大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

天長節

平成26年12月23日(火)

 本日の天長節の朝、
 第十六代仁徳天皇の御陵に歩き、正面に至って参拝する。
 御皇室の彌榮と日本国の安泰をお願いして祈る。

 鳥居の向こうに見える森が天の道に通じているように下から上に揺れ上がった。
 天皇皇后両陛下のご健勝を切にお祈り申し上げる。

 天皇は、お国と民のことを祈られる。
 そして、民は天皇を祈る。
 その時民は、自身の先祖とともに祈っている。
 我々の先祖は、何時の時代でもそれぞれ万世一系の天皇を戴く御世に生きていたからである。

 教育勅語の次の一文は、天皇と民の家族のような連続性を示していると思う。
 「かくの如きは、独り朕が忠良の臣民たるのみならず、又以て爾祖先の遺風を顕彰するに足らん」

 本日の天長節は、我ら一人一人が、万世一系の天皇を戴く日本に生まれた喜びをしみじみとかみしめる日である。

新着記事

  • 平成30年2月20日(火)
    「伝統と革新」誌から次号のテーマである「神道と現代日本・・・宗教・闘争・平和」に関する原稿用紙二十枚の執筆依頼を受けたので、二月十六日と十七日の二日間で書いた。しかし、私には、宗教に関する学識は無く……
  • 平成30年2月19日(月)
    本年二月に入り、本日までのことを記しておきたい。、二日に、大阪のザ・シンフォニーホールで演奏された神武天皇の東征と即位を謳った、北原白秋作詞、信時潔作曲の交聲曲「海道東征」を聴き、その演奏後に、大伴家…
  • 平成30年2月14日(水)
    我が國體から観た明治維新、即ち、天皇の明治維新について、この度、「月刊日本」に送稿した一文を次に記しておきたい。・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・   再び、明治百五十年に…
  • 平成30年2月8日(木)
    日本人が日本人である限り、楠正成は忘れられることなく甦り続ける。特に、国家に危機が迫るとき、日本人は、幕末でも、日清日露戦役でも、大東亜戦争においても、楠正成を思い、正成のように天皇と国家の為に力を尽…
  • 平成30年2月7日(水)
    韓国における冬季オリンピックに参加することになった北朝鮮が、あつかましくも、あの工作母船万景峰号を韓国の港に入れて芸術団と工作員を送り込んでいる。あれは、かつて、新潟港に来ていた、にっくき撃沈すべき万…

アーカイブ