大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

李登輝先生から学んだこと

平成15年9月13日(土)

この度の、事態で、李登輝先生から、大きな政治的教訓を学ばせていただいたことを、お伝えしなければならないと思う。

私は、李登輝先生の、「武士道解題」と「台湾の主張」を読み返した。

「もっと自信を持って、自らの意思で、決然と立っていてもよいのではないですか?何故なら、あなた方こそ『日本の魂』の真の継承者なのだから」
「目の前にあることを、一つずつ誠実に、自己の良心と信念だけに基いてやり抜いていく。結局、それ以外にはないのです」
・・・「武士道解題」

この様に言う李登輝先生は、長く中華民国国民党の中に身を置いて、台湾建設の志を胸に秘めながら、一歩一歩歩んでいく。
そして、天の恩寵により、ついに「中華民国総統」になり、「身を棄ててこそ浮かぶ瀬もあれ」(かつて直接私に語った言葉)と思い定め、総統直接選挙を実施し、一挙に民主台湾への幕を切って落とし、「台湾総統」となる。その時既に七十を超えていた。
(この李登輝先生の歩みを見れば、石原慎太郎さんは、これからで、未だ若いのだ!)

この過程を歩かれた李登輝先生が、私に伝えてくれた教えは、次のことだ。

「『コリントの信徒への手紙』の言葉にもあるように、愛は「事忍び、事耐うる」。政治においては、忍び耐えることが非常に大切であることを、私は身をもって体験してきた」
「政治家が心しなくてはならないのは、問題に直面したとき決して直線で考えないことだ。最短距離をみつけようとしてはならない。目的地への直線を引くことをやめて、必ず迂回すること、むしろ、回り道を見つけ出そうと務めるべきなのである」
・・・「台湾の主張」

これらの李登輝先生の言葉に接し、大きな魂の呼びかけを感じて、私は、当面の結論を得たのだ。

新着記事

  • 平成30年4月26日(木)
    昨日(25日)、大阪城の南側のホテルの会場で、工作部品等を製造する会社の経営者五十人ほどの会合で、「東アジア情勢の地殻変動と日本の再興」という題で話をさせていただいた。とはいえ、この講演のレジュメを作…
  • 平成30年4月19日(木)
    私が、直感し確信したことを記しておきたい。それは、横田めぐみさんのご両親、父の滋さんと、母の早紀江さんには、日本を動かす力、そして、世界を動かす力が天から与えられている、ということだ。平成十四年九月十…
  • 平成30年4月16日(月)
    四月十五日、若狭町および若狭町教育委員会主催の佐久間艇長遺徳顕彰式典に出席した。式典の場所は、福井県三方郡八村北前川の佐久間艇長顕彰碑前。ここは、森の中の緩やかな斜面で、今も、上の方に、艇長の父上が宮…
  • 平成30年4月11日(水)
    いよいよ、歴史が回り始めた。それが、分からないのは、「森友と加計と日報の入ったビン」のなかでそれを追いかけ回している、あまりにも惨めで低級な「日本の国会」だけだ。雨もなく、地震もない。何の予兆もなく……
  • 平成30年4月10日(火)
    大学紛争時代の京都で、それぞれ吉田山の麓と大文字山の麓という指呼の間で同時期に学生生活をしていて、お互いに五十歳を過ぎてから、初めて相まみえた友人が奥山篤信さんだ。その彼が、六十歳を過ぎてから上智大学…

アーカイブ