大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

田母神俊雄の故郷にて

平成28年5月14日(土)

 五月十三日午前十時ころ、福島県の西郷村の林養魚場を訪れ、
 次ぎに北国特有の落葉広葉樹林の心が明るくなる新緑におおわれた道を北上して
 会津に入り、猪苗代湖を見下ろす磐梯山系の麓に建つホテルで行われた
 「西村眞悟・田母神俊雄演説会」に出席して話をした。
 演題は「支那 討つべし」、
 主催は野崎醫院そして田母神俊雄を応援する会。

 主催者の猪苗代の高士である野崎豊医師が作成した、
 演説会を知らせる五月七日の新聞折り込みには、
 「西村眞悟・田母神俊雄演説会のお知らせ」と大書された最後に、
 「尚、田母神氏欠席の場合もあります。悪しからず。」
 と書かれていた。
 演説会の場所である猪苗代は郡山に接しており、
 田母神俊雄の故郷である。
 会場には、田母神俊雄と小学校が一緒の人、中学と高校が一緒の人、
 そして、遠縁に当たる人も来られていた。
 田母神俊雄が卒業した小学校は、田母神小学校である。
 田母神俊雄と私は、昨年の五月には二人でこの場で演説した。
 しかし、本年、
 田母神俊雄は、この郷里で行われる演説会に出席できなかった。

 東日本大震災の年以来、毎年一、二度は会津そして猪苗代を訪れている。
 この会津の地に来ていつも思うのは、
 学生時代に毎日のように散歩した京都の吉田山の南に連なる黒谷の会津藩士の墓地である。
 幕末に京都守護職になった会津藩主松平容保に従って会津から遙か京都に赴き、
 禁門の変で御所を守って戦死してあの黒谷に眠る会津藩士達は、
 きっと、猪苗代湖の畔から磐梯山を眺めて郷里に別れを告げたのだろうと思うのだ。

 会津の方々は、今も長州には厳しい。
 禁門の変で、長州人は、こともあろうに天皇がおられる御所に大砲を撃ち込んだ。
 戊辰の役で長州の奇兵隊は、戦死した会津藩士の遺体の埋葬を禁止して
 暑い八月から翌年に至るまで腐敗した遺体を晒しものにした。
 会津の方々は、このようなことができる長州人は、日本人ではない、と言うのである。

 さて、私は、田母神俊雄の分まで一時間半、夜の八時近くまで、
 日本は支那のもたらす国難を如何にして克服するのかを語った。
 
 イギリスとフランスが、平和ボケのなかで贅沢を楽しんでいるときに、
 イギリスのチャーチルとフランスのドゴールは、共にナチスドイツの脅威を語り、
 チャーチルは軍備増強を主張し、
 ドゴールは機械化部隊の創設を主張した。
 そして、チャーチルは、戦争屋と非難されて落選し、
 ドゴールは昇級を止められてフランス陸軍から追放同然となった。
 
 しかし、その後、ナチスドイツによる真の危機が襲ってきたときに、
 祖国を救ったのはチャーチルとドゴールであった。

 危機の時に祖国を担う者は、
 その危機の前の時代には苦難のなかを生きねばならない。
 今、我が国において、その苦難に耐えている者は、
 田母神俊雄ではないか。
 祖国のために、チャーチルやドゴールと、同じ苦難を経験してきているのは
 田母神俊雄と西村眞悟である。

 我が国を取り巻く内外の情勢は、
 百十年前の帝政ロシアの脅威が迫った時よりも厳しい。
 百十年前には、我が国内に反日の敵はいなかった。
 しかし、現在は、我が国内で支那の工作活動が成功し、
 国内に、
 我が国が無防備であること、
 我が国が戦うことができない状態にあること、
 さらに、
 我が国がもっと弱体化すること、
 我が国が支那の属国になること、
 を推進する平和主義を装う政治勢力が存在する。

 しかし、この我が国内の平和主義は、
 支那の工作活動の成果であり、
 この平和主義が支那との戦争を生み出し、
 我が国をその属国に陥れる。
 
 これ、支那による「兵は詭道(騙し)なり」
 すなわち孫子の兵法通りの術策ではないか。
 田母神俊雄逮捕も、
 この術策の流れと無関係ではなく、
 国内の「平和主義者」と支那はほくそ笑んでいる。

 選挙が終わってから二年以上たってからの
 選挙違反による逮捕・起訴とは少し不自然ではないか。
 選挙違反事例は、選挙が終わって数ヶ月以内に行うのが通常であろう。
 公訴権を独占する検察の公訴権行使に濫用はないか否か、
 国民こそ、これを注視しなければならない。

 また、地元の田母神俊雄を応援する会の代表者が、
 毎日、田母神俊雄と接見している弁護士からの説明を伝えた。
 田母神俊雄は、元気である、と。
 否認しているので保釈はない。
 弁護士との接見以外は許されず、家族や身内との面会は許されていない。

 田母神俊雄に逃亡の恐れも罪証隠滅の恐れもない。
 それ故、保釈がなされないのは不合理であると思う。
 しかし、
 田母神俊雄は元気である、との報告は嬉しかった。
 彼は、知らないのもは知らないと、元気に否認している。
 田母神俊雄、天晴れであると思う。

 話の最後に私は言った。
 自分は時々、人を評価するとき、
 「この男と共に戦場に行けるか」
 という基準で観る。
 この基準で判断すると
 田母神俊雄とは喜んで戦場に赴くことができる。




 

新着記事

  • 令和2年2月25日(火)
    教育と国防に関して記しておきたい。我が国を軍事占領していたGHQ(連合軍総司令部)が、日本を弱体化したまま固定するという日本占領統治目的の為に書いた「日本国憲法」を「日本の憲法」とする「戦後という時代…
  • 令和2年2月20日(木)
    二月十九日の「今、歴史の大転換期 日本のルネッサンス期だ」と題する「時事通信」の冒頭、うっかり「新型ノロウイルス」と書いたが、「新型コロナウイルス」が正しい。とはいえ、感染症の専門家なら、「ノロ」とか…
  • 令和2年2月19日(水)
    令和の御代最初の新年も、はや二月下旬に入り、中共発の新型ノロウイルスの蔓延と相乗して、「一月行く、二月逃げる、三月去る」と昔の人の言いし如く甚だ慌ただしい。しかしながら、この慌ただしい中で、我が国の命…
  • 令和2年2月15日(土)
    七十八年前の昭和十七年二月十四日09:00、マレー半島南部のジョホールバル州クルアン飛行場を、落下傘降下兵三百三十九名が搭乗した輸送機、投下する物流箱及び武器弾薬を搭載した輸送機そして、護衛の隼戦闘機…
  • 令和2年1月30日(木)
    令和二年一月二十九日の朝刊は、中国の武漢市で発生した新型コロナウイルスが、日本国内で人から人へ感染したことを始めて確認したと報じている。この人は、武漢市からの観光客を乗せたバスの運転手で、武漢への渡航…

アーカイブ