大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

何れが大統領になろうとも、同じ覚悟あるのみ

平成28年11月9日(水)

 アメリカの大統領選挙の結果が出る前に記しておきたい。
 
 この度のアメリカ大統領選挙も第二次世界大戦後の世界秩序崩壊という
 国際政治の地殻変動の上で行われている。
 この地殻変動は、武力によって領土領海を拡大する
 核保有大国の中共とロシアの軍事行動によって顕在化したが、
 それは、アメリカのオバマ大統領が、
 アメリカの後退を鮮明にしてお膳立てをしたものである。
 従って、アメリカ、ロシアそして中共が、世界秩序を崩壊させている。
 そして、今の嫌われ者と言われている二人の候補の何れが大統領になっても、
 この最悪だったオバマの世界の警察官からの後退路線を踏襲するであろう。

 従って、我が国は、世界秩序崩壊の荒波のなかに浮かぶ船だ。
 荒波とは、平穏な今までの国際秩序がないということである。
 つまり、戦後のGHQ製の「日本国憲法」が想定した
 「『平和を愛する諸国民』は既にない(はじめからないが)」
 ということだ。
 それ故、日本国民は、
 その荒波のなかで自力で航海し、
 国家と国民を護る覚悟を固めねばならない。
 そこで、その「覚悟」の内容を指摘する。

 それは、第一に、
 荒波を想定していない「日本国憲法」の無効を確認することである。
 「日本国憲法」によって荒波を克服することはできない。
 毒の樹を残して危機克服はできないのだ。
 第二に、
 軍隊を回復することである。
 何故なら、軍隊を保持せずして
 「平和のための戦略」を確立しそれを実施することは不可能であり、
 国防は最大の福祉であるからだ。

新着記事

  • 平成30年5月6日(日)
    「憲法記念日!」に、「アーロン収容所」を思い浮かべた。京都大学の教授だった会田雄次さんは、日本軍兵士としてビルマ戦線で戦い、敗れてイギリス軍の捕虜となって二年余の間、ビルマにあるイギリス軍の「アーロン…
  • 平成30年4月26日(木)
    昨日(25日)、大阪城の南側のホテルの会場で、工作部品等を製造する会社の経営者五十人ほどの会合で、「東アジア情勢の地殻変動と日本の再興」という題で話をさせていただいた。とはいえ、この講演のレジュメを作…
  • 平成30年4月19日(木)
    私が、直感し確信したことを記しておきたい。それは、横田めぐみさんのご両親、父の滋さんと、母の早紀江さんには、日本を動かす力、そして、世界を動かす力が天から与えられている、ということだ。平成十四年九月十…
  • 平成30年4月16日(月)
    四月十五日、若狭町および若狭町教育委員会主催の佐久間艇長遺徳顕彰式典に出席した。式典の場所は、福井県三方郡八村北前川の佐久間艇長顕彰碑前。ここは、森の中の緩やかな斜面で、今も、上の方に、艇長の父上が宮…
  • 平成30年4月11日(水)
    いよいよ、歴史が回り始めた。それが、分からないのは、「森友と加計と日報の入ったビン」のなかでそれを追いかけ回している、あまりにも惨めで低級な「日本の国会」だけだ。雨もなく、地震もない。何の予兆もなく……

アーカイブ