大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

軍人の視点からの判断

平成29年9月13日(水)

昨日、「安保理決議は軍事力行使の手段である」
と題する時事通信を発信してから、
夕方に、大阪で元航空支援集団司令官で空将の織田邦男閣下の話を聞く機会があった。

私は、昨日の時事通信で、
アメリカのトランプ大統領は、
明確に軍事によって北朝鮮無力化しようとしていると書いたのだが、
織田邦男閣下は、
軍人のマティス国防長官は、
北朝鮮に対して、アメリカの軍事力を行使しない、
もし、トランプ大統領が軍隊を動かそうとすれば、
彼は、後ろから大統領を羽交い締めにしてでも止めるだろうと言われた。
その根拠は、
例えば、三十八度線のすぐ南のソウルおよび近郊には
二千万人の韓国人住民と数十万のアメリカ人がいて、
北朝鮮の反撃により、あまりにも悲惨な事態になるからだ。

話を聞いてから私は、
織田閣下に、次の質問をした。
軍人の北朝鮮への軍事力行使は不可との判断はよく分かる。
しかし、歴史は、軍人の意見ではなく、
その時、首相や大統領の地位にあった
軍事に素人の軍人でない者の判断や衝動によって動いてきた。
アメリカ大統領のトランプ氏には、
北朝鮮の独裁者が、アメリカ本土に届く核弾頭ミサイルを完成させるのを、
何もできずに呆然と眺めていた史上最低の大統領であるという汚名を
免れようとする衝動がある。
その衝動が、斬首作戦に踏み込ますのではないか。
これに対して、織田閣下は、
北朝鮮が先に「真珠湾」を仕掛ければ、
斬首作戦はありうると答えられた。

以上、織田邦男閣下の、
軍人の視点からの貴重な話を、
昨日の私の時事通信に加えて記しておきたい。

結局、織田閣下の結論は、次の通りで、
全く同感であった。

アメリカは、アメリカの国益に基づいて、アメリカの判断で動く。
日本も、日本の国益に基づいて、日本の判断で動かねばならない。
北朝鮮が、アメリカに届く ICBMを開発中だと心配いている日本は、
北朝鮮が、既に日本に届く中距離核弾頭ミサイルを保有していることを心配し、
自らの判断と力で、
如何にしてその脅威を抑止するか
如何にして拉致被害者全員を救出するか、に取り組まねばならない。
ことここに至っても、
アメリカがなんとかしてくれると、
アメリカの対北朝鮮軍事行動に期待したまま、
思考を停止してはならない。

新着記事

  • 平成30年1月11日(木)
    現在直面している我が国を取り巻く国際情勢は、実は、明治維新前後から我が国が直面した情勢と相似形であると思われる。しかも、それを克服する為の我が国国内の条件も、明治と同じにならなければ克服できないという…
  • 平成30年1月10日(水)
    昨日、一月九日、朝鮮半島の南北は同時に動いていた。南の韓国は、平成二十七年十二月末の従軍慰安婦に関する日韓合意に対する「検証結果」を発表し、同時刻、南と北は、三十八度線の南北軍事境界線の韓国内の施設に…
  • 平成30年1月6日(土)
    年頭にあたって、台湾の戦略的重要性については既に述べたが、さらに、台湾について書く。その上で、台湾と文明が全く異なる「朝鮮の南と北」が、昨年末から新年に入って、また同じことを繰り返し始めたので最後に触…
  • 平成30年1月4日(木)
    新年おめでとうございます。お元気に、新年を迎えられたことと、お慶び申し上げます。次に、新しい年の初めに、浮かんだ思いを申し上げます。まず、旧臘二十三日の天長節(天皇誕生日)から新年の祝賀へと、皇居への…
  • 平成29年12月27日(水)
    激動の新年を迎えるにあたり、やはり、その「未知の激動」に対処する「着想」、そして「決断」、「覚悟」を述べておきたい。二十六日と二十七日、新聞で防衛省が、護衛艦「いずも」をF35B戦闘機を離着陸させる「…

アーカイブ