大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

黎明の月

平成26年11月21日(金)

 本日早朝、いつものように薄暗いなかを、近くの仁徳天皇の御陵に向かう。
 巨大な前方後円墳のお堀に茂る森に沿って歩き、南の東西に直線の前方部の角を曲がると、
 赤くなった東方の空を背景にして、
 戦国の武将山中鹿之助の兜に掲げられた鋭い鎌のような月が
 御陵の黒い松並木の南斜め上空に浮かんでいた。思はず月に向かって手を合わせた。

   黎明を 背にして三日月 天空に

 御陵の正面から左に曲がって堀を渡り墳墓に向かう礼拝位置に至る。
 そして、仁徳天皇に御皇室の彌榮と日本国の安泰を祈り、二礼四拍手一礼。

 礼拝終わり廻れ右をして堀の上に至り東をみると、月が真東に延びる堀と黒い森の上に浮かんでいた。

   あさみどり みささぎの森に 月うかぶ

 そして、百舌鳥八幡神社の南方にある一時は応神天皇の御陵ともいわれた巨大古墳の堀に登り、
 その森の向こうに見える遙か奈良と大阪の境にそびえる二上山を望む。
 帰路、東方からの曙は全空に広がり、既に月は見えなくなっていた。
 そして、六時四十分帰宅。本日、午前八時に東京に向かう。

 以上が、衆議院が解散される本日早朝の行動。
 なお、仁徳天皇の御陵では、
 いつもは、「御皇室の彌榮と日本国の安泰」を祈り、自分のことは祈らないのだが、
 今朝は、畏れおおいことであるが、
 お国の公、お国の大義の為に微力を尽くす臣眞悟に、力を与え給え、と祈らせていただいた。

 さて、諸兄姉、
 本日、衆議院が解散され、師走の総選挙に突入する。それで、これからは、選挙運動とみられるような書き込みはできなくなるが、
 私は、先の本通信に書いたお国の大義の為に闘います。
 どうか、共に闘って下さい!
 切にお願いいたします。
 そして、我が国を、本来の誇りある日本に戻し、
 日本に生まれてよかった、日本人で幸せだと、
 しみじみ思う国にしていきましょう。

新着記事

  • 平成30年5月6日(日)
    「憲法記念日!」に、「アーロン収容所」を思い浮かべた。京都大学の教授だった会田雄次さんは、日本軍兵士としてビルマ戦線で戦い、敗れてイギリス軍の捕虜となって二年余の間、ビルマにあるイギリス軍の「アーロン…
  • 平成30年4月26日(木)
    昨日(25日)、大阪城の南側のホテルの会場で、工作部品等を製造する会社の経営者五十人ほどの会合で、「東アジア情勢の地殻変動と日本の再興」という題で話をさせていただいた。とはいえ、この講演のレジュメを作…
  • 平成30年4月19日(木)
    私が、直感し確信したことを記しておきたい。それは、横田めぐみさんのご両親、父の滋さんと、母の早紀江さんには、日本を動かす力、そして、世界を動かす力が天から与えられている、ということだ。平成十四年九月十…
  • 平成30年4月16日(月)
    四月十五日、若狭町および若狭町教育委員会主催の佐久間艇長遺徳顕彰式典に出席した。式典の場所は、福井県三方郡八村北前川の佐久間艇長顕彰碑前。ここは、森の中の緩やかな斜面で、今も、上の方に、艇長の父上が宮…
  • 平成30年4月11日(水)
    いよいよ、歴史が回り始めた。それが、分からないのは、「森友と加計と日報の入ったビン」のなかでそれを追いかけ回している、あまりにも惨めで低級な「日本の国会」だけだ。雨もなく、地震もない。何の予兆もなく……

アーカイブ