大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

朝鮮総連を潰すことが最大の制裁

平成29年2月18日(土)

昨日十七日午後七時より、特定失踪者問題調査会のセミナー
「金正男暗殺と北朝鮮、そして拉致被害者救出」
が東京で開かれた。
緊急の呼びかけであるにもかかわらず、多数の同志の方々が出席された。
その時、話し合われた内容のなかに、
二月十六日の私の時事通信「北朝鮮崩壊に対する特殊部隊の運用準備を」
に付け加えるべき重要事項があるのでここに記しておきたい。

この二月十六日付け時事通信は、プリントアウトして会場の参加者に配布されていた。
従って、私は、重複を避けて、そこに記していないことを中心に述べた。
それは、安倍総理の私に対する答弁(認識表明)の内、
訂正すべき次の二点だ。
①自衛隊には北朝鮮域内に進行して拉致被害者を救出する能力がない。
②自衛隊が北朝鮮域内に入るには北朝鮮政府の承諾がいる。

まず①について、
自衛隊には能力がある。
能力がないのは自衛隊に命令を下す政権(政治)である。

次に②について、
ポルポト体制崩壊のカンボジアや行政機構崩壊のアルバニアの例に明らかなように、
当該国に承諾する主体がなくなったとき、
つまり、承諾などあり得ない時にどうするのか。
これがポイントではないか。
あの時、ドイツ軍がアルバニアに入って日本人を救出してくれた。
今度は、北朝鮮に最も近い日本が自衛隊を入れて日本人及び各国人を救出する番だ。

私は、次の通り、話を締めくくった。
明治二十七年、日本の朝野が一致して朝鮮の刺客から身柄を護っていた日本に亡命した
朝鮮改革の志士である金玉均が、上海に誘い出されて殺されたとき、
日本人は、金玉均の盛大な葬儀を築地本願寺で行い、
さらに、朝鮮で晒されている彼の首から頭髪を収めて持ち帰り、
大きな金玉均の墓を造った。
そして、朝鮮独立を掲げて日清戦争に突入し勝利した。
青山の宿舎にいたとき、
よく乃木希典閣下の墓に参った。その際に、金玉均のその墓の前を歩いた。
かつての日本人は、
敢然と不義を討たんとした。
現在の我々日本人も、
断固として拉致被害者と暴虐な独裁の下で苦しむ北朝鮮人民を救出しよう。

そして、私の次に話した評論家で脱北者支援の活動家である三浦小太郎氏は、
私が話さなかった次の「要点」をズバリ指摘した。
まさに画竜に「点睛」を入れたのである。
まことに三浦氏の言うとおり、
我が国内・身中のこの「虫」を放置して、
対北朝鮮制裁も北朝鮮亡命政府樹立もない。
その「虫」とは、
我が日本国内に於ける在日朝鮮人で組織され、
北朝鮮の主体思想を指導指針として、
朝鮮労働党諜報機関の統一戦線部傘下の第225部の指導を受けて活動し運動する
  朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)
である。

三浦氏は言った。
西村さんは、東京かワシントンに朝鮮亡命政権を樹立すべしと言う。
しかし、朝鮮総連を温存し放置して亡命政権樹立はあり得ない。
まず、朝鮮総連を潰し、
朝鮮総連をなくさねばならない。

我が国にある朝鮮総連を潰すことが
対北朝鮮への最大の制裁である。

また、北朝鮮は核とミサイルを持ったテロ国家であり、
その独裁者が、
この度、兄の金正男を暗殺した金正恩である。

朝鮮総連は、この独裁者の指令で動く。
従って、朝鮮総連傘下の朝鮮大学校や初等中等の朝鮮学校では
このテロの頭目である独裁者金正恩を讃え、崇拝する教育を行っている。
それ故、この総連や各種朝鮮学校に金を出す日本は、
テロ支援国家である。

東京都知事の小池さんは、豊洲もいいが、
朝鮮総連や朝鮮大学校や朝鮮学校をどうするのか。
その認可を取り消すべきである。

以上、私の一連の訴えに欠けていた要点、
三浦小太郎氏の主張した
朝鮮総連を潰すべし
を掲げて同志諸兄姉の賛同を願う。

新着記事

  • 平成29年6月21日(水)
    六月十七日02:25、伊豆町石廊崎南東約20キロの海上で、フィリピン船籍のコンテナ船(2万9060トン)とアメリカ第七艦隊のイージス艦フィッツジェラルド(8315トン)が衝突し、イージス艦の艦長ら三名…
  • 平成29年6月17日(土)
    我が国の朝野は、「日本国憲法」を「憲法」として、おおまじめに読んできた。もちろん、憲法=法規だと思っているので、それに縛られている。しかし、「日本国憲法」をこれを「書いた者」の意図を伺うことができる「…
  • 平成29年6月12日(月)
    六月十日、午後三時より、日本会議世田谷・目黒支部春期時事講演会において、講師として、「今こそ拉致被害者を奪還すべし」と題した講演をさせていただいた。まことに、「今こそ」!拉致被害者を「奪還」!せねばな…
  • 平成29年6月5日(月)
    六月二日に大阪から福島空港に飛び、そこから車で北磐梯を経て猪苗代町に入り、その夕方、猪苗代湖と右手に磐梯山を一望するホテルで、田母神俊雄元航空幕僚長とともに、表題に「支那討つべし」と掲げる演説会の弁士…
  • 平成29年5月29日(月)
    イタリアにおけるサミットが終わった直後の本日午前五時半頃、北朝鮮がまたミサイルを我が国の排他的経済水域に撃ち込んだ。その弾着地点は、隠岐の島から三百キロ、佐渡から五百キロであるという。安倍総理は、記者…

アーカイブ