大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

「安倍総理大臣、切にお願いする、靖国神社に参拝されたい」

平成29年11月2日(木)

十月二十二日、本通信No1372号
「安倍総理は靖国神社に参拝して内なる国難を克服せよ」
を送信した。
この送信内容は、私が、
総選挙最終日の二十一日の夕刻、東京数寄屋橋の雨の街頭で、

総理大臣は、
この選挙を、国難突破の為の総選挙だと言った。
そうであれば、
靖国神社に参拝しなければならない。
靖国神社に参拝できない者が、
どうして国難を突破できようか。

と演説したことであった。
立ち止まって聴いてくれている人々から、
そうだ、という声と拍手があった。

そこで、総選挙が安倍総理の圧勝に終わり、
一旦総辞職した安倍総理は、
昨日の特別国会で改めて総理大臣に指名され、その指名を受けて、
天皇から総理大臣に任命されたうえで、
閣僚を選任して新しい安倍内閣が発足した。
そして、いよいよ、
アメリカからトランプ大統領の訪問を受けて、
この晩秋に、日米共同して北朝鮮を発火点とした東アジアの動乱に対処する腹を固めることとなる。

すると、畏友の奥山篤信さんから、

安倍さん来日するトランプさんと靖国堂々参拝してください。
これで全ての問題が解決するんですわ。

というメールが届いた。
私の思いとドンピシャリである。
早速、奥山さんに、
その通りです!その通りや!
とメールで返答した。
すると、奥山さんにメールしただけでは気が済まなくなり、
本通信を書く次第。
しかし、長々と理屈を述べる必要はない。
靖国神社への参拝に関して、
日本人なら理屈を言わなくても分かる。
分からん者には理屈をいくら説明しても分からない。

総理大臣として、靖国神社に参拝しないことを、
痛恨の極み
と公的に述べた安倍総理が、
この期に及んで靖国神社に参拝しないならば、
それは、国家と民族への裏切りになる。

靖国神社には、
国難を克服するために命を捧げた英霊が祀られている。
従って、国難を突破すると国民に明言した総理大臣は、
真摯に、謙虚に、心から、その靖国神社に参拝しなければならない。
にも拘わらず、参拝できない理由を、
今までのように、したり顔に説明するのは傲慢であり英霊に対して無礼である。
正直に、臆病者だから某国の反発が怖くて参拝できないと言うべきだ。
しかし、この度は国難突破を国民に公言している以上、
他国の反発を恐れて靖国神社に参拝できない者が
国難を突破できるはずがないのだから
総理を辞職すべきだ。
繰り返すが、
国難を突破すると国民に明言した総理大臣は
靖国神社に参拝しなければならない。
参拝できないのなら、
総理を辞任すべきだ。

アメリカのトランプ大統領は日米同盟を強固にする為に来日する。
この日米両国は、七十二年前に、戦争をしていた。
安倍総理は、アメリカで
日本軍と戦って戦死したアメリカ軍兵士が眠るアーリントン墓地に参拝した。
同様にトランプ大統領は、日本で
アメリカ軍と戦って戦死した日本軍兵士を祀る靖国神社を参拝する。
その時、安倍総理もトランプ大統領と共に参拝し、
世界に、正々堂々と、敵味方の恩讐を超えた日米同盟の姿を示す。
これこそ、ペリー提督来航による嘉永七年(一八五四年)の日米和親条約締結以来
百六十三年にわたる日米交流史の画期的場面ではないか。

日米両首脳が共に靖国神社に参拝する。
これほどの、日米の絆の宣明があろうか。

トランプ大統領は、
アメリカでアーリントン墓地に参った安倍総理が、
外務省の中共などの意向を体した臆病役人の
まわりくどいご高説に惑わされることなく、
自ら、トランプ大統領に、
靖国神社に祀られている英霊のことを説明し、
来日した折に、
靖国神社に共に参拝しようと提案すれば、
その意義を理解して、安倍総理とともに、靖国神社に参拝する人物だと思う。

以上の通り、
安倍晋三内閣総理大臣、
日本の為に、
国難克服の為に、
心より切にお願いする。
靖国神社にご参拝いただきたい。

新着記事

  • 平成31年3月24日(日)
    先の三月二十二日付け「時事通信」「火山の噴火口の上にいるのが分からんのか」に続き、戦後の連合軍による占領下で誕生した「日本国憲法」を如何にするか、について記すことにする。まず、二月二十一日付けの「時事…
  • 平成31年3月22日(金)
    我が国の現在のマスコミの報道内容と政界の議論を見ていると、アメリカと中共との対立は、景気判断の範疇における米中摩擦が世界経済に与える「景気減速要因」という次元・レベルでとらえられている。その上で、安部…
  • 平成31年3月12日(火)
    昨日と一昨日を振り返れば、この二日間は、戦いにおける将兵の戦死、戦いにおける民間人の殺戮そして、地震と津波による死者これら多くの人が亡くなった日として記憶されねばならない。明治三十八年(一九〇五年)三…
  • 平成31年3月11日(月)
    本日三月十一日は、八年前に、東日本大震災と巨大津波が東方地方太平洋側を襲った日である。死者は一万五八九七人、行方不明者は二千五三三人。それ故、マスコミは、全国での追悼慰霊の様子を伝え、被災者と被災地の…
  • 平成31年3月9日(土)
    千数百年以上まえから只今現在まで、同じことが繰り返し起こる朝鮮半島は、我が国にとって、不安定で厄介なところである。斯くして、現在、平成三十一年の二月の末、北朝鮮の労働党委員長という肩書きの三代目の独裁…

アーカイブ