大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

心より、ありがとうございます

平成26年12月16日(火)

 この度の、衆議院総選挙戦を終え、結果を確認し、湧き上がってくる思い、それは、
 感謝。
 諸兄姉皆様、
 心より、お礼申し上げます。ありがとうございます。
 また、多くの皆さんが、全国から少しでもお手伝いをと堺に来ていただき、私とともに、夜まで寒風の中に立っていただいた。寒い北海道から応援に駆けつけてくれた人も寒いと言った寒さだった。
 心にしみてありがたかった。心より、お礼申し上げます。ありがとうございます。

 私が、選挙直前そして期間中に時事通信に書き込んだことは、何ら変更する必要はなく、本日の私の心境につながっている。従って、十四日の開票の結果(投票率50%)では敗れても、
 志と魂には、如何なる敗北もない。
 これからも、お国、日本に、至誠を尽くしていく。

 我が国を取り巻く内外の情勢はまことに厳しく、例えば、総選挙直前の西太平洋の小笠原海域における二百隻を超える中国船の傍若無人な海底資源強奪行動とそれを呆然と見るだけの我が国の対応は、
 いやしくも幕末から日清日露戦役までの国家の危機をかろうじて乗り切った先人が見れば、
 肌に粟を生じさせる国家存立の危機の予兆と直感するであろう。それほどの深刻な事態だった。

 しかるに、この事態に蓋をして無視し、
 十二月の極寒の北朝鮮で祖国からの救出を待っている横田めぐみさんら多くの拉致被害者を無視し、
 消費税の軽減措置をぶら下げて選挙民を利益誘導するとは何事か。
 先人が見れば、亡国の選挙と判断したであろう。

 しかし、この中において、
 小笠原海域の深刻な事態を訴え、
 北朝鮮に拉致された国民救出が国家の最大の課題であると訴え、
 その為に断固として国民と領土を守る本来の日本を取り戻そう、
 本来の日本を取り戻すために自民党から公明党を引き剥がさねばならない、
 そして、我が国の真の保守の救国政権を樹立しよう、
 と訴えた私と同志は、
 大阪堺の十六区という狭い選挙区からではあるが、
 全日本に堺から本来の日本への回帰が始まっていると告げ、
 中共と北朝鮮にこれ以上日本と日本人を見くびれば取り返しのつかない反撃を受けるぞと警告し、
 以って、
 国政選挙の任務を果たしたと自負している。

 同志、諸兄姉、闘いは今、始まったばかりだ。
 どうか力を合わせて、本来の強く明るい日本を取り戻しましょう。
 この度の総選挙にて西村眞悟をご支援いただき、
 ありがとうございます。心よりお礼申し上げます。

 皆さん、寒風の年末がきます。
 お体をどうかご自愛ください。
 同志諸兄姉のご健勝を祈っています。 

新着記事

  • 平成30年12月8日(土)
    本日十二月八日、第二次世界大戦の、偽善と大義を記しておきたい。偽善とは、我が国の中学校の教科書で教えられた一九四一年(昭和十六年)八月十二日、アメリカのF・ルーズベルト大統領とイギリスのウィンストン・…
  • 平成30年12月7日(金)
    大東亜戦争の開戦日を明日に控えた本日、特に二つのことを指摘しておきたい。この二つのことは、戦後体制、即ち、正当な言論を封殺することによって有利な地位を得ようとする者達の体制つまり、GHQの対日プレスコ…
  • 平成30年11月24日(土)
    先の「プーチンのレッテルの詐欺」に続いて、さらに日露関係について記した。重複もあるがご一読いただきたい。歴史を見つめ、腹の底に憤怒の思いを持つことも「礼服を着た戦闘」ともいわれる外交には必要だ。 平成…
  • 平成30年11月15日(木)
    十一月十二日、遙か朝鮮半島南端の山々を望める対馬の上見坂の高台から、眼下の小雨にけぶる浅茅湾と芋崎の方向を見つめ、遙か北方の樺太を思った。そして、同行の仲間に言った。十九世紀半ばに一貫したユーラシア東…
  • 平成30年11月7日(水)
    今まで、時々断片的に、明治百五十年に関して私の中に浮かぶ思いを書いてきた。その一環として、日本と西洋、どちらが文明でどちらが野蛮か、西郷隆盛とその同時代人の論議に触発された思いを記しておきたい。「月刊…

アーカイブ