大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

「脱亜論」に還れ

平成29年1月12日(木)

 おぞましい感じがして気が進まないが、やはり触れねばならない。
 朝鮮半島のことである。
ここは、我が国に汚物を吐き出すようなことを繰り返す地域である。
その地域が、
対馬の北の比田勝の山の上から見れば、
海の向こう五十キロの近くにある。そこに見える街が朝鮮半島の釜山だ。
国の違い、文明の違い、という観点から、
この対馬と釜山を隔てる海の広さを思えば、
それは、太平洋より広い。

ウソをついてはならない、ウソをつくのは悪いことだ、と子供に教える文明と、
ウソをついてもいい、騙される方が悪い、と子供に教える文明の距離。
約束は守らねばならないとする文明と、
約束と違うことを平気でできる文明の距離。
これは広大であろう。

 朝鮮半島は三十八度線で北の北朝鮮と南の韓国に分かれている。
まず北の方から、
(1)平成十四年九月、我が国の小泉総理と北朝鮮の金正日国防委員会委員長が
平壌宣言を発して、双方次のことを約束した。
 我が国は日朝の国交樹立の際には巨額の金を北朝鮮に支払う。
 北朝鮮は核開発はしない、ミサイルの発射はしない。
(2)平成二十六年五月、日朝双方はストックホルムで次の合意を取り交わした。
 我が国は北朝鮮への送金額と人的往来の制限を緩和する。
 北朝鮮は北朝鮮域内で行方不明になった日本人や北朝鮮に拉致された日本人の調査を特別調査委員会を組織して行う。
しかし、
北朝鮮は、(1)と(2)の双方の約束を破り核実験とミサイルの発射を続け、日本人調査の特別調査委員会を解散した。
これに対して、
日本は、未だに平壌宣言を守ると言い、送金と人的往来の規制緩和を実施した。

 次ぎに南の方、
(1)昭和四十年六月、日韓基本条約が結ばれ、
日本は韓国に、その国家予算を遙かに上回る巨額の金を渡し、
韓国は日本に対する請求権問題が完全かつ最終的に解決したことを確約した。
(2)平成二十七年十二月、日韓両国は、
日本が慰安婦の為に韓国に十億円を支払い、
いわゆる慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決したことを確認した。
しかし、
韓国は、(1)と(2)の双方の約束を破り、
いつまでも日本に賠償を要求し、在韓日本大使館前の慰安婦像を撤去せず新たに釜山の日本領事館前に慰安婦像を設置した。
これに対して、
日本は、金を支払い済みである。

 以上の通り、北と南は仲良く同じ朝鮮。やることは総て同じ。こういう地域なのだ。
そこで、指摘しなければならないのは、
この地域に対する我が国の態度である。
我が国は、騙されても、騙されても、同じ過ちを繰り返しているではないか!
 例えば、北との平壌宣言、
これは、騙されたんだから騙されたと認めるならともかく、
騙されたことを認めず、未だに平壌宣言を有効な約束として取り扱っている
我が国外務省は
「無能であることを決意して」、
「断固として無能であろうとしている」
としか言いようがない。
 また例えば、南との一昨年の大晦日の
「完全かつ不可逆的な解決」
とそれに基づく十億円の支払い。
 何度も「不可逆的」と自画自賛したように強調した外務大臣と
糞忙しい大晦日にあのパククネに対して電話し、
「心からお詫び」をした総理大臣、
国際社会の前で顔に汚物を塗られたようではないか。
よって、政府の駐韓国大使と公使の本国召喚は当然であるが、
国民のためにも、ちょっとはトランプ氏を見習って、
怒りを露わにしたらどうか。
また、韓国内には、
我が国が老売春婦の為に支払った十億円を、
我が国に返すという動きが出ているという報道もあるので言っておきたい。
 我が国に金を返すなら、十億円に止まらない。
昭和四十年に我が国が韓国に支払った韓国の国家予算を上回る金も金利を付けて返せ。
即ち、韓国は、我が国から騙し取った金は総て返せ。

 そして、最後に言っておきたい。
朝鮮半島が同じことを繰り返す地域であることを胆に銘じて、
遂に!ここに還るべし。
即ち、福沢諭吉翁の「脱亜論」!

新着記事

  • 平成29年1月22日(日)
     アメリカ大統領にドナルド・トランプ氏が就任した翌日の一月二十二日の朝刊第一面トップのみだしには、トランプ大統領の就任演説に関して、「米国第一」とか「米の利益最優先」とかの文字が大書されていた。また……
  • 平成29年1月14日(土)
     先に、朝鮮(北朝鮮と韓国)に関して、その対処の仕方を、福沢諭吉翁が明治十八年に公にした「脱亜論」に還って、その方針に基づいて行うべしと記した。 しかし、その「脱亜論」は、単に朝鮮だけではなく「支那と…
  • 平成29年1月12日(木)
     おぞましい感じがして気が進まないが、やはり触れねばならない。 朝鮮半島のことである。ここは、我が国に汚物を吐き出すようなことを繰り返す地域である。その地域が、対馬の北の比田勝の山の上から見れば、海の…
  • 平成29年1月10日(火)
     今朝も東が少しあかね色になった薄暗い空のしたを歩いて、 第十六代、仁徳天皇の御陵に参拝した。 御陵は、南を向いた前方後円墳で、 南の前方部には東西に六百メートルほど一直線の周濠があり、 そこに多くの…
  • 平成29年1月8日(日)
     本年に入り、この時事通信で連続して国防について記した。 国防こそ、これからの我が国家の興廃をかけた課題だからである。 そこで、国家が精強なる国軍を保持するためには何が必要か、 精強なる国軍は、 国家…

アーカイブ