大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

皇統継承は、退位ではなく譲位だ!

平成29年11月22日(水)

今上陛下から皇太子殿下への皇位の継承とは、
皇統の継承つまり皇統連綿のことであり、
即ち、これは、
「皇嗣即チ践祚シ祖宗ノ神器ヲ承ク」(真の皇室典範)ことである。
よって、
「退位」ではなく「譲位」と呼ばねばならぬ。

しかるに、
昨年八月八日の陛下のお言葉を承けた法律においても、
この度のマスコミの言葉使いにおいても、
「退位」という言葉のみを使う。

何故か、
「日本国憲法」と題する文書の第四条には、
「天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない」とあるので、
今上陛下は、御自ら、
皇統を皇嗣即ち皇太子に「譲る」とこはできず、
神器を皇太子に「譲る」ことはできず、
できるのはただ「退く」だけ、
あとは誰かがやるという「理屈」だ。

これは、一種の皇統の切断ではないか。
これでは、皇統の継承、皇統連綿、万世一系、
に、ならんではないか。

では、この我が国の、
歴史と伝統を無視した「理屈」を
平然と押しつける元凶は何処にあるのか。
それが、戦後体制、即ち、「日本国憲法体制」である。
そして、この体制下での仕事に全身全霊を挙げて固執する官僚組織である。
そう、女の子にカネを渡して酒を飲んで体に触って歓談することを、
貧困調査だと言ってのけることができる者が出世する組織だ。
この組織は、
たとえスターリンの下でも金正恩の下でも優秀な仕事ができる組織であり、
マッカーサーの下で優秀さを発揮した実績を誇る組織、
よって、未だにマッカーサー憲法に忠実で我が国の歴史と伝統を無視する組織だ。
つまり、所詮、親分が強い指示を与えれば、その通り動く組織である。

安倍内閣は、
加計学園問題で、この組織の出世頭の「屁理屈」の馬鹿さ加減に辟易したのであるから、
この重要問題をこの組織に任せず、強い指示を出してその通り動かさねばならなかった。
ましてをや、安倍内閣は、
「戦後体制からの脱却」を掲げ「日本を取り戻す」ことを目的とするのではなかったのか。
では、何故、
この度の皇統の継承、皇統連綿という、
我が国、日本が、日本であるための最深かつ最重要の要(かなめ)のことに関し、
官僚組織の屁理屈に流されずに、
皇統継承の深奥を直視して、適切な用語を重視して、
言葉において、戦後体制から脱却し、日本を取り戻そうとしないのか。

私は、平成二十八年八月八日の今上陛下のお言葉に関して述べられた
次の皇后陛下のお言葉を思い起こし、
胸が痛む。
  
  八月に陛下の御放送があり
  ・・・謹んでこれを承りました。
  ただ、新聞の一面に、
  「生前退位」
  という大きな活字を見たときの衝撃は大きなものでした。
  それまで私は、歴史の書物の中でもこうした表現に接したことが、
  一度もなかったので、一瞬驚きとともに、
  痛みを覚えたのかもしれません。
  私の感じ過ぎであったかもしれません。

新着記事

  • 平成30年7月12日(木)
    六月十二日の、シンガポールにおけるトランプ氏が上機嫌に成功したと謳った米朝首脳会談の後、現実味を帯びていた「斬首作戦」は忘れられ、米韓合同軍事演習も中止され、急速に、一体、何を騒いでいたのか、分からな…
  • 平成30年7月5日(木)
    先の時事通信と重複するが、「月刊日本」誌に送稿した一文を次に掲載する。これを書いていた時、平成十四年の小泉純一郎総理と金正日委員長との日朝首脳会談の下準備交渉をしてシナリオを書いていた、外務省アジア大…
  • 平成30年7月4日(水)
    七月二日、愛媛県松山市で開かれた愛媛県下の拉致議連総会後の講演会に出席し、配布された政府資料を見た。その政府の作った拉致被害者リストは、こと、ここに至っても、昭和五十二年(一九七七年)九月の久米裕拉致…
  • 平成30年6月27日(水)
    昨日の時事通信で、明治維新の思想も資金も、全て日本の自腹であり、欧米からの資金で維新が成されたのではない、と指摘した。その「思想」とは、万世一系の歴史のなかで生まれ自覚されてきた「日本人の魂」であり……
  • 平成30年6月26日(火)
    明治維新百五十年を語る中で、その資金源の観点から語ってみる。もちろん、研究者の視点から見れば、私の論は、雑な論である。しかし、かなり以前から、明治維新は、イギリスやフランスからの資金で成功した、という…

アーカイブ