大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

THAADと核弾頭ミサイルの配備を急げ!

平成29年1月7日(土)

 先に記したように、ロシアのプーチン大統領が、
旧臘十二月十五日と十六日の日本滞在中に、
我が国が配備を検討するアメリカのロッキード・マーチン社製
高々度防衛ミサイルTHAADに対する懸念を表明た。
 すると、我が國の外務省か防衛省かは知らないが、
 プーチンさんの御懸念ごもっともと、
我が国防衛大臣が、今月、グァム島のアメリカ軍基地を訪れ、
THAADを視察する予定を取り消した。
このこと、十二月二十六日に報道されたところである。
 また、昨日一月六日の報道では、
韓国の朴槿恵大統領が弾劾訴追で職務停止になる以前の七月にTHAAD配備を決定してから、韓流スターをシナのドラマから閉め出す「禁韓令」を出したり
観光客の韓国渡航を制限して、THAAD配備決定に不満を表明していた中共は、
朴氏の次ぎの大統領を握り政権奪取の可能性が高まった
韓国野党議員を盛んにシナに招待して歓待し始めたという。
明らかに、中共は、昔ながらのシナと朝鮮の華夷秩序意識を利用して
朴大統領が決定した韓国のTHAAD配備を阻止しようとしているのだ。

 では、そのロシアと中共は、何をしてきたのか。
 くどくど述べる必要もあるまい。
 この二国は、核弾頭ミサイルを保有し、
 我が国を射程に入れて実戦配備をしている。
 かつてロシアのエリティン大統領は、
 我が国の伊豆半島の川奈を訪れたとき、
 「私は、核ミサイルの照準を日本から外して訪れた」
 と正直に言った。
 その時、我が国の外務省にも政治家にも、
 「何!ロシアは今まで、我が国を核ミサイルで狙っていたのか」
 と凄んでみせる者は皆無であった。
 つまり、エリティンが何を言っているのか分からず、ボーとしていた。
 
 従って、我が国がボーとしているのをいいことに、
 以後、プーチンも江沢民も胡錦涛も、
 エリティンのようなことを言わずに日本を訪れている。
 つまり、彼らは、核ミサイルの照準を日本に向けたまま、
 何食わぬ顔をして、ボーとしている日本から役得をせしめに来日してきた。
 そして日本訪問と同時に、
 ロシアは北の国後・択捉に、中共は南シナ海に、
 ミサイル基地を着々と建設している。
 そこで、
 元空幕長で飛んでる奴を落とすのが専門だった田母神俊雄さんのように
 ミサイル防衛の専門家でもない小生にも言えることがある。
 それは、
 あのプーチンと習近平、ロシアと中共が、嫌がっていることは、
 断じてやるべし!
 ということだ。
 つまり、パトリオットPAC3に加えて、
 高々度防衛ミサイルTHAAD
(Theater High Altitude Defense Missile)は、我が国が速やかに実戦配備すべきである。
 あの十数日後に迫ってきたトランプの大統領就任式に際して、
日米共同して「高々度防衛ミサイルTHAAD」の早急な配備に取り組むことを表明すべきである。

 それを、何か!
 プーチンが懸念を表明したので、
 防衛大臣がTHAADの視察を取り止めるとは何事か!
 アホか、反対ではないか、
 プーチンや習近平が懸念を表明するから、まさに、しなければならないのだ!

 話を韓国の情勢に戻す。
 韓国は、北朝鮮という三十八度線以北の壁によって、
 大陸との通行を阻止されていた。
 従って、海によって大陸と隔てられている我が国と同じ、
 海洋国家としての戦略を持ち得た。
 しかし、朴大統領弾劾の後に誕生する政権は、
 三十八度線以北と親密で、中共とも親密な勢力になることは間違いない。
 つまり、韓国は、海洋国家から、大陸と直につながる「半島」の南半分に戻る。
 従って、朝鮮半島全体が、事大主義の百二十年前の日清戦争前の地域となり、
 韓国のTHAADを信頼することはできなくなる。
 その上、この地域には、独裁者に握られた核とミサイルが存在する。

 つまり、我が国は、360°、
 核ミサイルに囲まれて西太平洋に存在することになる。
 我が国の周りを時計の針で示せば、我が国は、
 まず、午前六時から午後二時まで、大陸と島にある核ミサイルに囲まれ、 
 次ぎに、午後二時から午前6時まで、
 西太平洋の海に潜るSLBM(潜水艦発射ミサイル)に狙われる。

 ここにおいて、我が国にとって、死活的に重要なことは何か。
 それは、1977年9月、西ドイツのヘルムート・シュミット首相が、
 ソビエトのNATO(西ドイツ)を狙って配備された中距離核弾頭ミサイルSS20
 に対抗して、
 モスクワを狙って中距離核弾頭ミサイルパーシングⅡを配備する時に
 ロンドンで表明した次の決断である。
 「政治的軍事的バランスの回復は、死活的に重要である」
 この決断に基づくSS20に対抗するパーシングⅡ導入後の
 ソビエトに対する西側の強烈な軍縮要求によって、
 ソビエトはSS20をヨーロッパ方面から撤去したのである。
 
 今我が国に必要なことは、政治的軍事的バランスの回復である。
 西ドイツに出来て我が国に出来ないことがあろうか!

新着記事

  • 平成29年9月19日(火)
    数日前に、産経新聞朝刊が最初に一面大見出しで、「衆議院解散」を報じたとき、あれ、何を考えているのか、と、一瞬、解散権を持つ安倍総理の頭の中のことを思ったが、その後、得心した。何故なら、我が国を取り巻く…
  • 平成29年9月13日(水)
    昨日、「安保理決議は軍事力行使の手段である」と題する時事通信を発信してから、夕方に、大阪で元航空支援集団司令官で空将の織田邦男閣下の話を聞く機会があった。私は、昨日の時事通信で、アメリカのトランプ大統…
  • 平成29年9月12日(火)
    国連安保理決議は「目的」ではなく「手段」だ。では、何の「手段」か。「斬首作戦」開始の「手段」である。日本以外の諸国、特にアメリカにとって、「政治と軍事」は車の両輪であることを忘れてはならない。アメリカ…
  • 平成29年9月9日(土)
    九月九日の、現時点で、まさに今が、東アジアの、「戦争か平和かの分岐点」であると感じる。分岐点というより、我が国は、今、爆発の予兆がする噴火口の上に乗っているのだ。従って、ジタバタすることなく、覚悟を決…
  • 平成29年9月5日(火)
    今、着眼すべきは、核兵器の不拡散に関する条約(NPT条約)第10条  各締約国は、  この条約の対象である事項に関連する異常な事態が、  自国の至高の利益を危うくしていると認める場合には、  その主権…

アーカイブ