大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

軍人の視点からの判断

平成29年9月13日(水)

昨日、「安保理決議は軍事力行使の手段である」
と題する時事通信を発信してから、
夕方に、大阪で元航空支援集団司令官で空将の織田邦男閣下の話を聞く機会があった。

私は、昨日の時事通信で、
アメリカのトランプ大統領は、
明確に軍事によって北朝鮮無力化しようとしていると書いたのだが、
織田邦男閣下は、
軍人のマティス国防長官は、
北朝鮮に対して、アメリカの軍事力を行使しない、
もし、トランプ大統領が軍隊を動かそうとすれば、
彼は、後ろから大統領を羽交い締めにしてでも止めるだろうと言われた。
その根拠は、
例えば、三十八度線のすぐ南のソウルおよび近郊には
二千万人の韓国人住民と数十万のアメリカ人がいて、
北朝鮮の反撃により、あまりにも悲惨な事態になるからだ。

話を聞いてから私は、
織田閣下に、次の質問をした。
軍人の北朝鮮への軍事力行使は不可との判断はよく分かる。
しかし、歴史は、軍人の意見ではなく、
その時、首相や大統領の地位にあった
軍事に素人の軍人でない者の判断や衝動によって動いてきた。
アメリカ大統領のトランプ氏には、
北朝鮮の独裁者が、アメリカ本土に届く核弾頭ミサイルを完成させるのを、
何もできずに呆然と眺めていた史上最低の大統領であるという汚名を
免れようとする衝動がある。
その衝動が、斬首作戦に踏み込ますのではないか。
これに対して、織田閣下は、
北朝鮮が先に「真珠湾」を仕掛ければ、
斬首作戦はありうると答えられた。

以上、織田邦男閣下の、
軍人の視点からの貴重な話を、
昨日の私の時事通信に加えて記しておきたい。

結局、織田閣下の結論は、次の通りで、
全く同感であった。

アメリカは、アメリカの国益に基づいて、アメリカの判断で動く。
日本も、日本の国益に基づいて、日本の判断で動かねばならない。
北朝鮮が、アメリカに届く ICBMを開発中だと心配いている日本は、
北朝鮮が、既に日本に届く中距離核弾頭ミサイルを保有していることを心配し、
自らの判断と力で、
如何にしてその脅威を抑止するか
如何にして拉致被害者全員を救出するか、に取り組まねばならない。
ことここに至っても、
アメリカがなんとかしてくれると、
アメリカの対北朝鮮軍事行動に期待したまま、
思考を停止してはならない。

新着記事

  • 平成30年7月19日(木)
    先に、「明治を甦らせる」として、明治と、昭和そして現在の連続性を回復することこそ、これからの我が国の「独立自尊の進路の決断」に必要なことだと書いた。そして、その連続性を回復する為の障害が、明治の日露戦…
  • 平成30年7月18日(水)
    明治を現在に甦らせよ!先日の産経新聞の「明治ルネッサンスで時代に新風を」と題する「正論」は、新保祐司氏が執筆し、明治という時代には「まさに『明治の栄光』というトーンがふさわしい」と述べた上で、次のよう…
  • 平成30年7月12日(木)
    六月十二日の、シンガポールにおけるトランプ氏が上機嫌に成功したと謳った米朝首脳会談の後、現実味を帯びていた「斬首作戦」は忘れられ、米韓合同軍事演習も中止され、急速に、一体、何を騒いでいたのか、分からな…
  • 平成30年7月5日(木)
    先の時事通信と重複するが、「月刊日本」誌に送稿した一文を次に掲載する。これを書いていた時、平成十四年の小泉純一郎総理と金正日委員長との日朝首脳会談の下準備交渉をしてシナリオを書いていた、外務省アジア大…
  • 平成30年7月4日(水)
    七月二日、愛媛県松山市で開かれた愛媛県下の拉致議連総会後の講演会に出席し、配布された政府資料を見た。その政府の作った拉致被害者リストは、こと、ここに至っても、昭和五十二年(一九七七年)九月の久米裕拉致…

アーカイブ