大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

日本保守主義の黎明

平成15年10月3日(金)

中西輝政教授に敬礼する

「諸君」11月号(ただいま発売中)に、京都大学の中西輝政教授が、「『延命装置』小泉純一郎の罪」という論文を発表されている。
 歴史家にして、はじめて書き得る透徹した論考である。
 この論考に接し、改めて、歴史家の役割とは、現在に位置付けを与え、現在の現象を把握する尺度を提示し、「明日の歴史となる現在」に生きる者に方向感覚を甦らせることであると感じるのだ。
 この方向感覚とは実践者の方向感覚であり、即ち、「歴史的使命感」である。

 さて、この論考の最終章に、中西教授は、「日本保守主義の黎明」と題して、「『この国の主人公』たる真正の保守が意識的に構築される必要が、どうしてもある。そのためにいま、日本は本来の保守政治家の結集に向かわねばならない」と書かれた後で、その担い手として、「奇しくもその名のなかに、同じ『シン』という音を持つ、石原慎太郎、西村眞悟、安倍晋三である」と明記された。

 私は、「歴史的使命感」を明記していただいたのだ。
 よって、任務を明記された兵士が、戦場に赴く前にするように私は、中西教授に、敬礼するのだ。

 真正の保守は「荒野」にいる。
 先に私は、この時事通信で、「私は荒野にいる」、と書いた。
 それは、聖書のなかに、「荒野で呼ばわる者の声がする」と預言者のことが書かれているからだった。その預言者は、荒野で「道筋を真っ直ぐにせよ」と叫んでいたのだ。

 そして、日本の真正の保守も、荒野にいる。
 真の保守は、この戦後の占領下に作られた憲法のもとでは、常に日陰者扱いをされ、自らの信念の片鱗だに見せれば、あらゆる罵詈讒謗を甘受しなければならなかった。

 同盟国や他の自由の価値観のもとに国を運営する国々の政治家が、当然とする考えを表明すれば、日本の真正の保守は、その政治生命を絶たれる危機を覚悟しなければならなかった。

 日本の社会の総体を見よ。
 巨大なマスコミ、教育など、あらゆるものが、戦後の桎梏のなかに安住し、その快適な空間で「体制」に生きるありがたさを謳歌してきた。
 よって、占領憲法が、体制なのだ。
 そうであるならば、実は社会党が体制である。
 自民党は狡賢く社会党と社会党的なものをお守りしながら、権力の蜜を吸っていただけだ。
 つまり、村山富市総理大臣を擁する社会党・自民党の連立政権は、変則ではなく、実は戦後の「本流」の姿であったのだ!

 このホームページの掲示板にも、自民党の小泉さんが、民主党の管さんより、保守だという前提で意見が出る。
 曰く、靖国神社に参拝しないという管のところに、何故、西村はいるのかと。
(私は、体制の中におらずに荒野にいるのだから、管さんのところにいる、という前提はおかしいのだが)

 しかし、ここで考えよう。
 靖国神社に参拝してから、社会党の総理大臣の「村山談話」以上の自虐的談話を発表し、「口は一つだが、耳は二つだ」と言い訳して、あそこまで「八月十五日に何が何でも参拝する」と断定した前言を翻す総理大臣が、・・・保守なのか?
 靖国を政治利用し、英霊を蔑ろにする、最も卑しい所業ではないか。

 参拝して自虐談話を発表するくらいなら、はじめから参拝しないというほうがまだ正直で「まし」ではないか。
 少なくとも、いかがわしい食わせ者が、下心を隠して靖国に参拝するという非礼は回避される。
 総理大臣が、発表する自虐談話とは、つまり、国際的に、「日本は悪い国でした」と公言することなんだから。こんな参拝は、靖国の英霊を最大限侮辱するものなのだ。日本民族に対する侮辱、名誉毀損だ。
 個人に対する名誉毀損でも、三年以下の懲役か禁固つまり豚箱入りなんだよ(刑法二百三十条)!

 つまり、再び言うが、真の保守は、今荒野にいるのだ。
 小泉さんのところでゴマをすれば、保守になるのではない。よって、中西教授が書かれるように、今こそ「保守政治家の結集に向かわねばならない」。

 民主党と自由党が、合併したことを薩長連合にたとえる意見があったが、これは次元が違う。

 真の維新回天の薩長連合とは、党派を超えて今は荒野にいる真正の保守が、国家の危機に際して、志において連合することである。

 そして、そのために、私は、生きている。

新着記事

  • 平成30年7月19日(木)
    先に、「明治を甦らせる」として、明治と、昭和そして現在の連続性を回復することこそ、これからの我が国の「独立自尊の進路の決断」に必要なことだと書いた。そして、その連続性を回復する為の障害が、明治の日露戦…
  • 平成30年7月18日(水)
    明治を現在に甦らせよ!先日の産経新聞の「明治ルネッサンスで時代に新風を」と題する「正論」は、新保祐司氏が執筆し、明治という時代には「まさに『明治の栄光』というトーンがふさわしい」と述べた上で、次のよう…
  • 平成30年7月12日(木)
    六月十二日の、シンガポールにおけるトランプ氏が上機嫌に成功したと謳った米朝首脳会談の後、現実味を帯びていた「斬首作戦」は忘れられ、米韓合同軍事演習も中止され、急速に、一体、何を騒いでいたのか、分からな…
  • 平成30年7月5日(木)
    先の時事通信と重複するが、「月刊日本」誌に送稿した一文を次に掲載する。これを書いていた時、平成十四年の小泉純一郎総理と金正日委員長との日朝首脳会談の下準備交渉をしてシナリオを書いていた、外務省アジア大…
  • 平成30年7月4日(水)
    七月二日、愛媛県松山市で開かれた愛媛県下の拉致議連総会後の講演会に出席し、配布された政府資料を見た。その政府の作った拉致被害者リストは、こと、ここに至っても、昭和五十二年(一九七七年)九月の久米裕拉致…

アーカイブ