大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
西村眞悟の時事通信
  • HOME
  • 西村眞悟の時事通信

開設にあたって

平成13年10月8日(月)

 今まではご存知のように時々「掲示板」に書き込んでいました。そこでこの度この通信欄を独自に開設して、私の日常業務や意見を掲載することにしました。これからも本欄に出す私の意見や行動に対して、活発なご意見を掲示板に書き込んでいただければ幸甚です。
 本日、本会議でテロ関連法案が採決。集団的自衛権の決断なき「国民の軍隊」出動は不可であるとの観点から自由党は、海上保安庁法には賛成するも、本案と自衛隊法には反対した。
 いま、私は「国防省設置法」の作成に熱中している。いま、衆議院法制局と詰めの段階。目玉は、自衛隊の行動権限が「国際の法規及び慣例」から来るものとすること。これにより、テロ対策法で自衛隊はアメリカ軍基地や自衛隊基地しか守れないとした馬鹿な法案は、飛んでしまう。国際法は国内法に優越するからだ。後は、総理大臣が国際法に基づいて警備を命ずればよい。だいたい、いままでは軍隊の任務が有事の防衛,平時の警備であることの認識もないのだ。したがって、イージス艦がこの度動くだけでビックリしていたのだ。総理大臣もこれがわからなかったから、答弁できず、いまは宝の持ち腐れになっている。そもそも、軍事的領域に対する理解のない総理大臣がリーダーシップを発揮できるはずがない。したがって、この一ヶ月の大切な時に、役人に教えられた「武力行使と一体にならない」後方支援をするなどという屁理屈ばかりを考えていたのが総理大臣になってしまった。
 また新法の特徴は、統合幕僚会議議長、各幕僚長、方面郡総監、自衛艦隊司令官、航空総隊司令官を認証官とすること、など。
 この法案が出来上がれば、自由党内で決定して衆議院に提出する予定。しかし、公明党との連立政権では成立は無理だろう。さはさりながら、今この問題意識をぶつけなければ、この平和ボケと屁理屈の議会が変わるきっかけもできないのだ。したがって、その役目を果たしたいと思う。

新着記事

  • 平成30年12月8日(土)
    本日十二月八日、第二次世界大戦の、偽善と大義を記しておきたい。偽善とは、我が国の中学校の教科書で教えられた一九四一年(昭和十六年)八月十二日、アメリカのF・ルーズベルト大統領とイギリスのウィンストン・…
  • 平成30年12月7日(金)
    大東亜戦争の開戦日を明日に控えた本日、特に二つのことを指摘しておきたい。この二つのことは、戦後体制、即ち、正当な言論を封殺することによって有利な地位を得ようとする者達の体制つまり、GHQの対日プレスコ…
  • 平成30年11月24日(土)
    先の「プーチンのレッテルの詐欺」に続いて、さらに日露関係について記した。重複もあるがご一読いただきたい。歴史を見つめ、腹の底に憤怒の思いを持つことも「礼服を着た戦闘」ともいわれる外交には必要だ。 平成…
  • 平成30年11月15日(木)
    十一月十二日、遙か朝鮮半島南端の山々を望める対馬の上見坂の高台から、眼下の小雨にけぶる浅茅湾と芋崎の方向を見つめ、遙か北方の樺太を思った。そして、同行の仲間に言った。十九世紀半ばに一貫したユーラシア東…
  • 平成30年11月7日(水)
    今まで、時々断片的に、明治百五十年に関して私の中に浮かぶ思いを書いてきた。その一環として、日本と西洋、どちらが文明でどちらが野蛮か、西郷隆盛とその同時代人の論議に触発された思いを記しておきたい。「月刊…

アーカイブ