大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

今こそ総選挙の大義を語る秋

平成29年10月7日(土)

この度の総選挙で各党は何を訴えるているのか。
共産党や民進党から流れ出た立憲民主党とかいうのや社民は、
訴えを聞かなくとも、彼らの面を見れば分かる。
反安保、護憲、地方分権だ。
そして昨日、
小池百合子氏率いる「希望の党」の政策が発表された。
発表したのは、
もちろん、キャスターの小池百合子氏だ。
アベノミクスに対してユリノミクスだ、と。
さすがにプロだ、上手いもんだ。
元検事のオコゼやイケメンではとうていできない発表の仕草だ。
しかし、その内容は?
東京の犬伏秀一君が、書いている通り。
「これが分かれば国語能力に問題があります。脳神経外科を受診すべきです」
ということだ。

さらに言う。
「羊頭を掲げて狗肉を売る」
という言葉がある。
これは、羊の頭を掲げて羊の肉を売っているように宣伝して、
実は狗(犬)の肉を売って羊の肉と同じ代金を手に入れることを言う。
これは、人を騙し、たぶらかすことだ。
つまり、悪いことだ。
では、この言葉を
「希望の党」の言う「政権選択を問う選挙」との主張に当てはめる。
小池百合子氏は、
言葉巧みに「風」を売って、肉の代金をせしめようとしているのではないか。
政権選択を問う選挙において、
掲げるべきは「人」である。
つまり、誰を内閣総理大臣にするのか、である。
何故なら、政治は、実践であり、
政策を実現するのは「理念」や「制度」という
耳に心地よい「言葉」ではなく「人」であるからだ。
その「人」を掲げずに、
「改革」とか「規制緩和」とか「ユリノミクス」とかの
抽象的な言葉を掲げて総選挙に臨むのは
「実態不明の風」を掲げて有権者を惑わす一種の詐術であり、
「羊頭という実態」を掲げるより、さらに悪質だ。
「羊頭」を掲げられれば、
買った後で、その実態を見て、
騙された、馬鹿だった、とかの点検と反省という学習と責任追及ができる。
しかし、今の「希望の党」のやり方は、
国民を点検も反省も不能の愚民扱いするものだ。
「希望の党」いや「希望の風」は、
選挙が終わってから誕生したチルドレンに、
東京都知事が、
首班指名は、「アレ」にせよと命令すればすむとでも思っているのか。
その「アレ」とは、
何処の党のどうゆう者か、
たとえ蜂の頭でも、蜘蛛でも、
東京都知事が指名できるとでも思っているのか。
一体、国民を何だと思っているのだ。

「希望」も、「維新」も、「立憲」も「共産」も、
我が国を取り巻く厳しい情勢を見ずに、
○○劇場の即席興行で踊りほざいている。

・・・    ・・・    ・・・

さて、本論ではないことに、これ以上言及するのは止める。
そして、
安倍総理に言う。
今こそ、この度の「総選挙の大義」を
日本国民に堂々と宣言する秋が来た、と。

その「大義」とは、
既に総理が、
九月二十日の第72回国連総会において、
世界に向かって公言したことだ。
世界は、
特に、アメリカと北朝鮮は、
その「大義」を目の当たりに聞いた。
従って、次に総理は、
日本国民に向かってその「大義」を訴え、
日本国民にその「大義」を周知徹底しなければならない。
この度の総選挙は、
日本国民が、
その「大義」のもとに団結するための選挙なのだ。

そうでなければ、
アメリカは、
総理は国連で空論を語ったのかと疑い、
北朝鮮は、
日本は従来通り、核とミサイルで、オドシてユスレば、金を出すと見くびる。

我が国のマスコミは、
この度の国連総会における日米両首脳の歴史的な連携を報道しなかった。
従って、次に、
九月十九日の国連総会におけるトランプアメリカ大統領の演説と、
翌二十日の安倍総理の演説を掲げ、
この両演説の直後の、この度の解散と総選挙が、
日本国民が、安倍総理大臣のもとで、国連で宣言されたとおり、
動乱を乗り越えて北朝鮮の核とミサイルの脅威を除去する覚悟を固めるために行われるものであることを腹の底から認識したい。

☆19日に、国連で、トランプ大統領は次のように言った。

北朝鮮の堕落した政権ほど、
他の国家や自身の国民の幸福をないがしろにしたものは、他のどこにもない。
北朝鮮人民の数百万人規模の餓死、投獄、拷問、殺戮、
そしてさらに無数の人々への抑圧は、彼らの責任である。
われわれは皆、
無辜のアメリカ人学生オットー・ワームビアが、虐待のあげく、余命わずか数日という状態でアメリカに戻ってきたことを目にした。
われわれはまた、
北の独裁者の兄が、某国国際空港で、禁止毒物を使って暗殺されるところも見た。
またわれわれは、
日本のわずか13歳の少女が、北朝鮮のスパイに、日本語を教えさせるため、母国の海岸から拉致されたことも知っている。
もしこの政権を充分に抑え込まないならば、
現在の北朝鮮の核兵器と弾道ミサイルへの無分別な執着は、
想像もつかない人命の損失を伴う、世界全体の脅威となる。

アメリカは、大きな力とともに忍耐力も持ち合わせているが、
もし自国、または、同盟国を防御せざるを得なくなれば、
北朝鮮を完全に壊滅させる以外の選択肢はなくなるだろう。

☆20日に、国連で、安倍総理は次のように言った。

脅威はかつてなく重大です。
眼前に、差し迫ったものです。
われわれが営々続けてきた軍縮の努力を、
北朝鮮は、一笑に付そうとしている。
不拡散体制は、
その、史上最も確信的な破壊者によって、
深刻な、打撃を受けようとしている。

対話とは、
北朝鮮にとって、われわれを欺き、時間を稼ぐため、むしろ最良の手段だった。
なによりそれを、次の事実が証明している。
すなわち1994年、
北朝鮮に核兵器はなく、弾道ミサイルの技術も、成熟にほど遠かった。
それが今、水爆と、ICBMを手に入れようとしているのです。
対話による問題解決の試みは、
一切ならず、無に帰した。
なんの成算あって、われわれは三度、同じ過ちを繰り返そうというのでしょう。
北朝鮮に、
すべての核・弾道ミサイル計画を、
完全な、検証可能な、かつ、不可逆的な方法で、放棄させなくてはなりません。
そのために必要なのは、
対話ではなく、圧力なのです。

議長、同僚の皆様、
横田めぐみという、13歳の少女が、北朝鮮に拉致されて、
本年11月15日、ついに40年を迎えます。
めぐみさんはじめ、多くの日本人が、いまだに北朝鮮に、拉致されたままです。
彼らが、一日も早く祖国の土を踏み、
父や母、家族と抱き合うことができる日が来るように、
全力を尽くしてまいります。
北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対して、
日本は、
日米同盟によって、また、日米韓三国の結束によって、立ち向かいます。
「全ての選択肢はテーブルの上にある」とする
米国の立場を、
一貫して支持します。

拉致、核、ミサイル問題の解決なしに、
人類全体の脅威となることで、拓ける未来など、あろうはずはありません。
北朝鮮の政策を変えさせる。
そのために私たちは、結束を固めなければなりません。

以上、日米両首脳の国連という同じ場所で相次いで行われた決意の表明である。
よて、日米共同して、
東アジアと人類共通の脅威である
北朝鮮の核とミサイルを除去し、
拉致された被害者を救出する。
そのため、
国民の団結を基盤とする安倍戦時内閣
を構築する。
これが、
この総選挙の大義である。

新着記事

  • 平成30年2月24日(土)
    本日は、昨夜来、心に浮かんだことを書きたい。時事通信、偶成である。幕末の討幕派、戊辰の役の勝利者となった薩摩・長州・土佐・肥前の下級武士が、維新後、俄に栄達して権勢を誇り、東京と改められた江戸で、大邸…
  • 平成30年2月20日(火)
    「伝統と革新」誌から次号のテーマである「神道と現代日本・・・宗教・闘争・平和」に関する原稿用紙二十枚の執筆依頼を受けたので、二月十六日と十七日の二日間で書いた。しかし、私には、宗教に関する学識は無く……
  • 平成30年2月19日(月)
    本年二月に入り、本日までのことを記しておきたい。、二日に、大阪のザ・シンフォニーホールで演奏された神武天皇の東征と即位を謳った、北原白秋作詞、信時潔作曲の交聲曲「海道東征」を聴き、その演奏後に、大伴家…
  • 平成30年2月14日(水)
    我が國體から観た明治維新、即ち、天皇の明治維新について、この度、「月刊日本」に送稿した一文を次に記しておきたい。・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・   再び、明治百五十年に…
  • 平成30年2月8日(木)
    日本人が日本人である限り、楠正成は忘れられることなく甦り続ける。特に、国家に危機が迫るとき、日本人は、幕末でも、日清日露戦役でも、大東亜戦争においても、楠正成を思い、正成のように天皇と国家の為に力を尽…

アーカイブ