大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

塚本三郎元民社党委員長の卒寿を祝う

平成28年10月25日(火)

 昨日の十月二十四日、名古屋で、
 塚本三郎元民社党委員長の卒寿を祝う同窓会があった。
 塚本三郎先生ご夫妻を中心にして、
 かつて民社党の旗の下で衆参議員を務めた十一人の面々が集まった。
 昭和二年四月二十日生まれの塚本三郎先生が最年長で
 昭和二十三年七月七日生まれの私が最年少であった。

 民社党は、
 昭和三十五年一月、左右の全体主義、
 特に共産主義と戦うために結成された。
 そして、
 企業に入り込み企業を解体して国の産業を崩壊させ、
 共産党独裁政権樹立のための基盤である
 「社会の疲弊と民衆の不満による無秩序」を造ろうとする
 共産主義労働運動の撲滅に闘志をみなぎらせた。
 その為に、富士の裾野の御殿場の神馬に、
 共産主義労働運動と戦う理論武装教育を行う
 富士社会教育センターを創った。

 民社党の創業者たちは、
 GHQがイタリアで皇帝制度を廃止させた手法にならって、
 我が国の労働運動指導者を煽って天皇を廃止させようとしたとき、
 敢然と、飛ぶ鳥を落とすGHQに対して、
 「天皇がおられるから我が国の勤労者は勤勉なんだ」
 と反論して、GHQの天皇廃止路線を拒否し断念させた。
 その時、戦時中は大政翼賛会に属して偉そうにしていた「保守層」は、
 手の平を返してGHQの従順なイエスマンになっていた。
 つまり、終戦直後の
 「天皇廃止という日本の真の危機」を阻止したのは、
 民社党の創業者たちである。
 そして、民社党は、
 平成六年十二月九日、解党してその歴史を閉じた。
 その解党前の思い出は、党として、
 「集団的自衛権行使は当然である」
 という認識がほぼ確認されたことである。
 
 昨日の会で、
 私は、大きな声で(塚本委員長が耳が遠いので)、
 蓮舫という奴といっしょにいるやつは馬鹿で、
 日産のゴーンという奴とともに車をつくっているやつの気が知れん、
 と言ったが、誰も異議を示さなかった。
 塚本委員長の誕生日をだしにして集まる同窓会を、
 これからも開くことを申し合わせ
 塚本先生ご夫妻のご健勝を祈り、
 参加者全員の健勝を期して散会となった。

 以上のとおり、
 民社党出身者であることを誇りとして歩んできたが故に、記した次第だ。
 近い将来、圧倒的な危機の前に、戦後体制は崩壊する。
 その時、日本解体を狙い続けてきたコミンテルン路線は、
 様々に姿を変えていまも生きおり、
 日本解体の目的を達成しようとする。
 しかし、民社党はなくとも、
 民社党の路線も必ず生きて日本を救う。
 全国の愛国の同志と共に、再び、民社党の党歌、
 「いまぞ集う 勤労の同志!」、また、「いまぞ集う 愛国の同志!」
 を歌う日が来ることを目指す。

新着記事

  • 平成30年4月19日(木)
    私が、直感し確信したことを記しておきたい。それは、横田めぐみさんのご両親、父の滋さんと、母の早紀江さんには、日本を動かす力、そして、世界を動かす力が天から与えられている、ということだ。平成十四年九月十…
  • 平成30年4月16日(月)
    四月十五日、若狭町および若狭町教育委員会主催の佐久間艇長遺徳顕彰式典に出席した。式典の場所は、福井県三方郡八村北前川の佐久間艇長顕彰碑前。ここは、森の中の緩やかな斜面で、今も、上の方に、艇長の父上が宮…
  • 平成30年4月11日(水)
    いよいよ、歴史が回り始めた。それが、分からないのは、「森友と加計と日報の入ったビン」のなかでそれを追いかけ回している、あまりにも惨めで低級な「日本の国会」だけだ。雨もなく、地震もない。何の予兆もなく……
  • 平成30年4月10日(火)
    大学紛争時代の京都で、それぞれ吉田山の麓と大文字山の麓という指呼の間で同時期に学生生活をしていて、お互いに五十歳を過ぎてから、初めて相まみえた友人が奥山篤信さんだ。その彼が、六十歳を過ぎてから上智大学…
  • 平成30年4月6日(金)
    先の時事通信を、現在の「平和のための戦略」は、「軍備の増強」である、という結論で締めた。続いて、フェースブックで、その「軍備増強」とは、自衛隊の増強に限るのではなく、国民一人に一人が国を守るために戦う…

アーカイブ