大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

再度、朝銀問題を詳述する

平成13年11月15日(木)

 日程の合間で書き込んでいるので、時間が足らずに先の報告で欠けた点を、以下に報告します。

1、総連系在日朝鮮人は、子供から大人まで人口10万人を切っている。

2、したがって、全国に展開する朝銀に公的資金を投入しても、経営が成り立つはずがない。

3、しかし、98年5月、朝銀近畿に既に3100億円の公的資金が投入された。そして、00年12月、朝銀近畿が再度破綻して、またも再度、公的資金が投入されようとしている。

4、11月7日、朝銀北東(札幌)、朝銀中部(岐阜)、朝銀西(岡山)の3信組に2660億円の贈与と469億円の不良債権買取、合計3129億円投入が決定された。
 残る6信組(東京、新潟、神奈川、千葉、長野、近畿)の債務超過額は、4421億円。預金保険機構は公的資金贈与を検討中。

 したがって、最終的に3年前に朝銀近畿に投入した3100億円を含めて、朝銀の破綻に投入される公金は1兆円をはるかに突破する。

5、しかし、元に戻って、これら公的資金を投入して救済する朝銀を利用する人口は、10万人に満たない。
 経営が成り立つはずがなく、無駄金になるのは、明らかではないか。朝銀近畿のようにまた破綻すれば、また投入するのか。無限連鎖ではないか。
 よって、朝銀は、預金を保証して解散させねばならない。これが、正常な判断能力のある措置である。

 この判断ができずに、ブラックホールに金を流し込もうとしている日本政府は、国民を裏切っている。
 以上、佐藤勝己氏の自由党法務部会での話から。

 国を憂うる心有る人々は、ここで、改めて北朝鮮に米を送り、日朝友好議員連盟を率いて北朝鮮をたびたび訪問してきた、歴代自民党幹事長の顔やパチンコが趣味という政党幹部の顔を思い起こしてほしい。
 そして、逆風の中で強制捜査に乗り出した警視庁・兵庫県警など、警察を励まそうではないか。

新着記事

  • 平成29年9月19日(火)
    数日前に、産経新聞朝刊が最初に一面大見出しで、「衆議院解散」を報じたとき、あれ、何を考えているのか、と、一瞬、解散権を持つ安倍総理の頭の中のことを思ったが、その後、得心した。何故なら、我が国を取り巻く…
  • 平成29年9月13日(水)
    昨日、「安保理決議は軍事力行使の手段である」と題する時事通信を発信してから、夕方に、大阪で元航空支援集団司令官で空将の織田邦男閣下の話を聞く機会があった。私は、昨日の時事通信で、アメリカのトランプ大統…
  • 平成29年9月12日(火)
    国連安保理決議は「目的」ではなく「手段」だ。では、何の「手段」か。「斬首作戦」開始の「手段」である。日本以外の諸国、特にアメリカにとって、「政治と軍事」は車の両輪であることを忘れてはならない。アメリカ…
  • 平成29年9月9日(土)
    九月九日の、現時点で、まさに今が、東アジアの、「戦争か平和かの分岐点」であると感じる。分岐点というより、我が国は、今、爆発の予兆がする噴火口の上に乗っているのだ。従って、ジタバタすることなく、覚悟を決…
  • 平成29年9月5日(火)
    今、着眼すべきは、核兵器の不拡散に関する条約(NPT条約)第10条  各締約国は、  この条約の対象である事項に関連する異常な事態が、  自国の至高の利益を危うくしていると認める場合には、  その主権…

アーカイブ