大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

左翼を選別し排除した小池百合子さんを賞める

平成29年10月30日(月)

先に10月3日、
本通信で、「小池百合子という現象」に関して書いた(No1367)。
それ故、10月30日の今は、
もう既に「あれはなんだったのか」
と回顧するところまで時は急に進んだとはいえ、
「小池百合子という現象」について、
再び書いておく気になった。
何故なら、
小池さんを褒めねばならないと思うからだ。

10月3日の時点では、
マスコミもそこに押し寄せた難民、いや、立候補予定者も、
「希望の党」は、
政権交代を迫る勢力に膨れ上がっている、
従って、この度の総選挙は
「政権選択」を迫る選挙であると大いに囃し立てており、
与党の自民と公明からも、
安倍総理の解散総選挙の決定は裏目に出たとの愚痴も聞こえてきていたのに、
10月22日の与党圧勝の選挙結果が出てからは、
マスコミもそこに押し寄せた難民、いや、候補者も、
手のひらを返したように、その責任を、
「排除する」や「選別する」発言をした小池さんにかぶせている。
風船(現象)を大きく膨らませている小池さんを
褒め称えて蜜に集まる蜂のように群がった連中とマスコミが、
風船がしぼめば小池さんを非難している。

馬鹿か、こいつら、と思わざるをえない。

そこで、
マスコミと群がった人士に尋ねる。
その風船は何だったのかと。

風船が内容空虚なら、また、集まった貴君達が馬鹿馬鹿しいなら、
しぼんだほうがお国のためであり、
しぼめた小池さんこそ賞賛に値するではないか。
私は、前の時事通信で、
小池さんは国会内に希望の党というネバーランドを誕生させようとしており、
我が国の政権をこのネバーランドに委ねるなど、
とんでもない、と書いた。

そう!しぼんでよかったのだ。

しぼめたのが、小池さんなら、褒めてあげねばならない。

しかし、しかしだ。
パリから帰国した小池さんは、
希望の党の人気が失速し総選挙で敗北したことを
自分の「排除する」とか「選別する」とかの発言が悪かったからだと謝罪したのだ。
これは何を意味するのか。

これは、この時、小池さんは、
既に政治家でもなんでもなく、
ただの、興行師、
であったということだ。
南フランスに絵を描きに行っている友人の絵描きが、
パリで小池さんがボンジュールと言っているニュースを見て、
これほど軽い仕事なのかと思った、
とメールをくれたが、
小池さんは、既に政治家ではなく、
中身よりも風船の大きさだけを気にする興行師だから軽く見えたのだ。

卓越した評論家の故山本七平さんに「空気の研究」という著書がある。
山本さんが、大東亜戦争中の昭和20年4月に、
戦艦大和を沖縄に出撃させる作戦立案に関与した人々に面接して、
何故、確実に撃沈されるのが分かっているのに大和を出したのか、
と聴いたところ、
その理由を軍事的に明確に答ええた人はなく、
ただ、異口同音に
「あの時の『空気』では、出撃させる以外になかった」と答えたという。
その答えを聞いて、山本さんは、
その時には強い拘束力をもって人に一定の行動を要求するが
その時が過ぎ去れば、
それが何だったのか、説明できなくなるものを「空気」だとして、
「『空気』の研究」を書いた。

あの都民ファーストの成功以来、いや、都知事選挙勝利以来、
小池さんは、この得体の知れない「空気」に身を任せていたのか。
しかし、そうであっても、なかっても、
小池さんの、「排除」と「選別」は、
政治家として、正しかったのだ。

あの民進党やその他にいる
「憲法9条が歩いているような左翼」や
「安保法制廃止を叫ぶ北朝鮮や中共を喜ばすだけの馬鹿達」が
小池さんの膨張を続ける風船になだれ込んでいたら、
悪夢のような左傾化の膨張ではないか。
それを阻止した小池さんは、
賞賛に値する。
このこと、「小池百合子という現象」のなかでの小池さんの功績だ。

しかし、次のことは残念であると、
小池さんに苦言する。
小池さんの「選別」によって希望の党から「排除」された、
顔を見ただけでも左翼と分かる左翼や
北朝鮮を喜ばせる組の連中に
国民の同情があつまり、
予期せぬ大勝をさせてしまったことっだ。
これでまた日本国民は、
これら反日の連中の歳費を税金で負担せねばならなくなったではないか。
仮に、これらが混入したままの元の馬鹿馬鹿しい民進党で総選挙をさせていたら、
これらは多く落選し、東日本大震災の時に、
東電本社でわめくだけしかできなかった左翼の首相経験者も、
その他も、確実に消えていたのに、と思えるのだが。

新着記事

  • 平成30年12月8日(土)
    本日十二月八日、第二次世界大戦の、偽善と大義を記しておきたい。偽善とは、我が国の中学校の教科書で教えられた一九四一年(昭和十六年)八月十二日、アメリカのF・ルーズベルト大統領とイギリスのウィンストン・…
  • 平成30年12月7日(金)
    大東亜戦争の開戦日を明日に控えた本日、特に二つのことを指摘しておきたい。この二つのことは、戦後体制、即ち、正当な言論を封殺することによって有利な地位を得ようとする者達の体制つまり、GHQの対日プレスコ…
  • 平成30年11月24日(土)
    先の「プーチンのレッテルの詐欺」に続いて、さらに日露関係について記した。重複もあるがご一読いただきたい。歴史を見つめ、腹の底に憤怒の思いを持つことも「礼服を着た戦闘」ともいわれる外交には必要だ。 平成…
  • 平成30年11月15日(木)
    十一月十二日、遙か朝鮮半島南端の山々を望める対馬の上見坂の高台から、眼下の小雨にけぶる浅茅湾と芋崎の方向を見つめ、遙か北方の樺太を思った。そして、同行の仲間に言った。十九世紀半ばに一貫したユーラシア東…
  • 平成30年11月7日(水)
    今まで、時々断片的に、明治百五十年に関して私の中に浮かぶ思いを書いてきた。その一環として、日本と西洋、どちらが文明でどちらが野蛮か、西郷隆盛とその同時代人の論議に触発された思いを記しておきたい。「月刊…

アーカイブ