大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

平和を望むなら、戦いに備えよ

平成26年8月15日(金)

 六十九回目の八月十五日を迎え、特に本日、肝に銘じなければならない格言がある。それは、
 
 「平和を望むなら、戦いに備えよ」

 これは、ローマ帝国の軍事学者ウェゲティウスの言葉であると教えられた。ウェゲティウスの名は忘れても、古代ローマのこの言葉が残り伝えられてきたのは、
 これが人間社会の真実であるからである。

 八月に入れば、広島と長崎の原爆投下の日を迎え、総理大臣が出席して追悼式が行われる。そして、戦争ほどむごたらしいものはない、平和が大切だというメッセージが発信される。
 そして、本日八月十五日の終戦記念の日の全国戦没者追悼式まで、テレビなどで戦没者の遺書や戦争の悲惨さを伝える番組が放映される。

 このように、我が国の八月は、
 戦没者を追悼し強く平和を願う月である。
 従って、特に、この八月十五日にこそ言う。
 「平和を望むなら、戦いに備えよ」、と。

 「戦いに備える」とは、「平和を確保すること」である。
 「戦いに備える」ことなくして、「平和」はない。

 現在、我が国を取り巻く情勢は、まことに厳しく、
 周辺情況は、もはや平和ではない。
 中共は、力の空白が生まれれば、ためらうことなく軍事力を行使して覇権の拡大を狙ってきた。
 そして、この軍事力による中共の覇権拡大行動は、
 南シナ海から東シナ海に徐々に北上し、
 我が国の沖縄群島に至りつつある。

 この厳しい情況の中で、平和を望むのならば、
 戦いに備えねばならない。
 戦いに備えるとは、
 軍事力を強化充実するということだ。
 これは、
 現在のアフリカ東海岸のように、恐ろしいウイルスが猛威を振るうなかで、命を守り健康を望むのならば、
 ウイルスと戦う医療を充実しなければならないのと同じである。

 本日が、戦没者を追悼し、平和を願う日であるのならば、
 本日は、平和を確保する為に、
 戦いに備えることを戦没者に誓う日である。
 この誓いなくして、戦没者の追悼はない。

 よって、本日、これから靖国神社に参拝する。

新着記事

  • 令和1年10月29日(火)
    この度、吉田松陰先生が斬首された十月二十七日の前日である二十六日に小野市の「日本神話の会」の萩への研修旅行に同行して、萩の藩校「明倫館」で明治維新を語れとの要請を受け、また、同時に、「伝統と革新」誌か…
  • 令和1年10月18日(金)
    この度の、東日本に対する台風十九号の襲来に関して、些細なことに見えるが、断じて看過してはならない戦後特有の官庁責任者のマインドに巣くう致命的欠陥を指摘しておく。その欠陥は、十月十三日、午前七時、神奈川…
  • 令和1年10月16日(水)
    「偉大な結果をもたらす思想とは、常に単純なものだ」と、ロシアの作家トルストイが「戦争と平和」のなかで述べている。では、東アジアの情勢が動乱にむかう現下の我が国における、「偉大な結果をもたらす単純な思想…
  • 令和1年10月5日(土)
    台湾に生まれた日本人は、北海道に生まれた日本人や東京や大阪に生まれた日本人とともに、今も日本人だ。北方の択捉島や国後島の日本人が、ソ連の同島侵攻と占領とともに、ロシア人になるわけがない。同様に、台湾の…
  • 令和1年10月4日(金)
    これから、一冊の小さな本を、諸兄姉が手に取り読んで戴くことを願い、この本と、この本を読んで僕が思い出した懐かしい情景を書きたい。僕の世代、そして、諸兄姉においても、この本は、著者が語る回想を通じて、消…

アーカイブ