大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

中華人民共和国は日本が創った

平成27年8月27日(木)

 中共の新華社は、
 昭和天皇が戦争指揮を行ったので、今上陛下は中共に謝罪すべきだ、という記事を配信した。
 中共の政府は、
 九月三日の「抗日戦勝記念行事」にあわせて、
 九月一日から五日まで、TVでの娯楽番組を禁止し、
 抗日戦争に関する映画やドキュメンタリーを放映し続ける通知を出した。

 北朝鮮の三代目から圧力を受けている南朝鮮(韓国)の大統領は、
 九月三日の抗日戦勝軍事パレードへ出席して参観する。
 北よりも南の方が、かつての宗主国様に覚えめでたいことを示そうとする伝統的事大主義に基づく行動である。
 事大主義とは何かと言えば、卑屈、ということである。
 朝鮮では、その卑屈の結果、保身だけに関心が集まり、
 自己統治ができなくなる。今、そうなりつつある。

 以上が、共産党内の権力闘争の熾烈化と市場の崩壊の渦中において、各所の原因不明の大爆発と都市部の地面陥落(手抜き工事の結果)と大気汚染に見舞われている中共から発信されているニュースである。

 もはや、中国共産党政権にとって、
 自らの政権誕生の正当性と、現在政権が存続している正当性を、
 共に基礎づける「口実」は、
 「抗日戦勝プロパガンダ」しかないのである。
 哀れな政権の断末魔ではないか。
 そこに擦り寄る南朝鮮の大統領も哀れなるかな。

 この支那と朝鮮の哀れさから、出てくる文明は、
 「嘘をつくことは悪くない、嘘に騙される方が悪い」ということになり、
 歴史は、現に、支那にとってはプロパガンダになり、朝鮮にとってはファンタジーとなっている。
 彼らは、捏造した嘘によって、政権の正当性と栄光を基礎付けようとしている。

 しかし、我ら、日本の文明は彼らと決定的に違う。
 我らは、「嘘をつくことは悪いことである」という文明に生きている。
 従って、歴史は、ファクト(事実)である。

 従って、彼らが彼らの文明によって生きるように、
 我らも我らの文明によって生きようではないか。
 我らは、この文明と伝統に忠実に生きた先祖の名誉にかけて、
 断じて、支那のように「恥知らず」であってはならず、
 朝鮮のように「卑屈」であってはならないのだ。

 よって、九月の三日にかけて、
 支那も、それを報道する我が国の「卑屈」なマスコミも五月蠅いので、
 うるさい蠅を一蹴するように事実を指摘しておきたい。

(1)中華人民共和国は、大日本帝国陸軍のお陰で誕生した。
 我が陸軍の武勲がなければ中国共産党は支那の政権を掌握できなかったのである。
 そして、これは、彼ら共産党・コミンテルンの戦略を彼らが実現した結果であることを、
 「痛恨の思いを以て」認める。

①共産党・コミンテルンは、支那において、「戦争から内戦へ、内戦から革命へ」そして毛沢東の「政権は銃口から生まれる」という戦略によって支那に共産党政権を樹立しようとした。
 即ち、彼らは革命のために戦争を欲したのだ。
 その為に、まず民衆と外国軍部隊との衝突を求め、
 その外国の標的を、英米ではなく日本に定めた。
 それは、一九二六年(大正十五年)から二十八年までの蒋介石軍による北伐の期間ではないかと思われる。
 その北伐の時、我が国は幣原協調外交によって北伐軍に対して英米との武力による共同防御の態勢をとらずに無抵抗を貫いたので、
 共産主義者は、日本こそリスクなく攻撃できる絶好の外国であることを発見したのである。

②この北伐後に中国国民党と中国共産党は「内乱」状態に入り、
 国民党軍を率いた蒋介石は、ほぼ共産党軍を駆逐して中国のメインランド(中原)を制圧する。
 他方、装備の劣悪な共産党軍は僻地の延安に逃げ込んで逼塞する。
 そして、蒋介石は、ドイツから卓越したフォン・ゼークト将軍を中心とする軍事顧問団を招いて、ドイツ製武器を装備した近代的軍隊の建設に乗り出す。
 このようにして、蒋介石は昭和十二年の日華事変前には、上海を中心に二百万を超える近代軍を有するに至っていた。

③昭和十一年十二月、西安を視察に来ていた蒋介石を満州軍閥張作霖の息子である張学良が拘束して監禁する事件が起こるや、毛沢東と周恩来は直ちに西安に来て蒋介石を殺さず、反対に対日戦争開始を蒋介石と約束して第二次国共合作(国民党と共産党の合体)を成立させる。
 この結果、昭和十二年七月、北京郊外の蘆溝橋で共産党分子が夜間演習中の日本軍部隊に銃弾を撃ち込んで日華事変を勃発させ、
 翌月の八月、蒋介石は上海において邦人保護のために駐留する四千名の日本海軍陸戦隊に対して総攻撃をかける(第二次上海事件)。これが、以後、昭和二十年まで続く、日中全面衝突の発端である。即ち、これがコミンテルンの戦略の本格的発動となる。
 その全面衝突の間、中国の重慶には蒋介石の国民党政府があり、
 僻地の延安には毛沢東の共産党政府ができる。
 そして、日本軍は、重慶の国民党軍と戦っていたのである。延安の共産軍と戦っていたのではない。
 ただ、延安政府は、日本軍が蒋介石軍を駆逐したあとの農村に宣撫要員を送り込んで勢力圏を拡げていた。

④昭和十九年四月、帝国陸軍は、とてつもない作戦を開始する。
 それは、五十一万人の大兵力を動かして北京から南の南寧までの二千五百キロの鉄道と沿線を制圧してインドシナ・タイと連結し、アメリカ軍のB29の航空基地を占領するという一号作戦(大陸打通作戦)である。
 この一号作戦の発動によって、まず五十万の国民政府軍は消滅し、日本軍が近づくにつれて五万人の国民党軍が農民に武装解除されたり、将軍が家財道具や財産を汽車に乗せて逃げ出し軍の組織が崩壊した。
 そして、日本軍は大陸打通作戦を完遂する。
 この時点で、つまり日本の敗戦の直前に、
 中国共産党が決して勝つことができなかった最大の敵である中国国民党軍は、
 日本軍によって中国のメインランドで殲滅されていたのである。

⑤昭和二十年八月十五日、大日本帝国天皇は、
 ポツダム宣言の受諾を国民に発表せられ、
 同時に大元帥として大陸命および大海令を発して、
 支那大陸と満州と南方に展開する四百万の陸海軍に直接作戦行動の停止を命令され、
 さらに同日、皇族を各部隊に派遣し、現場で停戦の「聖旨」を伝達される。

⑥この結果、毛沢東や周恩来から観て、信じられない驚くべきことが起こった。
 彼らの目の前で、恐るべき最大の武力、即ち、一号作戦を完遂した無敵の精鋭部隊が
 天皇の命令に従って、
 部隊ごと逃亡することもなく、秩序を保って自主的に粛々と武装を解除したのだ。
 この時点で、中国共産党は戦わずして中国の政権を掌中に入れた。
 彼らに残された道は、
 ソビエトの援助をもらい、日本軍の武装解除によって手に入った武器を以て、
 日本軍と戦って衰弱した国民党軍との内戦に臨み政権を樹立することであった。
 中国共産党は、自らの前に厳然と存在した無敵の精鋭を一言で武装解除させた
 大日本帝国天皇の御稜威(みいつ、威徳のこと)に頭を垂れるべきである。

⑦よって、本年の九月三日には、中国の主席習近平は、何を為すべきか。
 それは「抗日戦勝70周年記念軍事パレード」ではなく、
 「抗中国国民党戦勝70周年軍事パレード」と
 「大日本帝国陸海軍感謝70周年パレード」そして、
 「日本国天皇陛下万歳」である。

(2)次ぎに、のこのこ北京に行く韓国大統領に関してはコメントするのもめんどくさい。
  父親に聞いてなかったのか。そうであれば、親不孝者だ。
  父親は、日本国民として生まれた偉人であった。
 
 朝鮮が、支那の属国であった李氏朝鮮の疲弊を克服して近代化の基礎が建設されたのは、
 日本統治時代、
 つまり父親を始め朝鮮半島の人々が日本国民であった時代である。
 その三十六年間で、朝鮮半島の人口が二倍になっている事実がそれを雄弁に語っている。
 李氏朝鮮の疲弊のままだと人口低下はあっても増加はない。

新着記事

  • 令和3年8月2日(月)
    現在、東京オリンピック・パラリンピックは無観客で開催されている。そして、オリンピック開催反対を主張していた新聞社は、連日、テレビでオリンピックの各競技を実況中継している。また、同社は、八月の甲子園球場…
  • 令和3年7月15日(木)
    ロシアのバルチック艦隊を対馬沖で迎撃し殲滅した1905年5月27日の日本海海戦から百周年に当たる2005年以来、毎年5月27日に対馬を訪れていたが、武漢ウイルス蔓延により、ここ二年間、5月27日に対馬…
  • 令和3年7月1日(木)
    七月の中旬に梅雨が明け、八月にはいると、お盆で、戦没者慰霊の日がくる。そこで、現在の我々日本人が、未だ我が国を占領していたGHQに洗脳された通りに、自らの思考を停止していることを指摘しておかねばならな…
  • 令和3年6月18日(金)
    六月十八日(本日)の産経新聞朝刊の「正論」は、竹内久美子さんの「皇統途絶えさせる議論危惧する」と題するまさに時宜にかない秀逸で貴重な論考を掲載している。何故、貴重か。それは女性である竹内久美子さんが……
  • 令和3年6月14日(月)
    如何なる形態であれ、国家があれば、そこに、その国家の「あり方」を示す憲法がある。その憲法には、憲法典として紙に書かれた「形式的意味の憲法(成文憲法)」と憲法典として紙に書かれていない「実質的意味の憲法…

アーカイブ