大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

すでに「戦前」である、よって、トランプ大統領を歓迎する

平成29年1月22日(日)

 アメリカ大統領にドナルド・トランプ氏が就任した翌日の一月二十二日の朝刊第一面トップのみだしには、
トランプ大統領の就任演説に関して、
「米国第一」とか「米の利益最優先」とかの文字が大書されていた。
また、前日のNHKなどのテレビでは、
外務省出身の外交評論家などが、
自由や民主とかの米国の理念が全く語られなかった大統領就任演説は異例だと批判的な論評をしていた。
 そこで、言っておきたい。
「米国第一」ではないアメリカ大統領などかつてあったであろうか。
また、自由や民主主義を高々と掲げるアメリカ大統領ほど危険な大統領はない。
 
ドナルド・トランプ氏は、従来のアメリカ大統領の例から見れば、利口に見えず異質である。
しかし、嘘つきではなく率直である。
そして、その彼をアメリカ国民が大統領に選んだということだ。
 
彼の大統領就任演説を批判していた我が国の外交評論家やマスコミは、
アメリカ国内の地殻変動を理解できずに、
ヒラリー・クリントン氏が大統領に当選すると盲信し、
ドナルド・トランプ氏への批判的な論評ばかりを流し続けていた。
そして、彼らの予想とは反対のトランプ当選の結果に直面して、
自分たちの無能さが露呈しても、
その不明を反省せずに、トランプ批判を続けているという訳だ。
では、かく言う私が、
何故、トランプ当選を予想していたのか。
それは、簡単だ。外交専門家とマスコミの予想が、
予備選挙でことごとく外れていたから、
本選挙でも彼らの予想と反対の結果が出ると確信したからだ、
と正直に言っておく。
 
 ところで、我が国のマスコミは、
何故、トランプ大統領が「米国第一」を打ち出したことに過剰反応するのか。
それは、戦後の我が国の骨の髄まで染み込んだ「アメリカ依存」という病状の為せる結果だ。
戦後の我が国は、
外交や国防はもちろん、教育や産業政策という内政にいたるまでアメリカの指示を受けてきた。
そして、「自由貿易」を振りかざしたアメリカは、
郷に入って郷に従おうとせず、我が国の慣例や、
こともあろうに我々の言語である日本語までも
「非関税障壁」とみなして「撤廃」を要求してきた。
さらに、我が国の銀行が、我が産業の強さの要であると見抜くや、
ビス規制を掲げて我が国の銀行の弱体化を図った。
郵政民営化も実はアメリカのシナリオだ。
これら総て、アメリカのウォール街を本拠地として、
歴代アメリカ大統領を使って国境を越えたマネーゲームを仕掛け、
世界の富を吸収しようとする多国籍巨大企業の為せる所業である。
そのアメリカで、
マネーゲーマーの喜ぶTPPを目の敵にした大統領が出現し、
正直に「アメリカ第一」を掲げTPPからの離脱を表明した。
これは、歓迎すべきことではないか。
我が国が、国防においても外交においても、
独自の力を蓄える絶好のチャンスの到来と受け止めるべきだ。
 
 そもそも国家間の同盟関係は、
対等でなければ成り立たないのであるから、
トランプ大統領の就任は日米共同してお互いの国の安泰を確保する道を開くことである。

 何故なら、
 もはや「戦後」ではない、
 すでに「戦前」である、
 からである。
 
 現在、世界経済(即ちアメリカ経済と日本経済)を支える大動脈は何処の海域を通っているのか。
それは、アジアの海ではないか。
また、アメリカのワシントンとニューヨークに直接届く
SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)は何処の海域から発射されるのか。
それは、北のオホーツク海と南の西太平洋である。
これ総て、我が国の周辺海域ではないか。
よって、アメリカの大統領にして「アメリカ第一」を掲げるならば、
痴呆でない限り(かつてルーピーと呼ばれた我が首相のように)、
我が国との共同がなければアメリカの安全と生存が確保できないことを知るであろう。
安倍総理は、早急にトランプ大統領と会談すると表明しているが、
トランプ大統領に知らしめるべきことの第一は、
アジアの海にアメリカの生存がかかっているということである。
 
さて、冒頭に、
自由や民主主義を高々と掲げるアメリカ大統領ほど危険だと述べたので、
その最たる者を掲げておく。
それはF・D・ルーズベルト大統領である。
この大統領は、アメリカ政治の表面の綺麗事の背後に隠された
非情な謀略・ダークサイドの最たる巨魁と言うべきである
(ヒラリー氏もこのダークサイドの住民だ)。

F・ルーズベルトはイギリスのチャーチル首相と
1941年8月14日、「戦争の謀議」を済ませ、
日本にまずアメリカを攻撃させ、
それを切っ掛けに欧州戦線にアメリカが参戦するという世紀の謀略を仕組んだ。
即ち、Back Door To The War(裏口からの戦争)である。
そのBack Door(裏口)とは真珠湾である。

安倍総理は、昨年の暮れ、
我が帝国海軍機動部隊が奇襲攻撃をしたハワイの真珠湾を訪れ戦没将兵を慰霊した。
その時、日本の首相なら次の認識をもって慰霊しなければならない。
真珠湾は、F・ルーズベルト大統領の謀略によって、
本来戦わなくてもよかった日米両国の青年が血を流し合った地である、と。

最後に言う、
トランプという男が、アメリカ大統領になった。
そして、もはや「戦後」ではなく、
「戦前」である。
よって、
安倍総理、
アメリカ大統領が「アメリカ第一」なら、
日本首相は「日本第一」だ。
日本の首相は、日本の英霊に誠を捧げるのは当たり前ではないか。
よって、
昨年暮れに真珠湾の勇士に会ったのであるから、
「戦前」という新時代に入った本年こそ、
靖国神社に内閣総理大臣として参拝されよ。

新着記事

  • 平成29年3月23日(木)
    昨日の本時事通信では、キリスト教を弾劾するとともに、そのおぞましい偽善と欺瞞を体現した人物としてマザー・テレサを取り上げた書、「キリスト教を世に問う! ~マザー・テレサの仮面を剥ぐ~」について記した……
  • 平成29年3月22日(水)
     畏友の奥山篤信さんが「キリスト教を世に問う!~マザー・テレサの仮面を剥ぐ」という本を近く展転社から刊行する。奥山篤信さんは、京都大学工学部と東京大学経済学部を卒業し、三菱商事に勤務してニューヨークで…
  • 平成29年3月17日(金)
    我が国政治は、もはや痴呆だ。建武の中興の頃、西の九州から出発した数十万の足利軍が京都に迫るときに、楠木正成らの真剣な防衛論を聞く耳は持たず、ただ、京都における自分たちの安楽な生活が守られるのが当然と何…
  • 平成29年3月16日(木)
    三月十日の「奉祝 陸軍記念日」を記載した日の午後一時四十三分、弁護士 小寺一矢先生が亡くなられた。この日、入院先の奈良にある病院にお見舞いに伺うため、阪奈道を走っていた。その途中、友人から、今、亡くな…
  • 平成29年3月10日(金)
    百十二年前の明治三十八年三月十日、黄塵の渦巻く満州、奉天城の南において、奧第二軍の将校斥候、木田寿弥太中尉は、奉天城内から清国人の群れが軍服や寝具などのロシア軍の軍事物資を持ち出しているのを認め、それ…

アーカイブ