大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

プーチンを日本に入れるな

平成28年12月14日(水)

 読売新聞が、十五日に来日するロシアのプーチン大統領と七日に会見して聞き取ったことを、今日になって一面で報道している。
そのプーチン大統領が七日に読売に話した内容の中心は、
 ロシアに領土問題はない、だ。

 読売は何故、七日にプーチンから聞き取ったことを、
一週間も伏せて報道せず、本日に一面で大きく報道したのか。
それは、読売が、プーチンの「報道統制」に従ったからであろう。
もちろん、プーチンは、
対日交渉を自分に有利に展開させるように読売を統制をした。
読売は、それに従った。
つまり、読売は報道機関であることを放棄して、
自らプーチンの対日工作活動の道具になったのだ。
 プーチンは、
我が国がロシアに提供するものを全て両手で抱えてから、
ロシアが我が国に提供するものは何もない、
つまり、ロシアに領土問題はない、と言っている。
そして、それを日本国民に伝えるタイミングを、
安倍が後戻りができなくなる十四日だと見越して読売に命じたというわけだ。
その上で、プーチンは、
日本側のすがるような思いを肌で感じながら、十五日に日本に乗り込むつもりだ。
 なめやがって。
 
 とはいえさすが、プーチンは、
 KGB(カーゲーベー、ソビエト国家保安委員会)の対日工作員だ。

 では、安倍総理は、
 如何に対処すべきか。

 本日直ちに、モスクワのプーチン大統領に、
日本とロシアに領土問題があるという認識が、
あるのかないのか確認をとり、
「ない」という答えならば、
「では話しあう議題がなくなったのだから訪日無用」と応答し、
プーチンの対日外交の失敗を天下に曝すべきである。
 そして、この失敗はプーチンの領土問題に関する不誠実な認識不足からもたらされたものであることを国際社会の天下に知らせなければならない。
 さらに、我が国は、
 西ではウクライナのクリミアを武力併合し、
 東では我が国固有の領土を不法占領している
 無法国家ロシアの非を国際社会に示すべきである。
 国際社会は、
 現在の対ロシア経済制裁をさらに強化すべきである、と。
 
 そこで、KGBに入局するには
ソビエト共産党に入党になければならないのであるから、
共産党員のプーチンが忠誠を誓った共産党の親分であるブレジネフが
日ソに領土問題が「ある」ことを認めたことを記しておきたい。
 このことを知らずして日本に来るな。
 
 即ち、昭和四十八年(1973年)十月の田中・ブレジネフ会談である。
ソ連の目的は現在と同じ、日本の経済協力で、
日本の目的も現在と同じ、領土返還。
 以下、その時の会談を外務省東欧第一課長としてコントロールした
 新井弘一氏から私が直接聴いたことと
 氏の著書「モスクワ・ベルリン・東京、一外交官の証言」をもとにして再現する。

 まず、出発前に、新井課長は、田中総理に、
コミニュケ作成交渉を含め、
決裂も辞せぬ態度をソ連側に示す必要性を強調する。
それに対して田中総理は、
「俺の腹は決まっている。
 ソ連が頑迷ならば何も結ばす帰るだけだ。
 コミニュケを作る必要もない」
 と明確に答えた。
 
  第一回首脳会談
 田中首相、
 「ソ連の領土は広い、上空からバイカル湖が見えたが、
  ソ連から見れば、北方領土などは湖に浮かぶ流氷みたいなものではないか」
 ブレジネフ、
 「それは私の責任ではない」
 
  第二回首脳会談
 冒頭から二時間にわたり、ブレジネフは、
シベリアの産業地図を前に、満面を紅潮させ、拳を振り上げて、高圧的にテーブルをたたき、立て続けにしゃべり続けた。
 ブレジネフがしゃべり続ける最中に、
新井課長は、煙草を大きくふかしながら時計を見て不快感を示し、
田中首相に、
「彼の発言を無視して、こちらの主張をぶちまけてください」
 と紙に書いて渡した。
 果たして、田中総理はドスの利いた声で言った。 
「経済協力、大いに結構。
しかし、自分はもっと大きな目的のためにはるばるやってきたのだ。
それは日ソ間の未解決な領土問題を解決する為である。
この問題を解決することは、
両国の政治家に課せられた責務であり、宿命である」
 
  第三回首脳会談
 ソ連側の、シベリア開発協力、漁業、安全操業などが延々と取り上げられ、
領土問題の進展はなかった。
ただ、北方領土水域での操業問題が取り上げられたが、
ブレジネフとコスイギンの堅いブロックを破ることができなかった。
 コスイギンは官僚の権化であり、
ブレジネフが不用意な発言をしたと思えば、間髪を入れず、それを打ち消す発言を始める。
その都度、新井課長は、
「まだ通訳が終わっていない」といってコスイギンの発言を制止した。
 
  大平・グロムイコ外相会談
 共同コミニュケ作成に関し、
日本側は意見の不一致を確認するや、
新井課長が大平外相の腕を抱えてサッサと部屋から退出し、
会談決裂の意思を示した。
 
  最終首脳会談
 コミニュケ案にある「日ソ間の未解決の問題」に関して、
コスイギンが、
複数の「未解決の諸問題」にしてくれと要求した。
田中首相が、
「領土問題」という言葉を入れることを要求した。
コスイギンは
「不同意」と答えた。
直ちに田中首相がブレズネフに、
「では聞くが、『未解決の諸問題』と複数にする理由は何か。
日ソ間に未解決の問題というのは領土問題しかないではないか」と言った。
ブレジネフは、一瞬、口ごもりながら
「漁業とか、経済協力とか・・・」と答えた。
その時、田中首相は、四本の指を突き上げて、
「では、この未解決の諸問題に、
四つの島が入っていることを確認されるか」
とブレジネフに迫った。
ブレジネフは、
「ヤー ズナーユ(私は知っている)」と答えた。
田中首相は、
「もう一度、ハッキリと確認願いたい」と迫った。
ブレジネフが肯いて、
「ダー(そうだ)」と答えた。
 この瞬間、
「日ソ間の領土問題は、ヤルタ以来、一連の国際協定によって解決済みである」
とするソ連の立場が崩れた。
つまり、日ソ(ロシア)間に「領土問題が存在する」ことを日ソ両国は確認した。
 
 重ねて言う。プーチンは、この認識なくして日本に来るな。

新着記事

  • 平成29年1月22日(日)
     アメリカ大統領にドナルド・トランプ氏が就任した翌日の一月二十二日の朝刊第一面トップのみだしには、トランプ大統領の就任演説に関して、「米国第一」とか「米の利益最優先」とかの文字が大書されていた。また……
  • 平成29年1月14日(土)
     先に、朝鮮(北朝鮮と韓国)に関して、その対処の仕方を、福沢諭吉翁が明治十八年に公にした「脱亜論」に還って、その方針に基づいて行うべしと記した。 しかし、その「脱亜論」は、単に朝鮮だけではなく「支那と…
  • 平成29年1月12日(木)
     おぞましい感じがして気が進まないが、やはり触れねばならない。 朝鮮半島のことである。ここは、我が国に汚物を吐き出すようなことを繰り返す地域である。その地域が、対馬の北の比田勝の山の上から見れば、海の…
  • 平成29年1月10日(火)
     今朝も東が少しあかね色になった薄暗い空のしたを歩いて、 第十六代、仁徳天皇の御陵に参拝した。 御陵は、南を向いた前方後円墳で、 南の前方部には東西に六百メートルほど一直線の周濠があり、 そこに多くの…
  • 平成29年1月8日(日)
     本年に入り、この時事通信で連続して国防について記した。 国防こそ、これからの我が国家の興廃をかけた課題だからである。 そこで、国家が精強なる国軍を保持するためには何が必要か、 精強なる国軍は、 国家…

アーカイブ