大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

戦後体制の逆説が現実となる

平成26年12月21日(日)

 妙な表題を掲げての時事通信だと思われるかも知れないが、これからあまり指摘されていない二つのことを指摘しておきたい。

 その一つ。
 現在の政界構造の元では、自民党が総選挙で勝利したということは、
 公明党を創設した巨大組織が全国津々浦々の選挙区で自民党候補者を「組織票」で支配する体制を造り上げたということだ。
 即ち、衆知の巨大組織が政権与党に目に見えない最大の影響力を行使できる体制が即ち自民党勝利なのだ。
 よって、浮かれておれば、知らぬ間に日本が日本でなくなるぞ、と言っておく。

 次の一つ。
 古代ローマの賢人が警告したことが、我が国で戦後七十年の来年、現実化する可能性大である。
 その警告とは、
 「平和を願うならば、戦いに備えよ」
 即ち、我が国の戦後体制は、平和を望みながら戦いを呼び込む体制なのだ。
 これが「戦後体制の逆説」である。
 そして、驚くべきことであるが、
 この度の総選挙が動乱を我が国に呼び込むであろう!

 この度の総選挙の驚くべきこととは何か。
 それは、我が国を取り巻く状況がまことに厳しい国家存亡の脅威と化しているのに、それに蓋をして見えぬふりをし、
 「目を閉じれば世界はなくなる」と思い込んでいる衆愚の群れの演技ように、
  国防と外交を語らず、
 ただ内輪の消費税の特別減税措置をぶら下げて行われたことである。

 中国共産党と習近平国家主席は、この度の総選挙を観て、
 来年の日本敗北七十周年の年に、
 本年よりもさらに大規模で厳しい対日大攻勢をかけても大丈夫だと判断しているはずだ。
 人民解放軍高官から、
 一挙に尖閣に押し寄せて上陸し赤旗を掲げて占拠する準備をすすめよとの指令がでたかも知れない。

 中共は、尖閣諸島周辺海域への「公船」の侵入を常態化しており、さらに我が国の制空権をも侵す行動にも出ている。
 その上で中共は、総選挙の直前まで、小笠原海域に二百隻以上の船舶を繰り出して海底をローラーをかけたように世界的にも貴重な我が国の宝石サンゴを強奪し、小笠原漁民の生活を支える基礎である豊かな藻場を破壊し尽くした。
 総選挙中に、小笠原の漁民が都内にきて涙で中共の強奪による惨状を訴えたが、政府与党は無視した。
 
 そして、政府与党は、あれを「密漁」だと言っている。
 馬鹿を言うのも、ほどほどにしろ。
 「密漁」とは、二隻くらいでひっそりときてちょろっと奪って逃げていくことを言うのだ。
 二百隻以上の船が、白昼堂々と押し寄せて海上保安庁の巡視船が如何に警告しても、目の前で強奪していくことを「密漁」とは言わない。
 我が国家主権を無視する侵略である。
 共産党独裁国家で、反日デモまで共産党指導で行われる中共において、
 二百隻を超える船の日本領海への侵入が共産党と中共政府の関与なく実施されるはずがない。

 この二百隻を超える中国船は、総選挙が迫った時期に忽然と去った。
 何故か。中共政府の指令があったからである。
 その指令の目的は、領海域警備を任務とする無策に徹した国土交通大臣を出す政党に恩を売るためである。

 即ち、中共は、東シナ海と同時に西太平洋においても実力行動そして威力偵察に出てきたのだ。
 東シナ海と西太平洋を扼されれば、中共は、我が国への海上レーンを何時でも遮断する自由と我が国の如何なる海岸線にも接近し上陸する自由を獲得する。
 我が日本列島の形を観られよ。
 西太平洋に対して無防備な長いお腹を出して横たわっているではないか。

 そして、総選挙の最中、中共の習近平主席は、
 来年の対日戦勝利七十周年の反日アピール準備の最終イベントである日本軍による南京虐殺犠牲者の国家哀悼日の行事を挙行し、虚偽の日本軍による大虐殺を世界にアピールした。

 再び言う。
 驚くべきことに、これら総てに対して、我が国の総選挙は無関心であった。
 そして、中共と親しい公明党が冒頭に述べたように勝利した。

 この我が国の状況は、中共に「やれる」と判断させるに足りる。
 何故なら、我が国のこの状況は、「平和を願って、何もしない」状態であるからだ。
 この度の総選挙で明らかになった我が国における「戦後体制の完成」が、平和を望んで、戦を呼び込んでいるのだ。
 「戦後体制からの脱却」し「日本を取り戻す」という志を掲げた安倍晋三総理、
 貴兄を総理にしている体制は、「戦後体制」を完成させたのだ。
 何たる皮肉、喜劇かこれは!

 嗚呼我が国!
 万事窮したのか。
 
 いや!
 窮してはいない。残りの一手がある。
 それは、安倍晋三総理大臣による年頭の靖国神社参拝である。
 その参拝は、百個師団創設の抑止力に匹敵する。

 そもそも何故中共は、我が国の総理大臣の靖国神社参拝にヒステリックに反発するのか。
 それは、彼らが遂に勝てなかった日本の強さの原点が、
 靖国神社の英霊と精神にあることを知っているからだ。

 安倍晋三総理、貴兄も見抜いていると思うが、この度の総選挙の勝利者は日本ではないのだ。
 従って、
 靖国神社参拝が、祖国日本から総理に課せられた任務であると心得られ、
 それを正々堂々と実行されよ。

 なお、最後に、私西村眞悟と田母神俊雄元航空幕僚長は、この度の総選挙において、
 以上に述べた我が国に迫る危機の総てと北朝鮮に拉致された国民の救出について、
 毎日全選挙区に響けと主張を続け、
 「平和を願うならば、戦に備えよ」と訴え続けた。
 よって、選挙区において、我が国の抑止力を高めて、候補者の任務を果たしたと自負している。

 以前、CIAの高官が退職後に私に言ったことがある。
 「アメリカの大統領府が日本に関して一番知りたいのは、日本国内の世論にどのくらい核武装論があるのかということだ。従って、西村さんの発言と国民の反応もよく知っている。」と。
 中共も、アメリカ以上に、
 日本の中に「平和を願うなら、戦いに備えよ」という盛り上がりがどれだけあるか必ず気にしている。
 私は、このことを強く意識して総選挙を戦っていた。
 かつて、尖閣諸島魚釣島に向って東シナ海を走る四・五トンの激しく揺れる小舟のなかで、
 俺は今、中共首脳と対中弱腰の総理に対して、強烈な刺激を与えていると全身で感じたように。

新着記事

  • 平成29年9月21日(木)
    日米首脳の連携は見事である。アメリカのトランプ大統領は、十九日、国連総会で演説を行い、核ミサイル開発を続け、威嚇的にミサイルを発射する北朝鮮に対して、「完全破壊」の警告を発するとともに、北朝鮮に十三歳…
  • 平成29年9月19日(火)
    数日前に、産経新聞朝刊が最初に一面大見出しで、「衆議院解散」を報じたとき、あれ、何を考えているのか、と、一瞬、解散権を持つ安倍総理の頭の中のことを思ったが、その後、得心した。何故なら、我が国を取り巻く…
  • 平成29年9月13日(水)
    昨日、「安保理決議は軍事力行使の手段である」と題する時事通信を発信してから、夕方に、大阪で元航空支援集団司令官で空将の織田邦男閣下の話を聞く機会があった。私は、昨日の時事通信で、アメリカのトランプ大統…
  • 平成29年9月12日(火)
    国連安保理決議は「目的」ではなく「手段」だ。では、何の「手段」か。「斬首作戦」開始の「手段」である。日本以外の諸国、特にアメリカにとって、「政治と軍事」は車の両輪であることを忘れてはならない。アメリカ…
  • 平成29年9月9日(土)
    九月九日の、現時点で、まさに今が、東アジアの、「戦争か平和かの分岐点」であると感じる。分岐点というより、我が国は、今、爆発の予兆がする噴火口の上に乗っているのだ。従って、ジタバタすることなく、覚悟を決…

アーカイブ