大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

衆議院の解散

平成15年10月10日(金)

立憲君主国であることの証

 本日、衆議院が解散される。
 では、解散とは何か。
・・・全衆議院議員の身分を剥奪することである。本日以後我が国には、衆議院議員が存在しなくなる。
 では、誰がこの衆議院を解散するのか。
・・・それは、天皇陛下である。
 憲法第七条「天皇は・・・左の国事に関する行為を行う。3、衆議院を解散する。」
 マスコミなどの世界では、解散は、内閣総理大臣が行うものと思われているが、政治的には確かにそうであろうとも、解散は、天皇陛下の御名御璽のある「衆議院を解散する」との文書が、紫の袱紗に包まれて衆議院本会議場に届けられ、この天皇の意思が読み上げられてはじめて成立するのである。
 そもそも、内閣総理大臣自体が、憲法六条、「天皇は、内閣総理大臣を任命する」との規定によって、天皇に任命されなければ、その地位につけないのである。

 よって、衆議院の解散が行われる本日は、我が国の国柄が、端的に現われることになる。この観点から、解散を捉えることも意義があると思う。

政治的には

 小選挙区になって三回目の解散総選挙となる。中選挙区タイプの選挙運動がいよいよ通用しなくなる。
 長期政権の自民党の作り上げたシガラミ、利権分配構造が、崩れ始める中での選挙となる。
 政界の真の再編の始まりを示す選挙となる。

私は

 戦い訴え、そして、天命に従う。

 昨日、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための「拉致議連」の総会があった。
 私(幹事長)の提案で、総選挙にのぞむ拉致議員連盟加入議員は、単なる「選挙運動」を各選挙区で展開するのではなく、「同胞を救う国民運動としての選挙」を戦おうではないか、と決議した。

新着記事

  • 平成30年4月26日(木)
    昨日(25日)、大阪城の南側のホテルの会場で、工作部品等を製造する会社の経営者五十人ほどの会合で、「東アジア情勢の地殻変動と日本の再興」という題で話をさせていただいた。とはいえ、この講演のレジュメを作…
  • 平成30年4月19日(木)
    私が、直感し確信したことを記しておきたい。それは、横田めぐみさんのご両親、父の滋さんと、母の早紀江さんには、日本を動かす力、そして、世界を動かす力が天から与えられている、ということだ。平成十四年九月十…
  • 平成30年4月16日(月)
    四月十五日、若狭町および若狭町教育委員会主催の佐久間艇長遺徳顕彰式典に出席した。式典の場所は、福井県三方郡八村北前川の佐久間艇長顕彰碑前。ここは、森の中の緩やかな斜面で、今も、上の方に、艇長の父上が宮…
  • 平成30年4月11日(水)
    いよいよ、歴史が回り始めた。それが、分からないのは、「森友と加計と日報の入ったビン」のなかでそれを追いかけ回している、あまりにも惨めで低級な「日本の国会」だけだ。雨もなく、地震もない。何の予兆もなく……
  • 平成30年4月10日(火)
    大学紛争時代の京都で、それぞれ吉田山の麓と大文字山の麓という指呼の間で同時期に学生生活をしていて、お互いに五十歳を過ぎてから、初めて相まみえた友人が奥山篤信さんだ。その彼が、六十歳を過ぎてから上智大学…

アーカイブ