大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

日本は復活する、大義は勝利する

平成26年12月2日(火)

 本日から衆議院総選挙が始まる。投票日は、十四日。

 我が国を取り巻く国際情勢はまことに厳しく、
 アメリカは年々国防予算を減らして東アジアから引き上げつつある。
 その力の空白を狙って、
 中国の習近平主席は、力によって東アジアを制覇する準備を、明確に着々と進めつつある。

 よって、「戦後体制」は、我が国を取り巻く国際環境から崩れてきている。
 このことは、従来の国際環境の中で安住してきた戦後体制の我が国に「存立の危機」が迫っていることを示している。

 従って、本日始まる総選挙の意義は、
 我が国の存立のために、「国内の戦後体制」から脱却すること、即ち本来の日本を取り戻すことである。
 北朝鮮に拉致された同胞を救出できない日本は本来の日本ではない。
 尖閣を守れない日本は本来の日本ではない。
 靖国神社に総理大臣が参拝できない日本は本来の日本ではない。
 
 日本人の憲法を取り戻すこと。
 国を守る国防力を取り戻すこと。
 日本国民の教育を取り戻すこと。

 これが、現在の国民的課題だ。
 従って、この課題を実現する為の政治の実現がこの度の総選挙の大義である。
 
 マスコミが報道しているように、自民と公明の与党が何議席、野党が連携できるかどうか、
 などは大義ではない。選挙はゲームではないんだから。

 次世代の党の平沼赳夫代表と我々は、
 この本来の日本を取り戻す為の最大の障害は与党内に公明党がへばりついていることであるとみた。
 それ故、我々のこの総選挙における大義実現の為の具体的使命は、
 
 自民党から公明党を引き剥がすっことである!

 従って、私西村眞悟は、大阪第十六区で、公明党現職と闘う。
 田母神俊雄元航空幕僚長は、東京第十二区で公明党現職と闘う。

 昨日までの運動で、有権者の反応はまことに力強いものを感じている。
 いままで我が選挙区は、民主党と公明党しか投票できない選挙区の構造に悩み倦んでいた、閉塞感だ。
 私は、この閉塞感を打破する。
 その為の、支援の波が徐々に高まってきているのを感じる。
 
 自民党から公明党を引き剥がす。
 仁徳天皇御陵のある私の育ったこの大阪府堺市の第十六区から、公明党を引き剥がす!
 
 全国の同志諸兄姉、ともに闘いましょう!
 この総選挙に必ず勝利できる!
 日本は必ず復活する!
 日本は必ず勝利する!

新着記事

  • 平成30年11月7日(水)
    今まで、時々断片的に、明治百五十年に関して私の中に浮かぶ思いを書いてきた。その一環として、日本と西洋、どちらが文明でどちらが野蛮か、西郷隆盛とその同時代人の論議に触発された思いを記しておきたい。「月刊…
  • 平成30年10月29日(月)
    明治天皇のお誕生日、十一月三日の天長節、即ち「明治の日」が迫る本日十月二十九日、高円宮絢子さまご婚礼が明治神宮で行われた。まことに、おめでとうございます。絢子さまは、明治天皇の孫で昭和天皇の弟である三…
  • 平成30年10月25日(木)
    先の十月十一日の韓国済州島における韓国主催の国際観艦式の実施に際し、韓国政府が、参加各国に対して、参加する軍艦には、「自国国旗と韓国国旗だけをマストに掲揚することが原則」だと通告した。つまり韓国は、我…
  • 平成30年10月24日(水)
    明日の二十五日、安倍総理が中国を訪問する。別に、今、北京に行かなくともいいのだがなあ、と思うが、行くということになっているのだから、仕方がない。そこで、この訪中の背景を造ったのは誰かと指摘しておきたい…
  • 平成30年10月23日(火)
    十月二十一日の夜、私の地域の祭りの終了にあたり、ふとん太鼓を担ぐ、五十名の青年団の若者と、ふとん太鼓に乗り込んで太鼓をたたく、十人ほどの小学生とふとん太鼓を担う若者の側で、大きな団扇で扇いで励ます、十…

アーカイブ