大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

李登輝先生から学んだこと

平成15年9月13日(土)

この度の、事態で、李登輝先生から、大きな政治的教訓を学ばせていただいたことを、お伝えしなければならないと思う。

私は、李登輝先生の、「武士道解題」と「台湾の主張」を読み返した。

「もっと自信を持って、自らの意思で、決然と立っていてもよいのではないですか?何故なら、あなた方こそ『日本の魂』の真の継承者なのだから」
「目の前にあることを、一つずつ誠実に、自己の良心と信念だけに基いてやり抜いていく。結局、それ以外にはないのです」
・・・「武士道解題」

この様に言う李登輝先生は、長く中華民国国民党の中に身を置いて、台湾建設の志を胸に秘めながら、一歩一歩歩んでいく。
そして、天の恩寵により、ついに「中華民国総統」になり、「身を棄ててこそ浮かぶ瀬もあれ」(かつて直接私に語った言葉)と思い定め、総統直接選挙を実施し、一挙に民主台湾への幕を切って落とし、「台湾総統」となる。その時既に七十を超えていた。
(この李登輝先生の歩みを見れば、石原慎太郎さんは、これからで、未だ若いのだ!)

この過程を歩かれた李登輝先生が、私に伝えてくれた教えは、次のことだ。

「『コリントの信徒への手紙』の言葉にもあるように、愛は「事忍び、事耐うる」。政治においては、忍び耐えることが非常に大切であることを、私は身をもって体験してきた」
「政治家が心しなくてはならないのは、問題に直面したとき決して直線で考えないことだ。最短距離をみつけようとしてはならない。目的地への直線を引くことをやめて、必ず迂回すること、むしろ、回り道を見つけ出そうと務めるべきなのである」
・・・「台湾の主張」

これらの李登輝先生の言葉に接し、大きな魂の呼びかけを感じて、私は、当面の結論を得たのだ。

新着記事

  • 平成30年7月19日(木)
    先に、「明治を甦らせる」として、明治と、昭和そして現在の連続性を回復することこそ、これからの我が国の「独立自尊の進路の決断」に必要なことだと書いた。そして、その連続性を回復する為の障害が、明治の日露戦…
  • 平成30年7月18日(水)
    明治を現在に甦らせよ!先日の産経新聞の「明治ルネッサンスで時代に新風を」と題する「正論」は、新保祐司氏が執筆し、明治という時代には「まさに『明治の栄光』というトーンがふさわしい」と述べた上で、次のよう…
  • 平成30年7月12日(木)
    六月十二日の、シンガポールにおけるトランプ氏が上機嫌に成功したと謳った米朝首脳会談の後、現実味を帯びていた「斬首作戦」は忘れられ、米韓合同軍事演習も中止され、急速に、一体、何を騒いでいたのか、分からな…
  • 平成30年7月5日(木)
    先の時事通信と重複するが、「月刊日本」誌に送稿した一文を次に掲載する。これを書いていた時、平成十四年の小泉純一郎総理と金正日委員長との日朝首脳会談の下準備交渉をしてシナリオを書いていた、外務省アジア大…
  • 平成30年7月4日(水)
    七月二日、愛媛県松山市で開かれた愛媛県下の拉致議連総会後の講演会に出席し、配布された政府資料を見た。その政府の作った拉致被害者リストは、こと、ここに至っても、昭和五十二年(一九七七年)九月の久米裕拉致…

アーカイブ