大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

世界史の大流が促す北朝鮮と中共の崩壊

平成29年9月3日(日)

我らの目の黒いうちに、必ず北朝鮮と中共は崩壊する。

これが世界史の大流だ。
その大流とは、
古代から中世そして近世を経て現在に至る諸国民の自由を求める流れである。
この流れから北朝鮮と中共を俯瞰すれば、
それらは、共に、
古代的もしくは中世的権威主義的暴力的独裁の中に閉じ込められている。
従って、その元凶の
北朝鮮の金独裁王朝と中国共産党独裁体制は必ず崩壊する。

東アジアの未来は、明るいのだ!

八月二十九日早朝の北朝鮮の中距離弾道ミサイル発射以来、
マスコミに現れる議論は、
この歴史観を欠落させている。
従って、マスコミでは、
ミサイルの専門家的議論に多くの時間が費やされ、
同時に、トランプ大統領が何をするかを憶測する議論が横行している。
つまり、
トランプ大統領が北朝鮮に対して斬首作戦を実施すれば、
東アジアの諸国民に動乱が襲う、
しかし、実施しなければ平和が続く、実施しないほうがいい、
また、
米韓が軍事演習をするから北朝鮮がミサイルを撃ったのだ、
だから米韓が演習を自粛すれば北朝鮮のミサイル発射は無かった、
さらに、
そもそも、アメリカが軍事大国で北朝鮮に軍事的圧力をかけたから、
北朝鮮は核開発とミサイル開発をせざるを得なかったのだ、とか。

しかし、違う。
北朝鮮の金独裁王朝は、発足以来暴力によって成り立っており、
その必然として核ミサイルの開発と武装に進んできている。
殺戮を好むテロリストが最強の殺戮手段を手に入れようとするのと同じである。
そして、アメリカのトランプ大統領が、斬首作戦を実施しなくとも、
北朝鮮は崩壊して東アジアに動乱が来る。
問題は、
北朝鮮の独裁者に核を実戦で使用させたあとで崩壊するのを待つのか、
それとも、斬首作戦実施によって、その前に崩壊させるのか、である。

  断ずるに当たって、断ぜざるは、かえってその乱を受く
という警句がある。
今、我々に突きつけられているのは、まさに、この警句なのだ。
びくびくすることはない。
一寸先は闇ではなく、光である。

平成二十九年六月十三日に帰天された
百四歳の門脇朝秀翁は、
亡くなる前に自宅を訪れた人たちに、次のように言われた。
  あなた方がうらやましい、
  あの支那共産党や北朝鮮の一党独裁の暴力政治が、
  音をなして崩れる将来が見られるのがうらやましい。
  私は、予言ができるが見ることができない、
  こちらが先に目をつぶってしまう・・・。

新着記事

  • 平成30年7月19日(木)
    先に、「明治を甦らせる」として、明治と、昭和そして現在の連続性を回復することこそ、これからの我が国の「独立自尊の進路の決断」に必要なことだと書いた。そして、その連続性を回復する為の障害が、明治の日露戦…
  • 平成30年7月18日(水)
    明治を現在に甦らせよ!先日の産経新聞の「明治ルネッサンスで時代に新風を」と題する「正論」は、新保祐司氏が執筆し、明治という時代には「まさに『明治の栄光』というトーンがふさわしい」と述べた上で、次のよう…
  • 平成30年7月12日(木)
    六月十二日の、シンガポールにおけるトランプ氏が上機嫌に成功したと謳った米朝首脳会談の後、現実味を帯びていた「斬首作戦」は忘れられ、米韓合同軍事演習も中止され、急速に、一体、何を騒いでいたのか、分からな…
  • 平成30年7月5日(木)
    先の時事通信と重複するが、「月刊日本」誌に送稿した一文を次に掲載する。これを書いていた時、平成十四年の小泉純一郎総理と金正日委員長との日朝首脳会談の下準備交渉をしてシナリオを書いていた、外務省アジア大…
  • 平成30年7月4日(水)
    七月二日、愛媛県松山市で開かれた愛媛県下の拉致議連総会後の講演会に出席し、配布された政府資料を見た。その政府の作った拉致被害者リストは、こと、ここに至っても、昭和五十二年(一九七七年)九月の久米裕拉致…

アーカイブ