大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

大道は「志」である

平成15年9月12日(金)

政党があって、「志」があるのではない。
政党がなくとも「志」はある。
問題は、「志」のない者が「政党」を作り、または、政党を運用する弊害!
この弊害が、総体としての現日本政治の衰退と機能不全と堕落を温存している。

勝海舟は、氷川清話のなかで、「俺は政党とは、ついに私だと思うよ」と述べている。

私達が結党した自由党は、解散する。
自由党が解散すれば、私には、「党」がとれて「自由」だけが残る。

自由党は、ついに「私」であった。
あるときには、政策による自・自連立、かと思えば、手を翻して政策による連立解消。さらに、ついには、このたびの政策をおろしたうえでの解散と吸収合併。
ではそもそも、なぜ、新進党を解体したのだ。この一貫性のなさは、自由党が一貫した「志」よらずに「政局」によって運用されていたことを示している。

この「政局」だけによって運営されていた自由党が、国民の税金から億単位の政党助成金をいただき、その金子を持参して他に吸収合併される。これ、納税者は納得するのか。
民主党を支持しないが自由党を支持して票を投じた納税者がいるのだ。かくいう私も、民主党を支持せず自由党を支持していたから自由党にいたのだ。
当たり前だろう。
この観点からの議論皆無の今回の事態に対し、自由党所属議員として慙愧の念に絶えず、深く納税者にお詫びする。

さはさりながら、自由党は解党する。

そして、私事ながら、「世論調査」の結果、私が次の合併先の民主党公認となる旨東京から発表された。
郷里の方々が、聞き取り調査に際して、私の名を出して圧倒的に支持してくださったことに感謝し、この流れを私は受け入れる。
そして、来るべき選挙に臨んでいく。

朝日新聞の社説は、西村に踏み絵を踏ますべきであると書いていたが、私は何も踏まない。踏み絵を踏んだのは民主党のほうである。
今までの民主党的なものは潰すべきだ。この意味で、民主党は賢明な選択をしたことになる。

政党は変わっても「志」は不変である。
真正保守勢力の結集を目指す。
時期を見極め天命を見極める。

「大道は無門」

よって、私は、私心を捨てて志を磨き、大和魂を磨き、自己を磨き、天地天然の霊性に従い「乾坤に独歩す」る境涯を目指す。

新着記事

  • 平成30年1月18日(木)
    無念、痛恨の思いで、以下の報告をする。今、私の手元に、平成29年12月吉日付けの第三七普通科連隊長より「徒歩行進訓練のご案内」と題する文書がある。この文書は、次の通り記している。・・・    ・・・……
  • 平成30年1月17日(水)
    現在、我が国の内外で、まことにバカバカしい交渉が繰り返されている。朝鮮半島では、北と南が、次のような内容の議論をしている。平昌オリンピックに、北が参加するかしないか。北が、競技とは関係の無い美女軍団を…
  • 平成30年1月11日(木)
    現在直面している我が国を取り巻く国際情勢は、実は、明治維新前後から我が国が直面した情勢と相似形であると思われる。しかも、それを克服する為の我が国国内の条件も、明治と同じにならなければ克服できないという…
  • 平成30年1月10日(水)
    昨日、一月九日、朝鮮半島の南北は同時に動いていた。南の韓国は、平成二十七年十二月末の従軍慰安婦に関する日韓合意に対する「検証結果」を発表し、同時刻、南と北は、三十八度線の南北軍事境界線の韓国内の施設に…
  • 平成30年1月6日(土)
    年頭にあたって、台湾の戦略的重要性については既に述べたが、さらに、台湾について書く。その上で、台湾と文明が全く異なる「朝鮮の南と北」が、昨年末から新年に入って、また同じことを繰り返し始めたので最後に触…

アーカイブ