大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

世界史の大流が促す北朝鮮と中共の崩壊

平成29年9月3日(日)

我らの目の黒いうちに、必ず北朝鮮と中共は崩壊する。

これが世界史の大流だ。
その大流とは、
古代から中世そして近世を経て現在に至る諸国民の自由を求める流れである。
この流れから北朝鮮と中共を俯瞰すれば、
それらは、共に、
古代的もしくは中世的権威主義的暴力的独裁の中に閉じ込められている。
従って、その元凶の
北朝鮮の金独裁王朝と中国共産党独裁体制は必ず崩壊する。

東アジアの未来は、明るいのだ!

八月二十九日早朝の北朝鮮の中距離弾道ミサイル発射以来、
マスコミに現れる議論は、
この歴史観を欠落させている。
従って、マスコミでは、
ミサイルの専門家的議論に多くの時間が費やされ、
同時に、トランプ大統領が何をするかを憶測する議論が横行している。
つまり、
トランプ大統領が北朝鮮に対して斬首作戦を実施すれば、
東アジアの諸国民に動乱が襲う、
しかし、実施しなければ平和が続く、実施しないほうがいい、
また、
米韓が軍事演習をするから北朝鮮がミサイルを撃ったのだ、
だから米韓が演習を自粛すれば北朝鮮のミサイル発射は無かった、
さらに、
そもそも、アメリカが軍事大国で北朝鮮に軍事的圧力をかけたから、
北朝鮮は核開発とミサイル開発をせざるを得なかったのだ、とか。

しかし、違う。
北朝鮮の金独裁王朝は、発足以来暴力によって成り立っており、
その必然として核ミサイルの開発と武装に進んできている。
殺戮を好むテロリストが最強の殺戮手段を手に入れようとするのと同じである。
そして、アメリカのトランプ大統領が、斬首作戦を実施しなくとも、
北朝鮮は崩壊して東アジアに動乱が来る。
問題は、
北朝鮮の独裁者に核を実戦で使用させたあとで崩壊するのを待つのか、
それとも、斬首作戦実施によって、その前に崩壊させるのか、である。

  断ずるに当たって、断ぜざるは、かえってその乱を受く
という警句がある。
今、我々に突きつけられているのは、まさに、この警句なのだ。
びくびくすることはない。
一寸先は闇ではなく、光である。

平成二十九年六月十三日に帰天された
百四歳の門脇朝秀翁は、
亡くなる前に自宅を訪れた人たちに、次のように言われた。
  あなた方がうらやましい、
  あの支那共産党や北朝鮮の一党独裁の暴力政治が、
  音をなして崩れる将来が見られるのがうらやましい。
  私は、予言ができるが見ることができない、
  こちらが先に目をつぶってしまう・・・。

新着記事

  • 平成30年1月11日(木)
    現在直面している我が国を取り巻く国際情勢は、実は、明治維新前後から我が国が直面した情勢と相似形であると思われる。しかも、それを克服する為の我が国国内の条件も、明治と同じにならなければ克服できないという…
  • 平成30年1月10日(水)
    昨日、一月九日、朝鮮半島の南北は同時に動いていた。南の韓国は、平成二十七年十二月末の従軍慰安婦に関する日韓合意に対する「検証結果」を発表し、同時刻、南と北は、三十八度線の南北軍事境界線の韓国内の施設に…
  • 平成30年1月6日(土)
    年頭にあたって、台湾の戦略的重要性については既に述べたが、さらに、台湾について書く。その上で、台湾と文明が全く異なる「朝鮮の南と北」が、昨年末から新年に入って、また同じことを繰り返し始めたので最後に触…
  • 平成30年1月4日(木)
    新年おめでとうございます。お元気に、新年を迎えられたことと、お慶び申し上げます。次に、新しい年の初めに、浮かんだ思いを申し上げます。まず、旧臘二十三日の天長節(天皇誕生日)から新年の祝賀へと、皇居への…
  • 平成29年12月27日(水)
    激動の新年を迎えるにあたり、やはり、その「未知の激動」に対処する「着想」、そして「決断」、「覚悟」を述べておきたい。二十六日と二十七日、新聞で防衛省が、護衛艦「いずも」をF35B戦闘機を離着陸させる「…

アーカイブ