大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

皇統継承は、退位ではなく譲位だ!

平成29年11月22日(水)

今上陛下から皇太子殿下への皇位の継承とは、
皇統の継承つまり皇統連綿のことであり、
即ち、これは、
「皇嗣即チ践祚シ祖宗ノ神器ヲ承ク」(真の皇室典範)ことである。
よって、
「退位」ではなく「譲位」と呼ばねばならぬ。

しかるに、
昨年八月八日の陛下のお言葉を承けた法律においても、
この度のマスコミの言葉使いにおいても、
「退位」という言葉のみを使う。

何故か、
「日本国憲法」と題する文書の第四条には、
「天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない」とあるので、
今上陛下は、御自ら、
皇統を皇嗣即ち皇太子に「譲る」とこはできず、
神器を皇太子に「譲る」ことはできず、
できるのはただ「退く」だけ、
あとは誰かがやるという「理屈」だ。

これは、一種の皇統の切断ではないか。
これでは、皇統の継承、皇統連綿、万世一系、
に、ならんではないか。

では、この我が国の、
歴史と伝統を無視した「理屈」を
平然と押しつける元凶は何処にあるのか。
それが、戦後体制、即ち、「日本国憲法体制」である。
そして、この体制下での仕事に全身全霊を挙げて固執する官僚組織である。
そう、女の子にカネを渡して酒を飲んで体に触って歓談することを、
貧困調査だと言ってのけることができる者が出世する組織だ。
この組織は、
たとえスターリンの下でも金正恩の下でも優秀な仕事ができる組織であり、
マッカーサーの下で優秀さを発揮した実績を誇る組織、
よって、未だにマッカーサー憲法に忠実で我が国の歴史と伝統を無視する組織だ。
つまり、所詮、親分が強い指示を与えれば、その通り動く組織である。

安倍内閣は、
加計学園問題で、この組織の出世頭の「屁理屈」の馬鹿さ加減に辟易したのであるから、
この重要問題をこの組織に任せず、強い指示を出してその通り動かさねばならなかった。
ましてをや、安倍内閣は、
「戦後体制からの脱却」を掲げ「日本を取り戻す」ことを目的とするのではなかったのか。
では、何故、
この度の皇統の継承、皇統連綿という、
我が国、日本が、日本であるための最深かつ最重要の要(かなめ)のことに関し、
官僚組織の屁理屈に流されずに、
皇統継承の深奥を直視して、適切な用語を重視して、
言葉において、戦後体制から脱却し、日本を取り戻そうとしないのか。

私は、平成二十八年八月八日の今上陛下のお言葉に関して述べられた
次の皇后陛下のお言葉を思い起こし、
胸が痛む。
  
  八月に陛下の御放送があり
  ・・・謹んでこれを承りました。
  ただ、新聞の一面に、
  「生前退位」
  という大きな活字を見たときの衝撃は大きなものでした。
  それまで私は、歴史の書物の中でもこうした表現に接したことが、
  一度もなかったので、一瞬驚きとともに、
  痛みを覚えたのかもしれません。
  私の感じ過ぎであったかもしれません。

新着記事

  • 平成30年4月19日(木)
    私が、直感し確信したことを記しておきたい。それは、横田めぐみさんのご両親、父の滋さんと、母の早紀江さんには、日本を動かす力、そして、世界を動かす力が天から与えられている、ということだ。平成十四年九月十…
  • 平成30年4月16日(月)
    四月十五日、若狭町および若狭町教育委員会主催の佐久間艇長遺徳顕彰式典に出席した。式典の場所は、福井県三方郡八村北前川の佐久間艇長顕彰碑前。ここは、森の中の緩やかな斜面で、今も、上の方に、艇長の父上が宮…
  • 平成30年4月11日(水)
    いよいよ、歴史が回り始めた。それが、分からないのは、「森友と加計と日報の入ったビン」のなかでそれを追いかけ回している、あまりにも惨めで低級な「日本の国会」だけだ。雨もなく、地震もない。何の予兆もなく……
  • 平成30年4月10日(火)
    大学紛争時代の京都で、それぞれ吉田山の麓と大文字山の麓という指呼の間で同時期に学生生活をしていて、お互いに五十歳を過ぎてから、初めて相まみえた友人が奥山篤信さんだ。その彼が、六十歳を過ぎてから上智大学…
  • 平成30年4月6日(金)
    先の時事通信を、現在の「平和のための戦略」は、「軍備の増強」である、という結論で締めた。続いて、フェースブックで、その「軍備増強」とは、自衛隊の増強に限るのではなく、国民一人に一人が国を守るために戦う…

アーカイブ