大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

万景峰号はいかに作用するか

平成15年9月6日(土)

私は、本日の新潟港埠頭には、出向かなかった。映像で見守った。国会議員は埠頭ではなく立法府でやることがある、という当然の意見があるからだ。

 今回も朝鮮人・朝鮮総連関係者は、バスで埠頭前の建物まで誘導され、日本人は、徒歩で一人一人チェックを受けて埠頭まで2百メートルほどを歩くのは、前回の入港(八月二十五日)と同じであった。

 前回は、日本人には旗竿が禁止されたが、朝鮮人には許されていた。今回は、旗竿ではなく北朝鮮国旗の小旗に変わっていた。

 その陸の変化を盛り返すかのように、船のデッキでは、多数の大きな旗が打ち振られ(前回は2本)、デッキに並ぶ人数も10倍くらいに増やされ、しかも大型スピーカーも設置されていた。これで、埠頭に並ぶ日本人の声はかき消された。

 この春には、私は、3つの法案を起案し用意していた。
「国益を害する外国船舶の入港阻止法案」
「国益を害する永住外国人の再入国禁止法案」
「外為法改正法案」
 の3つである。
 これらは、人・物・金の北朝鮮への流出を禁ずるとともに、日本の治安を確保し、覚せい剤や偽札の日本への持込を阻止するための法律である。また、日本人が北朝鮮に抑留監禁された状態を放置しながら、朝鮮人だけが自由に日本と北朝鮮を行き来することを禁じることができる法律である。

 しかし、国会閉会で提出できず、さらに、自由党解党予定で、自分の党がなくなってしまう。提出の窓口を失うのである。
「諸君」10月号には、拉致議連と日朝友好議員連盟所属の議員の党派別名簿と考え方のアンケートが載っているが、自由党以外提出政党にすんなりなれる政党は見当たらないのだ。また、不毛の手間がかかるのだ。

 政府は、この国会の現状の上に載っている議院内閣制である。上記3法案を提出するはずもない。

 よって、政府は、これからも新潟の万景峰号、舞鶴の○○号をはじめ、一年間に1400隻ともいえる北朝鮮貨物船が日本に入るに任せるであろう。
 そして、金一族は贅沢し、ミサイルのほぼ百パーセントの部品は日本から運ばれ、実質メイドインジャパンの北朝鮮ミサイルは生産され続けるであろう。
 日本人は帰れないのに、毎年1万人の在日朝鮮人が自由に北朝鮮に帰りまた日本に堂々と特権階級のような顔をして入国してくるのだ。
この屈辱。

 さはさりながら、万景峰号の入港を軽視してはならない。
 入港ごとに確実にわが国世論にボディーブローを加えるであろう。いずれ堪忍袋の緒が切れる。したがって、万景峰号こそ象徴的に、かつ雄弁に、わが国政府の無策の構造と国会の売国的無能さを、入港のたびに天下に知らせる媒体となるのだ。

 いくらでも来い。
 日本国民はもうすぐ立ち上がる。
 日本国民が団結すれば、どれだけのエネルギーを生み出すか、歴史教育をゆがめられた日本人よりは、向こうのほうが、骨身にしみて知っているはずだ。

新着記事

  • 平成30年7月19日(木)
    先に、「明治を甦らせる」として、明治と、昭和そして現在の連続性を回復することこそ、これからの我が国の「独立自尊の進路の決断」に必要なことだと書いた。そして、その連続性を回復する為の障害が、明治の日露戦…
  • 平成30年7月18日(水)
    明治を現在に甦らせよ!先日の産経新聞の「明治ルネッサンスで時代に新風を」と題する「正論」は、新保祐司氏が執筆し、明治という時代には「まさに『明治の栄光』というトーンがふさわしい」と述べた上で、次のよう…
  • 平成30年7月12日(木)
    六月十二日の、シンガポールにおけるトランプ氏が上機嫌に成功したと謳った米朝首脳会談の後、現実味を帯びていた「斬首作戦」は忘れられ、米韓合同軍事演習も中止され、急速に、一体、何を騒いでいたのか、分からな…
  • 平成30年7月5日(木)
    先の時事通信と重複するが、「月刊日本」誌に送稿した一文を次に掲載する。これを書いていた時、平成十四年の小泉純一郎総理と金正日委員長との日朝首脳会談の下準備交渉をしてシナリオを書いていた、外務省アジア大…
  • 平成30年7月4日(水)
    七月二日、愛媛県松山市で開かれた愛媛県下の拉致議連総会後の講演会に出席し、配布された政府資料を見た。その政府の作った拉致被害者リストは、こと、ここに至っても、昭和五十二年(一九七七年)九月の久米裕拉致…

アーカイブ