わって焼香した。
そして、「会葬御礼」の挨拶状には、
子供達四人が、
喪主増元信一、るみ子、照明、平野フミ子と、そろって名を連ねていた。
北朝鮮にいる、るみ子さんも、母を見送ったのだ。

増元照明さんに、弔辞を、と頼まれ、
私は、次の通り増元信子さんの霊前で申し上げた。

娘のるみ子さんとの再会を念じながら、
会うことかなわず、旅立たれたこと、
実に、悲しく、また、無念であります。
そして、
まことに、申し訳ありません。
ご主人の正一さんは、「日本を信じろ」と言いのこされて、
十五年前に旅立たれました。
そのご主人のお言葉通り、あなた様は、日本を信じ、
娘さんのるみ子さんとの再会を、念じ、待たれていました。
しかし、我が国政治は、
未だに、自らの力で、るみ子さんを救出できず、現在に至っていること、
まことに、申し訳ありません。

我が国の政府、安倍内閣は、
拉致被害者を救出して日本に連れ帰るために
自衛隊を北朝鮮域内に投入するには、
「北朝鮮政府の同意がいる」
という見解を未だに維持しています。
しかし、本年末から新年、そして春に向かって、
北朝鮮が、
かつてのアルバニアのように、またカンボジアのように、
無政府状態に陥る事態が現実味をおびてきています。
その時、我が国政府は、「北朝鮮政府の同意」を待つのではなく、
総理大臣が、
北朝鮮政府の同意ではなく、
自らの決断によって、
直ちに、自衛隊に、
「北朝鮮から拉致被害者を救出せよ」との命令を発せねばなりません。
あなた様は、帰天されましたが、
それは、この世に留まっている我々と、
存在する場所が異なっただけのことであり、
ご主人とともに「拉致被害者救出」を念ずるあなた様の思いは、
今や、さらに強く、
現在ここにいる我々と共にあると全身で感じています。
これからは、どうか、ご主人と共に、
いざという事態が発生した時に、
総理大臣が、
直ちに自衛隊に対して拉致被害者救出命令を発するように、
そこから、安倍総理を励まし
、突き動かしていただきますようお願いいたします。
その意味で、生き死にの隔てはあろうとも、
我々の心は隔てなく一つです。

そして、私は、次の歌(蛍の光の歌詞)を歌わせていただいた。
  筑紫の極み 路の奥 海山遠く隔つとも
  その真心は隔てなく 
  一つに尽くせ国のため

新着記事

  • 平成30年9月15日(土)
    天皇がしらす國である我が国の歴史を振り返るとき、古事記の日本武尊と、身を捨てて荒ぶる海を鎮め愛する日本武尊を救った弟橘姫の物語から始まって、武士(もののふ)や軍人また兵士ら、そして、民族の運命に選ばれ…
  • 平成30年9月7日(金)
    九月二日には、高野山奥の院に建てられた「空」の墓碑の前で陸軍挺身落下傘部隊の将兵の慰霊祭が、遺家族、全日本空挺同志会会員、陸上自衛隊第一空挺団長および団員第三師団音楽隊そして信太山に駐屯して高野山を含…
  • 平成30年9月1日(土)
    平成の御代の最後の夏祭りそして秋祭りを目の当たりにして、泉州から大阪湾をへだてた西の徳島(阿波の国)の夏祭りである八月の阿波踊りの主催者同士がもめていた。徳島市が、毎年、阿波踊り振興協会の合同連が南内…
  • 平成30年8月23日(木)
    先の時事通信、平成30年8月21日、№1449、「我が国独自で尖閣を守る覚悟を!」に続いて、№1450、「我が国独自で拉致被害者を救出する覚悟を!」を配信する。諸兄姉は、この二つの通信を併せてお読み頂…
  • 平成30年8月21日(火)
    アメリカのトランプ大統領が、アメリカ・ファースト、つまり、二十一世紀のモンロー主義を掲げ、戦後の「世界の警察官」の役割から退却しようとしており、中共の習近平主席が、大中華帝国の再興を目指して膨張しつつ…

アーカイブ